家宅捜索中のガイアと今後の状況まとめ

スポンサーリンク
gaia 業界ネタ

こんばんはリルムです。

秋元議員逮捕から大手法人に捜査の手が伸びてきています。

キコーナ姫路店の営業停止から一夜明けての事態に、年末のパチンコ業界は騒然としてる状況です。

一連の事件について確認したいと思います。

ガイアが「ガサ入れ」されている理由

まず、ガイアが警察にガサ入れされている背景には、この秋元議員の収賄容疑があります。

内容は、中国の企業がIR関連の重要なポジションに就任することになった秋元議員に対して金を渡したということです。

中国企業としては、将来カジノが日本で解禁された時に何かしらの優位性を持つために目を付けたとされています。

問題はそのあと。

上記記事に書いてある通り、収賄容疑で捜査中の秋元議員の事務所で「資金の不正流用」という追撃があったのです。

簡単に言うと、

この追撃によって捜査が進んだ結果、金の流れの途中に「株式会社ガイア」の存在が発覚したってわけです。

議員の収賄容疑で金のニオイがするありとあらゆる身辺調査が行われた結果、

「え、元秘書?」

「え、コンサル会社?」

「ガ、ガイア?」

などといったワードが次々に出てきてしまったのでした。

ガイアが持たれている疑惑と罪

ガイアが取り調べを受けているな内容は、「資金の不正流失への加担」です。

これが事実だとすると、「横領罪」「背任罪」といった罪になります。

今回の報道では毎月20万の金がガイアからコンサル会社に流れていたとされていますが、これが本当にコンサルティング費用に値するものであればニュースになっていないはずです。

なので、警察からはこの「コンサル費用」と称した献金がコンサル会社を介して秋元議員に流れていたのでは?

との見方をされていると思います。

警察「ガイアから金もらってるでしょ?」

秋元「いや、知らないよ。」

警察「秋元さんに金あげてるっしょ?」

ガイア「いや、コンサルに払ってるだけで知らんぜよ」

警察「実際コンサルティングやってないっしょ?」

コンサル「いいえ、私たちは毎月コンサルしてますわよ。ラインで」

過去のガイアの闇 *Wikipedia参照

ちなみに、ガイアが社会問題になったのはこれが初ではありません。

2011年 当時のガイア社長が覚せい剤で逮捕。

超イケイケで、若くして営業部長から社長になった人が逮捕され、しかもゲイだったことまで報道されて

これはこれで、業界を震撼させたものでした。

2012年 所得隠しによる税務調査。

40億の所得隠しによって追加徴税10億

その他、東日本大震災のあと電力不足が問題になった時、パチンコ店は自粛として「輪番休業」をおこなったのだが、ガイアだけ無視。

これまた社会から痛烈な批判を受けることになる。

問題はガイアの「どこまで」が知っていたか

話を戻します。

一連の事件において、今の段階では詳細も真実も分かりません。

問題の焦点は「ガイアが会社として不正流失への加担を知っていたか」どうかになると思います。

先ほども書いた通り、事件になっている以上「不正流出」は確定でしょう。

あとは、この事実を「誰がどのように処理していたか」が問われます。

もし、ガイアが冒頭の中国企業のように「IR関係を見越しての献金」を目的としていた場合、企業として致命的な事態は免れないでしょう。

直近の業績で業界大手トップ3から転落しているだけに、このニュースは来年以降の営業にとってまさに痛恨の追い討ちになります。

ガイアと業界の今後

というわけで、ざっくりまとめてみましたが、ガイアは今かなり混乱していると思います。

社内でどのような指示を出しているか不明ですが、収益のメインであるパチンコ店を休むわけにはいきません。

現場は今まで通り営業して、本社は様々な対応に追われていることでしょう。

しかし、ワタシは今回のニュースで思いました。

すでにガイアはカジノに向けて動いておった・・・・

というある種の脅威です。

業界3位からは転落したものの、数年後を見据えてカジノでのシェア獲得を目論んでいたというイケイケ感は「やっぱすごいなー」と思いました。

2011年に当時のイケイケ社長が逮捕されましたが、その人が営業部長時代の動画を見たことがあります。

多分、イケイケな人材を育てて攻撃に特化するのがガイアの社風なんだと思います。

恐らく、来年もしばらくこの事件は尾を引くでしょうが、こんなことで潰れるような企業ではないです。

もしかしたら全く出さないという噂のガイアが出玉でイメージアップを図ってくるかもしれません。

いずれにしても今後が楽しみですね。

そして、パチンコ業界全体ですが、悪いニュースが続いています。

来年は取材の規制や釘問題の厳格化、広告、動画媒体への自粛など多方面で縮小がかかりそうな予感です。

この業界の今後の課題は、ウェブマーケティングに特化していく事と、基本に戻って出玉を放出することですね。

コメント

  1. カミーユ★ミカン(笑) より:

    おはようございます!リルム店長。いつも楽しく拝見させてもらってます!一つ質問があります。最近、20スロの貸し出し枚数の変更と交換率の変更が自分がよく行くチェーン店で始まりました。自分はパチ歴20年のスーパー養分(笑)ですが、昔は交換率変更すると店は少しはサービスすると思われましたが実際どうなんでしょうか?リニューアルとかではないからそんなに変わらないのでしょうか?まぁ年末年始なので回収時期にサービスすることはありませんよね。これからもブログ頑張って下さい。毎日楽しみにしてます!

    • rireme rireme より:

      カミーユ★ミカン(笑)さん
      コメントありがとうございます。

      ウチの系列でも貸玉変更が始まっています。
      おっしゃっているように
      何かしらの変化=期待になりますから
      店としてはサービスしようとすると思います。

      貸玉変更も同様に店側の心理としては
      貸メダルが減る=損をするという印象をお客さんに与えたくないわけですから
      少なくともAタイプには力を入れるといったことはすると思います。

      ただ、年末年始ですからね。
      今の時期やるというのは、回収で間違いないと思います。

      応援ありがとうございます!(^^)!