【稼げる】とにかく学生はパチンコ店のアルバイトをすべき理由

スポンサーリンク
考える女性 ジャンク

こんばんはリルムです。

「アルバイトを探しているけどなるべく時給が高いトコが良い。」

こんな思いを持っている学生はぜひパチンコ店で働いてほしいと思います。

現在私は業界歴15年ほどのパチンコ店長です。

大学生になったばかりの18歳でパチンコ店でアルバイトをし、20歳の時はキャバクラのボーイに転職した過去があります。

学生はパチンコ店のアルバイトをすべき理由

パチンコ店でのバイトは時給が高いです。

大体1000円以上で、夜や土日はアップする所が多いです。

ウチは確か1200~1300円だったと思いますが、土日や夜に働きやすい大学生の活躍はとても助かります。

私の過去の経験と、今のパチンコ店の現状を踏まえて大学生にオススメする理由を深堀りしていきます。

全国のパチンコ求人専門サイト :パチンコ店のバイト探しはまずコチラの登録から~

学生に働いてほしい理由:①環境がすこぶる良好になっている

2020年4月から完全分煙化になりました。

これによって、パチンコ店=タバコ臭いといった元来の悪いイメージが無くなったのです。

これは大きいですね。

私自身もタバコは吸わない人間なので、これはデカいです。

参考記事▶:パチンコ店が禁煙になります

女性の方とか敬遠しがちたったと思うんですが、その一つが無くなったので社会的には良い傾向だと思います。

喫煙者が減っている大学生にも、この辺はプラスになるんじゃなかろうかと思います。

学生に働いてほしい理由:②勤務体制に融通が利く

今のパチンコ店は、主に以下のようなスタッフで成り立っています。

・責任者(社員)

・フリーター

・主婦(シングルマザー)

・学生

その中で、意外と大きなウエイトを占めるのが「主婦層」です。

ここの人達は子どもやダンナが帰ってくるまでの時間を使って仕事をしていますから、夜や休日は出来ないことが多いです。

そうすると、この時間帯を埋められる人材が必要になってきます。

フリーターや社員の比率が高く人員に余裕があるお店なら良いですが、主婦層が多いお店になると、早番勤務しかできる人がいないアンバランスなお店になってしまうのです。

そこで、この穴を埋めてくれるのが学生ですね。

今のパチンコ店は、割とこうしたアンバランスな店が増えてきていますから、学生が重宝される傾向にあります。

土日や18~19時からの勤務ができる人は、パチンコ店にとっては需要が高いんですよね。

学生に働いてほしい理由:③特殊能力なしで稼げる

私が18歳の頃にパチンコ店でバイトをした時は時給が1100円でした。

土日は16時から、平日は18時から24時までの勤務でした。

大体週4回くらい勤務していて、11万くらいを稼いでいたと思います。

大学生にとっての11万はかなりデカいです。

(しかし、貯金や自己啓発に使えば良かったのですが、大半をパチンコや飲み会でほとんど消費していたのは大学生ならではの思い出です(苦)

他に学生のバイトで高時給のモノは、家庭教師や深夜の牛丼チェーンなんかがありますが、今の流れでいうとクリーンになりつつあるパチンコ業界に入った方が良いのでは?と思います。

家庭教師は時給が高いですが、働ける時間が短いので結果的に10万クラスは稼げませんし、頭良くて効率良く教えられる能力も必要です。

対して、パチンコ店は接客という名の「人とのコミュニケーション」が取れればOKですのでハードルは低いかなという感じです。

特に資格や得意分野を持っていないのであれば、パチンコ店で活躍できます。

全国のパチンコ求人専門サイト :パチンコ店のバイト探しはまずコチラの登録から~

パチンコ店で働くデメリット

都合良く良いことばかり説明していても胡散臭いので、業界歴15年の中で考えうるデメリットも紹介しておきます。

ここをどう取るかはご自身の判断にゆだねます。

パチンコ店で働くデメリット:①パチンコに行っちゃう

これ私です。

パチンコ・スロットは基本的に大人が楽しめるように作られているアミューズメントです。

スタッフとはいえ、その空間に長くいると

「ちょっと打ってみたいな」

「あの台あんなに出るんだ」

といった感覚が訪れます。

すると、授業以外のアルバイトとプライベートがパチンコ店という生活になります。

台を覚えるためとか、ちょっと遊んでみただけという程度であれば問題ないのですが、私のようにどっぷり浸かってしまうと危険です。

▶これには苦い思い出もアリ:学生時代友達に借金してパチンコに行った話

まあパチンコ店で長く働いている人って元もとはパチンコ好きな人間で間違いないですから、店長といえどもエラそうなことは言えないんですよね。

パチンコ店で働くデメリット:②夜が遅い

学生の場合、遅番勤務が多くなると思います。

そうすると、終わって帰るのが午前1時とか。

私の場合は一人暮らしでしたので、そこから夕飯を作る体力もなく、コンビニで弁当とビールを買って寝るという生活でした。

たまにタイマーでご飯を炊いたりしてましたが、そこから準備すんのが面倒なんですよね。

翌日は9時から授業でしたから、生活リズムが良いとは言えませんでした。

若かったので対して身体に影響はありませんでしたが、30を超えた今となっては厳しいかもですね笑

パチンコ店で働くデメリット:③環境(人間関係)が悪い店がある

前述した通り、パチンコ店には特殊なスキルが必要ありません。

そのうえ、時給が高く慢性的な人員不足が影響していますので、色んな人が集まってきます。

中には元ヤンや中二病の人とか、集団生活に向いてない空気を読めない人がいたりします。

この辺の人との関わりが嫌になって辞めていく人も多いのは事実です。

特に新卒採用された社員の若い子は、彼らより仕事ができないながらも上司という立場ですので、嫌がらせのターゲットになり易かったりします。

ただ、私の経験上、学生のアルバイトが良くない待遇を受けることってあまり見かけないですね。

若いのを理由にかわいがられたり、多少いじられたりしますけど、案外楽しく働けてる人が多いのかもしれません。

まとめ

仕事なのでそれぞれ良し悪し、向き不向きがあると思いますけど、結論学生にとってパチンコ店でバイトすることはメリットが大きいんじゃないかと思います。

とりあえず4月から新しい学校生活が始まるけど、周りはなんかバイトしてるし自分も何か見つけたい。

どうせなら稼げる方が良い・・・

そんな方はパチンコ店へぜひ来てみてください。

入ったこととかやったことがない人にとっては、ちょっと気が引けるかもしれませんが意外と快適で学生には十分な額が稼げるハズです。

私の場合は、ちょっと大人になった気分でしたね。

学校とバイトという多忙な時間が、すごく充実したカレッジライフを送っている気分にさせてくれました。

興味があって稼ぎたいという方はぜひどうぞ。

全国のパチンコ求人専門サイト :パチンコ店のバイト探しはまずコチラの登録から~

関連記事:▶パチンコ店でバイトをするなら大手をおすすめする理由

人気記事:▶パチンコ店売上ランキング

コメント