【NFTとは】わかりやすく言うと「保証書付のヤツ」です

トレンド

こんばんはリルムです。

NFTとは?NFTって分かりやすく言うとなんなの?

ていうか何でただの画像に10億とか払ってるヤツがおんの!?

という疑問に超絶シンプルに答えていきたいと思います。

NFTは2021年のバズワードであり、今後のネット社会に浸透するであろうテクノロジーです。

この機会にざっくりと覚えておきましょう。

そして、NFTはひとつの金脈です。

投資・副業的な考えを持っている人はぜひとも理解しておく分野なので、どうぞご覧ください。

スポンサードリンク

【NFTとは】わかりやすく言うと「保証書付のヤツ」です

NFTを簡単にいうと、保証書がついてるデジタルデータです。

家電やブランド物でも保証書がついてきますけど、NFTでは、あの保証書がデジタルデータに組み込まれているイメージです。

例えば芸術のせかいでいうと

例えば、芸術の世界だと絵画とかモナ・リザ的なヤツに○○億円の価値がつくじゃないですか。

でもあれって、目の前に出されてもぶっちゃけ分からないですよね??

それっぽい額縁に飾られて、なんちゃら美術館という名前のトコに置いてあったらニセモノとの区別なんか我われにはムリです。

たぶんガクト以外ムリです。

特に今の時代なんてコピーとかディープフェイクとかの技術が進んでいるんで、アートを第三者がホンモノそっくりに作ることだってできるだろうし、なんなら保証書の偽造だってありえます。

いわゆる贋作を一発で見抜けるのがNFT

そこで、アートの世界と非常に相性が良いのがNFTという技術なわけであります。

ブロックチェーンによって、そのデータの生成から取引まですべてが改ざん不可な記録として残っておるので、その作品がホンモノかどうかなんて誰でも分かってしまうんですね。

誰にも代えられない、絶対的な存在であり、価値のあるもの。

ということが、全員に分かってしまう画期的なシステムの上にNFTはあるんです。

リルム
リルム

なんでも鑑定団は放送終了間近ですね。

で、NFTって具体的にどんなの?

さて、盛り上がってきましたNFT。

NFTは「ノンファンジブル・トークン」の略でして。すなわち代替え不可なデジタル情報のことです。

たとえば宗教家にとって神様は代替え不可な存在かと思います。

自分の信仰していた神様が実はニセモノで、費やした時間や労力がムダになってしまったとかシャレにならんわけです。

しかし、今のネット社会ではニセモノや人を欺くようなシステムが横行しています。

・フェイクニュース
・なりすまし
・コピューターウイルス
・ハッキング

などなど。ネットが身近になったからこそ、ヒトを騙すワナは増えていますし、巧妙化しています。

そこで登場するのがNFT。

ブロックチェーン技術を使って「いや、もうコレがホンモノだから。不正?改ざん?ムリムリ」という画期的なシステムのことです。

例えば、これが次世代宗教、リルム教の神様です!

となった場合、その情報がブロックチェーンに刻まれますから、他の誰が見てもその事実は揺るぎません。リルム教の信仰者たちは、コイツに向かって祈りを捧げます。

代替え不可なデジタルデータが、コイツをホンモノの神様かどうか証明してくれますので信者は安心してこの赤ちゃんにアタマを下げるわけです。

仮に「いや、実はオレがホンモノの神様だぜ!」という悪いヤツが現れたとしても。

リルム
信者A

え?・・・いやアナタブロックチェーンのデータにないんですけど・・?」

女性社員
信者B

「失礼ですけど、どこの神様ですか?」

といった具合に不正がすぐバレてしまいます。

この辺はブロックチェーンの意味を理解するとすんなり分かると思います。

話が脱線しますけど、もしかしたら、イスラム教にNFTが入ればシーア派とスンナ派は戦争をしなくなるかもしれません。

唯一神アラーをNFT化してしまって、「もうコレが神様だからみんなまとまって」という号令がかかれば、そこで試合終了。改ざん不可なので、アラーの偶像を変える事は出来ません。

このように、ブロックチェーンは「改ざんして悪さをすることが割に合わない」という逆説的なシステムによって成り立っています。

強盗しても99.999999%逮捕されて、懲役10年以上確定ということがわかっていたら、例えコンビニに1億の現金があっても強盗は入らないだろう。

こんな感じです。

じゃあ面倒くさいけど、仕事した方が得だな・・・という合理的なブタの話に似ています。

不正をすることより、純粋にシステムに従う方がおトクになるというロジックで、不正を排除するのですね。

この辺のシステムが分かりずらい場合は、ブロックチェーンの解説本を読むと良いです。。

特にオススメなのがこの本ですね。細かい用語の説明がありますので、ブロックチェーン系のことを学びたい人は読んでおいてほしいと思います。

・ノード
・トランザクション
・P2P
・ハッシュ

などなど、この辺のワードが理解できると今後の情報収集のスピードも各段にアップしますよ。

で、NFTアートのような画像だと、ぱっと見はニセモノ・ホンモノの区別がつかないこともあるのですが、ブロックチェーンで管理された情報を見れば、全会一致ウソがばれるシステムになっています。

