パチンコ店が4月から禁煙になります

stop 業界ネタ

こんばんはリルムです。

あのパチンコ店が禁煙になります。

厳密にいうと完全分煙化ということですが、これから年末年始にかけてひと悶着ある話題です。

元もとは東京オリンピックが背景にあるということで、コンビニからエロ本が消えて行ったり、喫煙に関する規制が市町村で強化されていたりと日本中を急激にクリーンなイメージにしていっています。

そのついでにパチンコ店にも全面禁煙化という規制が設けられる事になりました。

スポンサーリンク

4月1日よりスタート

この規制は4月1日からのスタートなので、それまでに店内を禁煙にしなければいけません。

これまで、パチンコ店=うるさい、タバコの煙

といった想像をする人がいるように、喫煙者が多いスペースでした。

タバコの値段も上がってきたり、歩きタバコの禁止などで喫煙者は肩身の狭い思いをしていると思います。

その中でパチンコ店は割と自由にタバコを吸える空間であったが故に、この規制はかなり業界を震撼させました。

ホール内を全面禁煙にすることでユーザーはパチンコをしながらタバコが吸えなくなりますし、もし店内で喫煙をする場合は「喫煙ブース」たるものの中での喫煙を強いられます。

この常識やぶりな展開がユーザー離れに繋がる懸念もありますし、さらにこの「喫煙ブース」で数百万の費用が掛かるわけです。

もちろんこれがホール側の負担になるわけですから、法律一つで大金を使わせられるという理不尽さに業界人はハラワタ煮えくりまくりなワケです。

喫煙者はタバコが吸いたくなったらいちいちここまで来なきゃいけないですし、ボーナスやAT開始と同時に着火してプカーっとふかす「ドヤたばこ」もできなくなります。

これがどういう影響を及ぼすかは今の所分かりませんが、多分そこまで稼働時間には影響ないと考えております。

着席しながらの喫煙が出来なくなるだけなので、単純に吸う本数が減るだけで遊技自体への悪影響は大きくないとの見解です。

ただ、これによってタバコを吸わない若い女性とかが増えるかというと、また別の話のような気もしますので「完全分煙化」が業界にとって好機になることはないのでしょう。


スポンサーリンク

喫煙ブースは狭い

で、実際にメーカーから喫煙ブースのカタログとかを見せてもらったんですけど、どう考えても今の喫煙者を囲えるほどのキャパはありません。

駅構内の喫煙スペースくらいあれば良いですが、ホールに設置する喫煙ブースは入れて数人程度。

ヒドイと1人用とかです。

たぶん、いや絶対行列ができることになると思います。

私のホールでざっと喫煙率を調べたんですが、アイコスとかも含めると6割くらいの人が喫煙していました。

人数にして200人くらいですので、この人達が一斉にタバコ高確に入ったら予想以上のカオスになると思います。

分煙と喫煙ブースのシステムが浸透するまでは、ホールは喫煙場所を求めたウォーキングデッドになる事でしょう。

4月の休日は結構忙しそうですね。

それまでに全国の1万弱のパチンコホールがこの「喫煙ブース」の設置に間に合うかどうかも怪しいです。

小さいパチンコ店は、店内での喫煙を禁止にしてすべて外のスタンド灰皿での喫煙に切り替えるか、この規制を無視して営業するような気がします。

ただでさえここ2~3年は金がかかる見通しがありますので、これを機に閉店する店も出てくるかもしれません。

恐るべき規制・・・

だがこれでGOGOランプやハイビスカスが無惨な姿になることが無くなりますね。

業界ネタ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ブチ切れ!リルムのぱちんこ24時

コメント