パチンコ依存症の特徴【問題は時間と金の使い方】

スポンサーリンク
依存 業界ネタ

こんばんはリルムです。

コロナウイルス関連のニュースで良く流れていた「開店前のパチンコ店」ですが、その人だかりについてこのような発言が目立ちました。

「ならんでるヤツらはみんな依存症だな」

良く聞く「依存症」という言葉ですが、パチンコ依存症も、アルコール依存症も具体的な定義みたいなものは決まっていません。

そこで今回は「これをやったら依存症注意!」みたいなチェック項目がありますので、それに順じて見ていきたいと思います。

実際にホールで見るお客さんの様子とか、ニュースになっていることなどを踏まえて「パチンコ依存症」を店長の立場から解説してみます。

パチンコ依存症の特徴【問題は時間と金の使い方】

パチンカス

ギャンブル依存症▼

ギャンブルの行為や過程に心を奪われ、「やめたくても、やめられない」状態になること

(wikipediaより一部抜粋)

依存症というのはつまり、抑えれられなくなるということですね。

ナニをー?

ズバリ時間と金です。

仕事や家事・育児の時間を使ってギャンブルに行くこと。

生活が苦しくなるまで金を使ってしまうこと。

この二つが揃うと「依存症」ということになりそうです。

子どもを置き去りにしてパチンコ

たまにニュースになるのが、自宅で乳児が死亡しているケース。

子どもが寝ている2~3時間をパチンコに行ってしまって、帰ってきたら亡くなっていたとか、車内放置もそうですね。

パチンコのために本来やらなくてはいけないことを後回しにして時間を作ろうとすること。

この衝動は依存症に該当するかと思います。

借金をしてパチンコ

パチンコをするために時間を生み出した結果、金まで捻出してしまっては依存症です。

仕事をして得た金か、使っても支障のない金額なら問題ありませんが、それを超えて「ぱちんこやりたい」欲求が勝ってしまうとアウトですね。

私は過去にこれで友人と揉めました。

余談ですが、パチンコで勝っている人はそもそも現金を使わない傾向があります。

交換率の関係で現金投資のリスクが高いからですね。

なので、例えば「コロナの給付金10万円のウチ3万くらいなら使えるな」みたいな発想の人がいたら、その時点で勝ち越している人ではナイのが予想できます。

どうでしょうか??

時間も金もあれば依存症ではない

逆に時間と金が有り余っている人であれば、毎日何時間パチンコをしようとも「依存症」とは違うニュアンスになりそうです。

良く言われる趣味~娯楽の範囲内ということですね。

その人達がいくら時間と金を使ったとしても、犠牲がありません。

なので年配のお客さんなんかは全くもって依存症ではないってことです。

ちなみに過去のテレビで和田アキ子が依存症と診断されていましたが、テレビ用のネタですね。

金はあるんでしょうから、「アッコにおまかせ!」をサボってパチンコとか行かなければ依存症ではないです。

和田アキ子

パチンコ「リカバリーサポート」によると

ギャンブル依存症が騒がれてから、とりわけパチンコ業界への対策が講じられました。

リカバリーサポート

こういったポスターを店内の各所に貼っていったり、広告の一部に刷り込んだりと、パチンコ業界全体で「のめりこみ」を防止する取り組みがなされています。

個人的にはあまり意味のないポスターだと思ってますが、業界のイメージアップのためには仕方ないのでしょう。

というのも、この取り組みが正式にパチンコ店で始まったのが2013~2014年ころ。

そこからパチンコの参加人口は毎年900~1000万人とほぼ横ばいです。

リカバリーサポートがパチンコユーザーを減らすことを目的にしてないとしても、特に来店頻度とかも変わってないのかな・・という感じです。

依存症かも!?チェック項目載せときます

□パチンコをするためにウソをついた

□使ってはいけないお金を使ってしまった

□負けを取り返そうとして途中で止められなくなった

□やりはじめると時間や金額が分からなくなってしまう

□パチンコをするためにお金を借りた

□パチンコが原因で大切な人をケンカになった

あまり気にしてなかったんですけど、大概のひと該当してそうですね。。。

私も4つくらい該当してますので、晴れて依存症が確定してます。

みなさんはいかがですか?

たぶん1個でも該当すれば依存症で良いと思いますよ。

パチンコ依存症はそこら中にいるかも・・・

ということで、チェック項目を調べてみたら依存症のハードルは結構低いことが分かりました。

まあ大抵の人は趣味と娯楽の中でやっているとは思うのですが、お金を借りるひとも一定数いるような気がします。

パチンコ店の近くに消費者金融のATMが設置されているアリ地獄を見たことがありますが、あれって需要があるからそこに存在してるわけですよね・・・。

なので、今回のニュースで世間から「ならんでるヤツは全員依存症」と言われるのも、あながち間違いではないかと。

ウイルスが心配されているこの状況で「それで生活をしている人もいる」という反論であったり、「ほかにやることない」といった発言を見ていると

依存症だね

それでも、パチンコというのは手軽遊べる娯楽であって、何なら金が増えるかもしれないという夢がありますので、他にはない刺激が存在しています。

自粛明けからもっと多くのドヤ写メが増えることを期待しています。

コメント