たとえば、Ethscanというサイトにいけばイーサリアムの取引が全て記録されていて、誰でも見ることが出来ます。

こうして、不正なアクセスが排除されるようになってるのです。

それでもNFTが良くわからない人に見てほしい

ここまでの説明で、

「何となくわかったけど、なんでこんなに盛り上がってるのか分からん」

「デジタルデータに1000万とか1億とかの価値がつく意味が分からん」

という人のために、続いてNFTの世界を学ぶメリット説明します。

クリプトパンクス

このブログでも何回か取り上げているのですが、世界でも代表的なNFTアートがコチラのクリプトパンクスです。

コレが1枚あたり、最低でも1000万とかの値段で取引されています。高いものは10億とか。

正直見づらいし、特に感動を呼ぶような絵面ではないですよね。

ちなみにクリプトパンクスの作り方はコチラ▶海外NFT市場のパターンを解説【Collectibles】

失礼ながら、こんなものに1000万とか10億とか払う意味が分からないと思います。

でもですね、実はこれ系のアートには、表面的じゃない部分に価値があったりするんですよね。

クリプトパンクスのような有名アートの価値の大部分は「付加価値」の大きさ

表面的な価値とはどういうことかというと、「ウマい!」「カッコ良い!」「癒される!」

みたいな見た目だけの価値です。

例えば、この煉獄さんの絵はワタシが描いたのですが、娘からは「おとーさん超うまい!」といって褒められました。

彼女は表面的な価値を評価したのです。

しかし、この煉獄さんというキャラはワタシが作ったモノでもなければ、ワタシにしか描けないキャラでもありません。

すなわち潜在的な価値(市場価値)はゼロです。お分かりのとおり、単純に鬼滅の刃の登場人物を割と丁寧に模写しただけだからです。

対してクリプトパンクスには市場価値があります。

・NFTアートという概念の初期作品

・クリプトパンクスを持っているヒト同士のコミュニケーションツールになっている

・有名人がSNSのアイコンにしている

クリプトパンクスはNFTアートの元祖といえる作品です。

先ほども言ったとおり、アートとしての魅力は全く感じません。

しかし、たしか火付けのキッカケになったのはラッパーのJAY-Zがツイッターのアイコンにしたことだったと思います。

JAY-Zといえば、世界で最も稼いでいるラッパーですので、必然的にNFTとかクリプトパンクスに注目が集まります。

その後に人気が爆発し、今の価格帯に押しあがったのです。

で、もうひとつ重要なのが、クリプトパンクスを持つことによって、有名人と同じコミュニティに入れるというインセンティブが発生します。

「え?君もパンクス持ってるの?日本人!???へえー」

このように、海外のアーティストとか有名人とコミュニケーションをとれる手段となっているのです。

これが付加価値となって、ある人はビジネスチャンスを見出したり、ある人は海外のSNSコミュニティへの入場ツールとしてクリプトパンクスを活かしていると言えます。

つまり、持つ人にとってはクリプトパンクスは価格以上の価値を生み出す可能性があるということです。

今だと、クリプトパンクスを買ったとツイートするだけで世界から反応があるみたいですからね。

これはクリプトパンクスをツイッターのアイコンにしているイケハヤさんが言ってたので、たぶんそうなのでしょう。

つまり、これまではアートといえばその圧倒的な存在感に価値がついていたのですが、NFTによって価値の基準が変わってきたと言えます。

そのアートを所有して楽しむという価値から、それを所有することによるコミュニティや信頼に価値がつくようになったという感じです。

どうですか?ちょっと奥が深いでしょう。。?

NFTは確実に浸透しますので今のうちに触っておくべき

という感じで、今回は以上です。

ぶっちゃけ日本ではNFTの浸透が遅いです。

OpenSeaにいってもらえれば分かると思うのですが、上位のコレクションに日本初のモノはありません。

実際にNFTを持っている人も作っている人も、圧倒的に日本は少ないし出遅れています。

これだけ世界で話題になっている分野なのにだぜ。

実際、NFTなんて簡単に作れるし、手描きでもクリプトパンクスに勝てるって言う人は大勢いるでしょう?

NFTの抜本的な価値はアートの分野にとどまらないのですが、まずはNFTアートのトコから入ってほしいと思います。

まず、SNSのアイコンをクソみたいな自撮りとかクソみたいな拾い絵から変えてみてください。

これホントにオススメなんですけど、実際にNFTを買っても良いし作っても良いんですが、アイコンをNFTにするとメッチャ愛着がわきます。

NFTアートの最も簡単な作り方【知識ゼロから売り出すまでを解説】

で、テンションが上がったらそれをオープンシーに出品してみてください。

仮にも・・・1ETHで売れたら、その時点で50万くらいですからね。

というわけで、日本でももっとNFT盛り上げましょう!

まだブームはこれからだし、一般人が参入する余地あります!

世界のトレンドはNFTの次、メタバースにいってます。

メタバースではNFTが当然のテクノロジーとして出てくるので、マジで波ノリは今しかないです!

ワタシですらクリプトベイビーというコレクションを作れたくらいなんで、誰でもできます。

まずはNFTの所有から入りましょう。

NFTアートの最も簡単な作り方【知識ゼロから売り出すまでを解説】

オープンシーでNFTを買う時の注意点【私はココでつまづきました】

コメント