パチンコ店を辞めた社員は高確率でパチンコ店に再就職する話

スポンサーリンク
出口がない 業界ネタ

こんばんはリルムです。

2020年4月に当社に入社した新卒社員が退職しました。

私の店ではなかったのですが、今年の新卒で退職者第一号です。

今年入った新卒が 「消毒だけの仕事なんてイヤだ!」 といって辞めたらしい。 だよねー(´Д`) そっから超モチベーション上げられるセリフ思い付かないワタシは店長漆黒ですわ。

約4カ月ですかね。

この期間でやりがいを見出すことって難しいと思うんですが、今のパチンコ店ってスタッフの主な業務は「台の消毒」です。

そんな毎日が続いた結果、仕事に嫌気がさしてしまったのでしょう。

ということで、今回はパチンコ業界に新卒で入った結果、スピード退職をした人達がどうなるかについて書いていきたいと思います。

パチンコ店を辞めた人は高確率でパチンコ店に再就職する話

パチンコ業界に入った結果、何となくそのお店で働くのがイヤになってしまった人は高い確率でパチンコ業界に戻ってきます。

要はパチ屋を辞めても結局別のパチ屋で働くということですね。

過去に入社した新卒が辞めてしまって、その直後に「アレ?○○がいる」みたいな感じで近所のライバル店でバイトとして目撃されるケースは多いです。

想定できる理由は以下の通り

・自分の知識がある分野がそこしかない

・社員だと責任とか色いろダルかったからバイトが丁度いい

・何だかんだ給料は良い

順番に見ていきましょう。

参考記事▶パチンコ店で新卒が「辞めたい」と思う理由

自分の知識のある分野がそこしかない

パチンコ店の社員。

特に新卒で入社した人は手に職、資格がない人がほとんどです。

あっても普通運転免許と英検3級くらいでしょうか。

パチンコ業界をディスるわけではなく、事実として言葉を選ばずに言うと

パチンコ業界は無資格で低学歴でも採用される傾向にあります。

しかも、それでいて他と比べて初任給は高い。

こうなってくるとパチンコ業界に集まってくる人は以下のような人物像の可能性が高いです。

・やりたいことがないけど、なんか仕事らしきことはしなくちゃいけない。

・志望した会社がダメだった時の滑り止めにしておこう。

・パチンコ好きだからオレなんとなく向いてるかも。

パチンコ業界は短期間で辞める人が多い、いわゆる離職率が高い業種とされています。

その理由は、入るためのハードルが低いからですね。

特別な知識や資格は一切必要ありません。

業界は人員不足の傾向もありますので、大卒であればもちろんのこと、高卒の人でも本人の希望があれば採用される可能性は高いです。

社員だと責任とか色いろダルかったからバイトが丁度いい

入社しやすいし給料も良いので、超目玉業種のはずなんですが、やはり続かない人が多いというのも事実です。

アルバイトは金銭目的と割り切っているので長生きするのですが、社員となると責任やプレッシャーが多くなります。

高卒の子にはここを乗り切れない子が多いです。

結果、辞めてしまうんですが、他に同じくらいの給料がもらえる職場がなく、パチンコ店に再就職するパターンに陥るというわけですね。

何だかんだ給料は良い

パチンコ業界は給料が悪かったら、ぶっちゃけ魅力ゼロの業界でしす。

月20万

手取でこの額を稼ぐのはノースキル、ノーインテリジェンスの人には割とハードル高めです。

いかに時間を切り盛りして仕事をするか、あるいは時給を高めて仕事をするしかないでしょう。

パッと思いつくのは

・パチンコ業界

・水商売

・深夜の時間帯の仕事(コンビニ、牛丼チェーンなど)

このくらいですかね。

だったらパチンコ店でもう一回働いてみよう・・・

具体的な目標がなく辞めてしまった人にとってはパチンコ業界に戻ってくるというのは必然のことなんですね。

パチンコ店での再就職は悪くない。ダメなのは環境を変える努力をしないこと

はい、というわけで今までたくさんの辞めた社員を見てきました。

同時に他のお店で働いている姿も見てきました。

しかし、それらは全く悪いことではありません。

世界中に何千万とある会社の中で、たまたま入った会社が自分にマッチしていて死ぬまで働ける場所だって方がどう考えてもレアですからね。

一番ダメなのは環境を変える勇気もなければ、自分を変えようとする努力をしてないくせに

「この会社終わってる。」

「この会社はブラックだ。」

「給料が安い、責任追及しかされない。」

と、モンクだけ言って行動しないパターンですね。

私も過去に先輩だった役職者が部下になったケースがありました。

彼は20年もウチの会社にいたのですが、昇格する気もなければ辞める勇気もない。

ただ日常的に会社の文句を言っているだけの人で、気に入らないことがあるとすぐ切れるどうしようもない人でした。

まあ結果的に私が背中を押して

「そんな思いで仕事していても人生つまらなくないですか?」

と1時間ほどの面談のあと、彼は退職願を持ってきたんですけどね。

まあそれを言ったら店長である私も辞める選択肢がゼロかというとそうではないのですが。

パチンコ店の社員を辞めようと思った話

ぜひ辞めたいと思っている新卒の子は、自分の生活と選択肢をしっかり天秤にかけて行動してほしいですね。

私は辞める社員を引き留めません。

今後働き手にとってさらに魅力が薄れていく業界だと思ってますので。

できれば転職するなら別の業界に行くことをオススメしますよ。

コメント