鉄拳4 設定6データ

tekken4 台データ

こんばんはリルムです。

鉄拳4が導入されましたね。

うちは少台数の導入だったし、筐体もスペックもまるで魅力を感じなかったんですが、新台ということで稼働が良かったんで設定を入れてみました。

全国的な評判も良くありませんが、果たしてどうなったでしょうか。

さっそくグラフから見ていきましょう。

基本スペック

設定BIGREGバトルB合算機械割
11/4111/7401/7231/19397.8%
21/3701/7511/7191/18499.0%
31/3331/7551/7161/175100.4%
41/2901/7661/7121/162102.7%
51/2601/7901/7081/153105.3%
61/2321/8141/7031/143108.0%

良いか悪いか分からない展開に・・・

こんな感じになりました。

右肩上がりで順調に出ていますが、後半は天井に到達した模様です。

これによって「6はねーな」と思われたのか、単純に飽きたのかは分かりませんが夕方には捨てられてしまいました。

結果データ

疑似ボ合算確率バトルB初当たり最大出玉出玉率
1/1421/12823500枚108%

展開としては、ボーナスをサクサク当てて出玉を増やす感じでした。

バトルボーナスは星矢みたいな確率になってますねw

しかも恩恵が弱い・・・

データを見ると最大で7連でしょうか。

6連を超えると「デビルバトル」に発展して86%ループのバトルにいくみたいなんですが、デビル初戦でボコされたってことですかね・・・・?

しかし、一応機械割通りの数値が出ました。

これ以前は設定4をメインで使っていたのですが、1週間で10万ほど抜けています

からーい!!!

今回のウリは一応この「バトルボーナス」からの「デビルバトル」です。

低設定でも完走できるので一撃の夢があります。

っていう仕様だったと思うんですが、残念ながら今回の設定6はバトルボーナスすら重かったようです。

あくまでもボーナスをいかに引けるかが勝負で、バトルボーナスはサブ的な感覚でとらえた方がよさそうですね。

そこでデビルまで行ったらラッキーってことなんだと思います。

ちょっと前に近所の店で、不二子を打ちながら隣で稼働中の鉄拳4の様子を見ていたんですが、相変わらずレア役とリールロックの空気感が否めません。

超絶つまらなそうでした。

今回の設定⑥のようにサクサクボーナスが当たらないと、遊技そのものが苦痛の台になるかと思います。

多分高設定は鉄拳チャンスを含む色いろな状態変化が起きますので、打っていてまあまあ楽しめるかと思います。

恐らくリゼロよりは・・・・

今回の結果から、設定⑥でも出玉的には怖くないし、ボーナス引けないと天井も行っちゃうくらい荒いことが分かりました。

今後も稼働があれば設定⑥の投入は積極的に考えていきたいと思いますが、どうでしょう。

お客さんからの支持率を見て決めたいと思います。

次回

リゼロの天国と地獄

コメント