【悲報】情報発信の方向転換をしたらSNSが無反応になった件

トレンド

こんばんはリルムです。

専門領域の情報発信から、あえて内容を切り替えてみたらツイッターが無風になりましたので報告したいと思います。

これまではパチンコ関連の情報発信を軸にしており、ブログもツイッターもそんな感じでした。

現在では、発信軸を大きく変更し、ブロックチェーンやNFT関連の方向にシフト(理由は後述します)

ちなみに、個人でパチンコを打つことに関しては全然キライじゃないので、今でも打ちに行きます。
情報発信の軸と専門領域を変えようとしているだけです。

で、それから約2カ月経過したんですが・・・・

ぐえあっ・・・・

リルム
リルム

まあ、そもそもツイート数が減ってるんですが
それにしても反応落ちましたね・・・

パッと見、フォロワーさんは増えてますけど、既存フォロワーの離脱もありますので、トータルで見ると平行線です。

とまあ、こんな感じで。みるみるうちにフォロワーさんの反応はなくなり、今では「いいね!」がつくことすら危ういです。

今回は、そんな情報発信の方向転換について書いていきたいと思います”(-“”-)”

スポンサードリンク

【悲報】情報発信の方針を変えたらSNSが無反応になった件

まず、とある理由で2カ月前から思いっきり情報発信の軸を変更しました。

大まかにいうとこんな感じ。

パチンコ → ブロックチェーン(NFTメイン)

まだワタシの現職はパチンコ店の店長でして継続中です。

なので、専門領域はもちろん「パチンコ市場」なハズなんですが、これを変えたというワケですね。

リルム
リルム

あえて言おう、これを「領域展開」と

で、これまでパチンコ関連の情報発信を約2年半続けてきまして、例えば「パチンコ店 売上ランキング」とかのキーワードでググってみると、ずーっと上位をキープしています。

【令和】パチンコ店売上ランキング1~10位

毎日1500人くらいの方がブログを見に来てくれて、コメントもたびたび頂いています。

広告収入もそれなりに頂いています!

しかし。

もう業界ネタは良いいかな・・・って。

【ぶっちゃけ】パチンコ業界のネタは出し尽くされました

パチンコ業界のブログで言えば、クロロさんを筆頭に、楽太郎さんや他の業界関係者によって情報は出し尽くされてしまいました。

唯一、新しい情報に書き換えることが可能な「新台」の情報についても、なんか書いていて面白いと思わなったんですよね。

このブログでも、過去に「台データ」というカテゴリーを作ったんですが、もう更新していません。

例えば、読み手が欲しい情報は

・新台の演出やスペック
・新台の出方

この2点だと思うんですが、どちらもワタシがやらなくても良いレベルのサイトが出来上がっています。

スペックや演出はメーカーとタッグを組まないとムリだし、大手のサイトが高いクオリティのモノを作っています。

新台の設定⑥の出方なんかも載せてましたが、あれもビミョーですね。

ウソかホントか分からないし、ホントなら情報漏洩に他なりません。

情報発信の軸を変えた理由

と、こんな感じでパチンコ関連の情報発信が飽和してきたので、どこかで舵を切ろうと思ってたのですが、そこで出てきたのがNFTという分野でした。

ブロックチェーンの波に乗っとけばたぶん5年先には勝てる

パチンコ関連の情報が飽和してきたのは当然のことでして、これは業界全体の縮小が関連しています。

パチンコの遊技に参加する人口が減っていて、パチンコの市場に参加する企業が減っているので、必然的にイノベーションが起きなくなります。

これによって、人びとが知りたいような情報発信も衰退していくというワケです。

【店長が解説】パチンコ店は今後なくなるか→はい、多分なくなります

対して、ブロックチェーンは世界規模で進化しています。

実際に情報を追っていくと分かるのですが、毎日発信されている情報は膨大です。

しかも、それぞれが今後の世界を変えていくようなイノベーティブなモノだったりします。

どちらに将来性があるかといったら、おそらくブロックチェーンの方でしょう。

幸いなことに、日本は海外の文化やテクノロジーが3年遅れてくると言われています。

なので、現在進行形で起こっている海外のブロックチェーン情報を発信していれば、3年後にイノベーターとなれる可能性があります。

ブロックチェーンの中でも2021年は間違いなくNFTがアツかったり

そんなブロックチェーン市場の中でも、とりわけNFTがアツいです。

例えば、コチラのクリプトパンクスは単なるデジタルの画像というだけなのに、お値段が高いです。

まさしくアート。

リルム
リルム

安いもので1000万、高いもので7億とか。

ぶっちゃけこれで稼ごうということは考えてないのですが、世界でこれほど盛り上がっているのに、日本でそんなに話題になっていないという点が非常に興味深いです。

まさしく、3年遅れてやってくる現象そのものじゃないですか。

ということでものは試し。NFT作ってみました

【画像で解説】OpenSeaでNFTを売る方法【デジタルアートの出品】

NFTアートの最も簡単な作り方【知識ゼロから売り出すまでを解説】

こんな感じで、海外のNFT市場はこういった画像の売買が盛り上がっています。

皆さんの周りにNFTを売買しているヒトとか、出品しているヒトがどれだけいるでしょうか。

否定的な意見も多々あるようですが、個人的にはこれほどクリエイティブでイノベーティブな現象はなかなかないと思っています。

少なくとも、日本のパチンコ市場を超えるのはもうすぐですかね。

フォロワーの属性が違うと、当然反応はなくなります

と言うことで、情報発信の軸を変えた結果、ツイッターの反応がなくなったという話でした。

なんかダラダラとつまらない発信してても消耗するだけなんで、これで良かったと思います。

パチンコ店で働きながら、この先の業界に絶望してるだけだとマジでどうしようもないんで、せめてプライベートの情報軸は変えようということです。

今後はブロックチェーンの方に全力投下していこうと思いますので、パチンコ関連の情報をお求めの方はツイッターのフォロー解除など推奨します。

コメント