パチンコ店が設定6を入れない理由

業界ネタ


スロットには設定というものが存在し、ニートだろうが養分だろうがスロットを打つ人なら求めるものはそう

だと思うのですが、いかんせんお店は素直にそんな甘い汁を垂れ流さないわけで基本的にド平日のドノーマルデーに6など使うことはありません。

それが会社の方針なのか、はたまた店長の意向なのか、理由はお店によってそれぞれあると思いますが、基本的に高設定は使わない方が優良店になる可能性あるからなのです。

よくお客さんに言われるのは

「オレが店長だったら全6にするぞ?」

「6入れないと稼働上がらないよ?」

「隣の○○店昨日半分6入れてたよ?」

といったことなのですが、はっきり言ってどんな大手でもそんな営業を続けるのは絶対にムリです。

たしかに昔は私も同じようなことを思ってました。

スロットの稼働が上がるメカニズムみたいなのはこうなんじゃないかと。

①6がある

②万枚出る

③みんなお店に期待する

④稼働が上がる

といった単純な発想だったのですが、残念ながらそのやりかただと結果としてお店は悪くなってしまいます。

当然スロット全台6を続けていたら満台のフル稼働で全台1万回転チャレンジ達成にはなります。

稼働MAXわっしょい!わっしょい!

でもこれによってもたらされる赤字といったらおそらくマイナス数百万・・・(台数にもよるけど)月間やそこらでは回収不能・・

そうするとどこかの営業で死ぬほどシワ寄せが来ることになります。

それを喰らうのは・・・

はい、

じょうれんはん

ひょっこり現れたうまい人たちが勝ってしまい、毎日来たい年パイの方たちはガッツリ抜かれるハメになります。

試しにイベント日めっちゃ出てたっていう店2,3日観察してみてほしいと思います。

特に翌週の土日とかはオール1に近い営業のはずです。

箱積んでるのはAT機の誤爆くらいでしょう。

それもそのはず。やはり会社である以上・・・利益が必要なんですよねぇ・・・

だから計画の利益からプラスならまだしもマイナスによる乖離にはとってもシビアなんです。

特に昔と違って遊技人口が減り売上も粗利も落ちてきている状況なので、月単位で計画の利益が確保できないと、本当に業界からの撤退につながってしまいます。

これが現実です。

だから、利益のブレ幅を大きくしてしまう要因の一つが設定6投入である以上、使わない方が業界で長生きできるってことです。


もし設定6を狙って立ち回りをするのであれば、お店の傾向と信頼で6を使うかどうか、6はないにしても負けにくい日なのか、日ごとに玉の出し方を見るのが大事なポイントです。

店側も設定6が集客のツールであることは百も承知ですからね。

業界ネタ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ブチ切れ!リルムのぱちんこ24時

コメント