パチンコ店内にワキガが多い

dokugasu 業界ネタ

パチンコ店は空気が悪い。

こんなイメージをお持ちの方は多いと思います。

その理由として大きいのが

タバコです。

店内の空調は常に稼働しており排煙もしているのですが、天井が低い昔の店はどうしても煙がこもってしまいます。

そうすると、パチンコ店の空気環境って悪いものだと、特に女性のお客さんは敬遠してしまうことでしょう。

しかし、最近の店は空気清浄機を導入したり、各台に脱臭イオンの設備が備わっていたりと「におい」に関する遊技環境はかなり改善されてきています。

問題はそれではない

そう、問題はそれではないのである。

タバコ=パチンコという方程式が存在しているように、吸わない人も店内のタバコのにおいはある程度「しょうがない」と思っているのである。

店内の環境はかなり改善されてきているパチンコ店ですが、金をかければ改善できるという単純な問題ではない「におい」に関する課題があるのである。

それが

体臭にほかならない

これからの時期になるとどこからともなく忍び寄ってくる

ワキガと言う名の「毒ガス」。

これを喰らってるお客さんというのは、台パンや咥えタバコの比ではない「重大な」ストレスにさいなまれるのである。

店員にいた場合

もし、店員にこの毒ガス王子がいるとしたら店にとってこれ以上の災難はない。

店員目線でもお客さん目線でも、その毒ガス王子の存在がプラスになる要素が皆無だからである。

事務所の中は変な空気になり、本人がいない時にひっそりと話題になったりするわけである。

「アイツもしかしてアレかな?」

「分かります!多分そうです。オレも思ってました。」

みたいな会話が生まれてしまい、女性スタッフの間ではもう「鼻栓」が売買されていることでしょう。

大人なのでこれによってイジメに発展するようなことはありませんが、こちらも言うに言えないツライ状況ではありますし、単純に不快でもあります。

制汗スプレーを買ってきて、

「夏だしにおいに気を遣うのも身だしなみだ!」

とあくまで全体へのアナウンスとして対策するのが王道パターンでしょうか。

余談ですが、私の中で「ワキガ」は2パターン存在します。

大きく分けて「甘口」と「辛口」

まず「甘口」の特徴としては、吐き気を催すような単純な臭さがあります。

においのイメージとしては「腐ったメンマ」とか「腐ったうどん」のような感じです。

ダメージとしては、食道から胃にかけての範囲になります。

正しいリアクションは

「ぐぅおえ!」

次に辛口ですが、これはスポーツマンに多いような気がします。

においのイメージとしては、「苦いセロリ」

ダメージは主にハナからノドです。

臭いというよりは、「苦い」「痛い」という感じです。

正しいリアクションは

「ぐぅあっーーーー!」

*個人の感想と偏見です。

言っときますけどこれは差別ではなく、重要で緊急な問題でありながら落とし所は慎重にならなくてはいけない問題なのです。

飲食を含め、我々のようなサービス業には永久につきまとう問題であるということなのです。


百歩譲って「店員vs店員」であればまだ良いでしょう。

これが「店員vsお客様」であった場合、どうなると思いますか?

この子田辺君なのね

においも個性の内だわよ

あいつ後ろ通るたびに目押しミスるわ!!

良いから出してくれよ

様々なお客様のご意見あるかと思います。

こちらも①ユーザーとして、においに関するサービスはデリケートなものと心得ております。

ただやはりこれは抜本的な解決として誰かが言わなくてはならないのでしょう。

なぜなら本人に自覚症状がないのですから。

こうなったら店長として私が言う他ないでしょう。

あえて空気読めないフリをして

オイ、オマエ。ジブンのにおいワカッテんのか?

フザケンナヨ

このようにサクッと・・・

出来ませんよね・・・

パチンコ店のにおい対策は終わらない・・・・

ちなみにワキ毛を剃ると70%くらいの軽減措置が発動します。

女性に少ないのはこれが理由です。

コメント