【これが最速】元素騎士メタ「MV」トークンを最も簡単に買う方法からステーキングまで

元素騎士オンライントレンド

こんばんはリルムです。

「元素騎士オンライン」について興味を持ったものの、「MV」をまだ手に入れてない方向けに最速で購入する方法を書いていきたいと思います。

この記事に到達している方は、「MVを買うべき理由」とか、「元素騎士コンテンツの魅力」とか、「元素騎士メタは通常のゲーミファイとは一味違う」などといった能書きは不要だと思いますんで、さっそく内容に進んでいきましょう。

【これが最速】元素騎士メタ「MV」トークンを最も簡単に買う方法

まず必要なものは以下の通り。

BYBITのアカウント

・クレジットカード

で、流れとしてはクレジットカードでUSDTを購入して、USDTとMVをトレードするという感じになります。間違いなくこれが最速です。

①BYBITのアカウントの作成

とりあえず海外の暗号資産取引所「BYBIT」のアカウントを作りましょう。

BYBITからMV購入が一番手っ取り早いです。

アカウント登録の方法はわざわざ書きませんが、スマホでもPCでもOKです。

その際、アカウントのセキュリティの項目で

・Eメール認証

・携帯電話SMS認証

・Google認証

こちらの3点を設定しておきましょう。2段階認証の項目でして、通貨の売買で必要になります。

②クレジットカードでUSDTを購入

アカウントを作成したら、お手持ちのクレジットカードからUSDTを購入します。

上の画像の通り、今だとクレジットカード決済でUSDTを購入すると、手数料が無料になります。

なので、ワタシもこの方法でUSDTを購入しました。

USDTが手に入ってしまえば、あとはそれと同額のMVをスワップするだけなので、余計な通貨の購入ややり取りが必要ありません。

ちなみにクレジットでUSDT買わないパターンだとちょっと面倒です

ちなみに、この流れでMVの購入ができない人は、ちょいと面倒です。

というのも、ほかのサイトにも書いてある通り、BYBITは直接日本円を入金して通貨を購入できません。なので

コインチェックなど、日本の取引所でメジャーな通貨の購入(BTCでもETHでもOK)

・購入した通貨をBYBITに送金

・送金した通貨⇔USDTにチェンジ

・USDT⇔MVにチェンジ

こんな感じで、日本円を使って日本の取引所から通貨を購入。

からの、BYBITへ送金というワンクッションを挟まなくてはいけなくなるのです。

リルム
リルム

送金のタイムラグとか、GOXリスクを考えるとワンクッションパターンは避けたいですね。

USDTを無事に購入できたらMVとチェンジします

さて、クレジットカードで購入・クッションパターンどっちでも良いのですが、USDTは無事にGETできたでしょうか。

続いては、USDTとMVをスワップしていきましょう。

スワップの時に引っかかる注意点

USDTとMVのスワップは「現物」というとこから板取引をしていけばOKなのですが、初見だと迷うかもしれません。

「あれ??買ったはずのUSDTが反映されてないんやけど・・・」

というウォレット迷子になることがあります。そんな時はUSDTの保管先を確認してください。

上記画像の右側にある○○アカウントという箇所があるのですが、購入したばかりのUSDTは「資金調達アカウント」に入っています。

なので、「資産調達アカウント」の「振り替える」というところから「現物アカウント」へUSDTを移し替えてください。

・現物アカウント ←ここに移動させる

・デリバティブアカウント(無視)

・USDCアカウント(無視)

・資産運用アカウント(無視)

・資産調達アカウント ←ここに入ってる

移動させないとUSDTとMVのスワップができないので、ここだけ注意です。

現物アカウントから現物取引へ

つづいて、USDTを現物アカウントへ移動させたら、現物取引からMV/USDTをチェック。

購入したUSDTとのバランスを見てMVとスワップするのですが、

ハイ。ここでも良くわからない選択死が出てきました。

リルム
リルム

ユーザーに選択をせまる場合は、
「ガンガン」「いろいろ」「いのちを」「めいれい」くらい簡単じゃないとわかりませんね。

「指値」「成行」「条件付き」と3種類の買い方があります。

この辺は何が良いかはケースバイケースなので、

・安く買いたければ「指値」
・早く買いたければ「成行」
・慣れてる人は「条件付き」

くらいの感覚でOKだと思います。

リルム
リルム

ちなみに、ワタシの場合は「指値注文」を出して、1日たっても約定しなかったのでしびれをきらして「成行」で取引しました。成行だと秒でクリアできます。

あと、USDTを有り金全部MVとスワップしても良いのですが、後でMVをステーキングするとこまで考えている人は、手数料で「MATIC(ポリゴン)」が必要になりますので、ちょっと残しておいたほうが良いと思います。

GETしたMVはさっそくステーキングしてみよう

はい。ここまで海外取引所のアカウント登録から、仮想通貨の交換をサクッと説明しました。大丈夫ですかね。無事に手元にMVが残っているでしょうか。

元素騎士のMVは、今後値段が上がるであろう期待のほかにステーキングして得られるRONDの存在があります。

まあ、これも知ってる人が多いと思うんですが、RONDは元素騎士のゲームがスタートした時に、中で使われる通貨です。なので、ゲーム内のスキンやアイテムのNFTなんかはこのRONDによって取引されます。

ってことは、当然持っていたほうが良いわけなんで、GETしたMVはさっさとステーキングしましょう。

ステーキングの前にウォレットを移します

いち早くMVはステーキングしたいところなんですが、現状、BYBITに入ってるMVは、元素騎士のサイトへ行っても使えません。

なので、メタマスクに移動させる必要があります。

NFTアートの最も簡単な作り方・始め方【知識ゼロから販売方法まで】

こちらの記事でも解説してありますが、メタマスクは暗号資産を触る人は必須のツールです。

持ってない人は▶メタマスク公式サイトこちらからインストールしてください。

メタマスクのポリゴンネットワークにMVを追加する

メタマスクがある人はポリゴンネットワークを追加してください。

「Matic mainnet」というヤツです。やりかたはこちらのサイトが参考になると思います。

MetaMask(メタマスク)をPolygon(ポリゴン)に接続する方法|画像たっぷりでわかりやすく解説!|おもちの美学
こんにちは。おもち(@omochibigaku)です。 このページではMetaMask(メタマスク)をPolygon(ポ

これができたら、BYBITとメタマスク繋いで、MVをメタマスクに送ってやればOKです。

イーサリアムネットワークだとMVは送れませんので、必ず「Matic mainnet」のほうでMVを送るようにお願いします。

元素騎士の公式サイトからMVをステーキング

元素騎士公式サイトこちらのサイトからステーキングが行えます。

ここに飛んでもらえれば、ステーキングの方法とか、メタマスクの設定なんかもちゃんと書いてありますので、こちらを参考にしてもらってもOKかと思います。

ここで、ステーキングをする際に、先ほどお伝えしたMATICでの手数料が発生します。

といっても、超少額ですので安心してください。

元素騎士とMVとRONDでP2Eを体感しよう

ということで、アクシーに続くP2Eの大型版権というか、期待ができそうなコンテンツである元素騎士です。

ディスコードやツイッターでは、すでに日本人も多く注目しているプロジェクトです。

と、ここまで言ってもやる人は少数だと思いますし、日本だと、周りで知ってる人すらレアだと思います。

ぜひ、この機会にMVを調達して、2022年夏ごろからスタートする元素騎士でヒト稼ぎしてみましょう(^^♪

コメント