オープンシーでNFTを買う時の注意点【私はココでつまづきました】

トレンド

こんばんはリルムです。

ツイッターとブログのプロフィール画像をNFTに変更してみました。

NFT画像

画像がコレなんですが、どうでしょうか。

なんともトリッキーなアメリカン漂う雰囲気が気に入ってコレに決めたんですよね。

NFT画像

ちなみに買ったのはこの方のシリーズです。平均で0.06ETHのお値段ですので、この時期の相場でいうと日本円で2万円くらいですかね。

オープンシーの決済はイーサリアムがほとんどなので、手持ちがない人はどっかの取引所で購入しておけば大丈夫です。最小は0.0001ETHのNFTもありますので、手軽に買えるモノもありますよ。

【面倒クサがり向け】初心者が選ぶ仮想通貨の取引所・販売所は2つだけ

そんなわけで、今回は確実に今後の生活の一部に関わってくるであろうNFTについてです。

ですが、NFTが何なのか。今後どうなっていくのかとかは他の人がたくさん書いてますので、そちらを参考にしていただたらと思います。

簡単にいうと、コピーや改ざんができないデジタルデータというだけです。

NFTとは何かを基礎から徹底解説、なぜデジタルデータに数億円の価値が付くのか? |FinTech Journal (sbbit.jp)

小難しい大半の説明を端折りまして、ワタシが記事にしたかったのは「オープンシー」という世界最大のNFTマーケットで実際にNFTを買ってみた過程についてでございます。

ムカつくことにスムーズに売買できず、2日間くらい費やしましたので、それについて書いていきますよ。

スポンサードリンク

オープンシーでNFTを買う時の注意点【私はココでつまづきました】

先にネタバレというかつまづいた点だけ言っておきますね。

これは仮想通貨の扱いに慣れているヒトはなんてことない話だと思うんですが、知識が中途半端な人だとワケがわからずドツボにハマってしまいます。

何コレ→「Please switch to a wallet that supports Ethereum network 」ナゾのエラーが頻発

私がつまづいたのはコイツでした。

Please switch to a wallet that supports Ethereum network

リルム
リルム

マジでこっちは買うっつてんのに、最後のさいごにナニ言ってやがんだよ。

このようにウォレットにイーサリアムの残高があるにも関わらず、このエラーが出るせいで全然取引が進まないのでありました。

しかも「Please switch to a wallet that supports Ethereum network」この文字列でググっても答えは出てきません。

リルム
リルム

ホントに日本でNFTが浸透してないってのが良くわかりましたよねー
(完全に他力本願)

説明しているサイトが少なすぎる上に、あったとしても素人向けの内容ではないんですよね。

解決→「Please switch to a wallet that supports Ethereum network

で、二日間試行錯誤した結果、無事解決しましたよちくしょう。

原因はこれでした。

メタマスクの画像

ずーっとメタマスクの設定を「Smart Chain」にしていたんですが、オープンシーの取引には「イーサリアムメインネット」の方を使わなければいけないのでした。

なんだ、そんなことかよ・・・と思った人は優秀です。さっそくNFTの購入に進んでください。

しかし、バイナンスで取引をやっていた人とか、Pancakeswap関連の取引でメタマスクを使っていた人なんかは、ここに引っ掛かる可能性があります。

ウォレットチェーンを変えないまま「Smart Chain」の方にイーサリアムを入れてしまっていた人は、もれなくエラーの対象になるので注意しましょう。

「Smart Chain」から「イーサリアムメインネット」に送金する方法

エラーが出ているとはいえ、自分の手元にイーサリアムがあるのは変わりありませんので、ここは落ち着きつつも、面倒くさいトランザクションを一つ挟みましょう。

手順①:メタマスクからバイナンスに一度イーサリアムを送る

手順②:ERC20経由でメタマスクに送り返す

チェーンが違うと、それだけでイーサリアムを持っていても取引ができませんので、「イーサリアムメインネット」の方にイーサリアムをいれてあげなくてはいけないのです。

ややこしいですね。しかも手数料取られます(ETHなのでガス代高し)

しかし、これでイーサリアムメインネットに無事イーサリアムが到着しましたので、あとは残金のあるがままにNFTを購入できるようになります。

さあ今こそNFTを買ってみよう

手を広げる女性

と言う感じで、日本ではまだバブルやトレンドが熟しきってないNFT市場ですので、早めに買っておいてミスっておくことが逆にチャンスかなと思って、動いてみました。

大体、コレを読んでる方で、周りにNFT持ってる人なんていますか?

そりゃあ確かに、意味不明な画像1枚で2万とか、場合によっては1億を超える価値があるなんて言われてもピンとこないと思います。

ただ、今後NFTは免許証とかの個人情報や、信用書類につかわれていって、庶民に身近な存在になっていきます。

パチンコ店で言えば、警察に出す書類とかもデジタルデータをクラウドに送るみたいな方法に変わっていくかもしれません。

なので、この分野に詳しい人が5年後くらいに活躍できる世の中になってることを予想して、今のうちにチェックしておいても良いのではないでしょうか。

今回は以上です。

コメント

  1. 佐藤 恒 より:

    記事を読ませていただきました。

    メタマスクのウォレットチェーンはイーサリアムメインネットになっていてETHも入金されているのですが、同じエラー表示が出てきて、NFTをかうこができません。何か対処法はあるのでしょうか?

    分かる範囲内で良いのでアドバイスをいただければと思い、連絡しました。

    • riremerireme より:

      ちなみにエラーはどういった内容でしたか?
      基本的に海外のサイトなので、和訳しながらエラー内容を予想するしかありません。
      分かりにくいですが、ワタシもすこしずつ触ってできるようになりました。
      ツイッターとかイケハヤさんのディスコードで質問すれば、具体的な回答を得られるかもしれません。
      (他力本願で申し訳・・・)