【画像で解説】OpenSeaでNFTを売る方法【デジタルアートの出品】

トレンド

こんばんはリルムです。

先日、NFTを作って世界最大のNFTマーケットプレイス「OpenSea」に出品してみました。

その過程をパチンコ店の従業員でも分かるように解説していきます。

いやあ、盛り上がってますよNFT市場。

その価値についてはナニがなんだか分からない人も多いと思いますが、実際に売買をしてみてプロフィールに設定してみると、何となくその楽しさが分かると思います。

ということで、はりきって行きましょう。それではどうぞ(^^♪

スポンサードリンク

OpenSeaでNFTを売る方法【デジタルアートの作り方から出品まで】

まず、ワタシが出品した作品がコチラ。

その名も「crypto baby(クリプトベイビー)」です。

どうですか?このアメリカンな雰囲気。そして、むちむちした太ももにポヨンとしたバディ。

見るたびに愛着がわいてきますよね。ウンウン

それでは、この憎たらしいベイビーの作成から出品までの流れを見ていきましょう。

OpenSeaを使うにあたって必要なもの

まずはNFTを買うのも売るのも必要なものがあります。

・メタマスクというウォレット

・イーサリアム

この二つがあれば、どなたでもNFT市場に参入できます。

ただ、初心者の人にはちょっと面倒クサイです。

メタマスクは面倒ですが、この先の仮想通貨市場では必須なのでインストールしておきましょう

特にメタマスク・・・これの設定をするだけで、1日かかるかもしれません・・・・

【MetaMask】インストール方法と初期設定|NFTマーケットガイド (nft-market-guide.com)

良さげなサイトがあったので、紹介しておきます。

メタマスクは面倒なんですが、ひとつづつこなせばちゃんと設定できますので、ここで挫折しないで頑張りましょう。

DeFiとか海外の取引所でマイナーなコインをやり取りする際に、メタマスクは相当役に立ちます。

もう一個はイーサリアム

続いて、イーサリアム。

これは日本の取引所で日本円と交換できるので、自分の使いやすいトコロから購入してみてください。

コインチェック:321,116円

ビットフライヤー:327,122円

GMOビットコイン:330,795円

DMMビットコイン:331,062円

上の値段リストは、各取引所のとある日の同じ時間の1(ETH)イーサリアムの値段です。

ちょっとずつ値段が違いますが、それぞれの取引所(販売所)に良し悪しがありますので、実際にサイトを使ってみて決めてください。(安かろう悪かろうではない)

ワタシはコインチェック→バイナンスでして、最近、日本の取引所はほとんど使ってません。

購入したETHをメタマスクに送るんですが、端折ります

で、購入したETHをメタマスクに送るんですが、この辺はあえて省略します。

リルム
リルム

面倒くさいんじゃないぞ、たぶん、これ読んでる人はメタマスクくらい設定してると思ってるからだz。

では次のステップ、OpenSeaへの出品に行ってみましょう。

まずはオープンシーのトップ画面から「作成」をクリック

②赤色箇所に出品画像を選択して取り込む

作品の名前やブロックチェーンをキメて、「create」のボタンを押すと、めでたくOpenSeaに出品完了です。

③出品できると、このように自分のプロフィールに作品がリストアップされます。

しかしながら、このままでは売れません。というか市場に出てないので買い手が見つけられない状態です。

ここから、自分の手で売っていかなくてはいけないのです。

④画像をクリックして「売る」のボタンをクリック

すると、このようなワケの分からない画面になります。

すいません、英語だとワケわかんなかったのですが、日本語にしたらそんなにワケわかんなくもなかったです”(-“”-)”

取りあえず「セット価格」で自分の決めた値段で叩き売ってみます。

値段は強気の1ETH(約35万ギル)

すると、衝撃の結果になりました。

ふぁっ(; ・`д・´)

ガス代(手数料)だけで6000円くらいかかるんですけど・・・

リルム
リルム

「テメーの作品を市場にだしてやっからよ、とりあえず通行料払ってイケや、ボクちゃん。」

という、オープンシー側の回答がこれです。

そもそも1ETHという値段で売れる可能性も低い。それなのに出品手数料だけで6000円かかる・・・・

これは初心者にはハードル高いんじゃなかろうか・・・・

でも6000円払って出品してみた

ほい!このように「現在の価格」というトコロが表示されれば、晴れて自分のNFT作品が世の中に発信されたことになります。

なお、この手数料は最初の出品にだけ掛かるようです。

最初のトランザクションにガス代がかかる的なコトが書いてあった気がします。

で、満を持してワタシの最初のNFTですよ。ふふふ。10ETHで300万、1000ETHで3000万。

実に夢がありますね。

NFT市場の可能性は未知数・・ただ情報を追いかける価値はあり

と言う感じで、今一番話題のオープンシーでのNFTアート出品について書きました。

この記事を書くために高額なガス代を払いましたので、その内誰か買ってくれれば良いのですが、ぶっちゃけ今はどうでも良いです。

今後はcryptobabyの作品を増やしつつ、別のNFT作品も考えていきます。

メタバースという仮想空間でNFTがドンドン出てくるって話ですが、これはもうちょい先の未来な気がします。

しかし、メタバース内のアバターの着せる服であるとか、アクセサリーなんかも当然NFTになってくるわけで、すでにアメリカではスヌープドッグとかがサンドボックスというゲームでメタバースの世界を開拓しつつあります。

彼、有名なラッパーで、ワタシもCDをたくさん持ってるのですが、ただのマリファナ中毒のエロいオッサンだと思ったら、ITリテラシーがかなり高いようです。(I’m sorry snoop.)

例えばデジタルタトゥーとか

余談ですが、「デジタルタトゥー」ってあるじゃないですか。

あれって、「消せない過去のネット中傷」みたいなネガティブなワードになっちゃってますけど、今後は刺青&タトゥーもNFTになると思うんですよね。

それこそ、アバターのファッションとして。龍が如くのキャラみたいなイメージです。

ちなみに私も19歳の時に刺青を入れましたので、この展望には勝手に期待してます。

和彫りとか海外でも需要あるんで、彫師の方はデジタルでタトゥーをNFT化して販売すれば、相当イケてると思いますけどね。

まあ、そんなワケで、NFTに興味ある方はぜひ参加してみましょう。

NFTアートの最も簡単な作り方【知識ゼロから売り出すまでを解説】
NFTアート、デジタルアートの作り方です。経験をもとに具体的に説明してますので、この機会にどうぞ。

コメント