【新卒女子】パチンコ店の仕事がつらく感じる理由は「人間関係」

スポンサーリンク
仲間外れ 業界ネタ

こんばんはリルムです。

従業員と面談を進めています。

その中に今年入った新卒の女子がいたので、入社~現状の思ってることを話してもらいました。

普段から愛想がよくニコニコ「お疲れ様でーす!」と言ってくれる専門学校卒の子だったのですが、思いのほかテンションが低めです。

仕事している内は気づかなかったのですが、どうやら彼女は悩んていたみたいです。

今回はそんな新卒女子のスタッフが悩んでいたことについて書いていきたいと思います。

【新卒女子に多い】パチンコ店の仕事がつらく感じる理由

面談の中で分かった彼女の悩みは3つ

・熟練のアルバイトスタッフに気を遣う。

・「社員だから」と思うとプレッシャーになる。

・苦手なお客さんがいる。

ざっくりかみ砕くとこんな感じかと思います。

見てわかると思うのですが、多くは人間関係です。

では、これの詳細と解決策について書いていきます。

新卒女子の悩み①「熟練のアルバイトに気を遣う」

熟練のアルバイトに気を遣う

これは新卒の社員であれば、男女問わずぶつかる一つの壁です。

実際私もそうでした。

本来、社員とアルバイトの関係は上司と部下ですが

「新卒の」社員

「今までいた」アルバイト

という要素が加わると、立場が逆転します。

要は年齢やキャリアといった時間的な意味での上下関係になってしまうやつですね。

先輩後輩といっしょです。

解決策は二つあります

これの解決策は二つです。

①上司に報告・相談すること。

②彼らよりも仕事ができるようになること。

自分の方が長く働いているとか、自分の方が年上という理由で偉そうにしてくるヤツは多いです。

オープニングスタッフのお局化はどうにかできないものか

これは完全にアルバイト側がダメです。

①上司にすぐ相談する

それによってストレスを感じているのなら、こういった面談ではなく時間のある時にすぐ相談した方が良いですね。

ここで注意が1点。

上司も上司でバイトに気を遣っている可能性があります。

なので、相談は上司といっても店長を選ぶのが一番良いかなと思います。

詳しくはコチラ▶パチンコ店でよくあるバイトから役職者へのイジメ

②熟練アルバイトよりも仕事ができるようになる

次はちょっと時間のかかる話であって、なかなか女性スタッフにはグイグイいけないかもしれないんですが、「彼らよりも仕事ができればナメられない」という話です。

私の話ですが、

・ホール回しが下手くそ

・トラブルが弱い

・成長はしてるんだけどねぇ

といった小言をいわれていました。

部下から目の前でw

ただ、私がその分仕事が出来なかったので、仕方ありません。

そこで、具体的にはこんな感じで彼らを黙らせました。

・クレーム対応に自ら行く。

・台の裏側の知識を得て、トラブルに強くなる。

・店長と仲良くなる。

とにかく彼らが出来ないことを出来るようにがんばりました。

1年くらいかかったと思います。

「店長と仲良くなる」はネタですが、いやらしくない程度に「店長の指示をそのまま伝える」という行動は、徐々に上下関係を作り出すキッカケになってきますよ。

新卒女子の悩み②「社員だから」と思うとプレッシャーになる

社員とアルバイトの上下関係は大事ですが、これがプレッシャーになることもあります。

先ほど、仕事をがんばって覚えたり、アルバイトに負けないようになる。

といった話をしましたが、「逆にそういう想いが負担になる」場合があるからですね。

ヤル気や負けん気を出すのはとても良いことですが、それがそのままうまく行くとが限りません。

・なかなかカウンターのPOS打ちが上手くできない。

・トラブルが直せなくてアルバイトに代わってもらった。

などなど、私も1年かかりましたが、この間のモチベーション維持は出来る人と出来ない人が分かれます。

このプレッシャーに耐えれない人はウツ気味になって辞めてしまうかもしれません。

プレッシャーを回避するには考え方を変えましょう

そこで、考え方を変える事をオススメします。

アルバイトスタッフを「敵」と考えないこと。自分にできず彼らにできることは協力してもらうこと。

彼らに負けないようにしなきゃ。

社員だからしっかりしなきゃ。

みたいな感情は持っておくべきなんですが、やってることはチームプレーなので個人プレーは逆に足を引っ張るだけです。

勝手に相手をライバル視して自滅するのは、周りに迷惑を掛けます。

私も店長ですが、知らないことは知っている部下にやってもらいます。

「オレが店長だ!オレが全部やるんだ!」

というムダな意気込みは周りが引いてしまうだけなので。

大事なのは「やってもらう」という協力的姿勢ですね。

「アルバイトに追い付け、追い越せ」はその関係ができてからでも遅くありません。

新卒女子の悩み③苦手なお客さんがいる

最後はお客さんの話ですね。

接客というと、「お客様第一」みたいなイメージを持つかもしれません。

しかし、どちらも同じ人間ですので、感情があります。

ツイッターの世界でも「お客様は神様論」については色いろと語られています。

サービスを受ける側にもマナーやねぎらいの言葉があっても良いのでは?

という考え方ですね。

私もそっち派ですし、あいさつを返されたり、レシート渡す時にお辞儀してもらったらホッコリします。

ただ、お客さんの中には一定数「カネ払ってんだろ」という所から大きな言動に出る人がいます。

そういう方はスタッフから「苦手」と言われやすいですね。

今回の新卒の女子は、何かのタイミングで文句を言われてしまったみたいです。

そんで、次からそのお客さんが来ると「うわ・・・」ってなってしまう様なんですね。

確かに、「明日の新台はコチラです」みたいな告知をマニュアル通りやったのに、

「ウルセーな、さっさとレシート渡せよ」

みたいに言われたら萎えますからね。

解決策は割り切ること

パチンコ店にはいろんな人がいます。

ちょっとスタッフにキツめに当たってくる人もたまにいます。

しかし明らかなマナー違反じゃなければ、そういう人だと割り切るしかありません。

高いカネ払ってパチンコしてる人達なので、その一定数はガマンするしかないでしょう。

もし、耐えれないなら接客じゃない所へ転職した方が良いです。

お客さんは全員が良い人ではありませんので、ちょっと厳しめですがここが理解できないのであれば、継続は難しいかなと思います。

長く働いていると、その辺の「お客さんへのストレス」は他の人と共有して発散する人が多いような気がします。

ウマくストレスのはけ口を見つけるのも仕事のテクニックですので。

【まとめ】パチンコ店の仕事がつらく感じる理由

というわけで今回は以上です。

・熟練のアルバイトに気を遣う。

・「社員だから」と思うとプレッシャーになる。

・苦手なお客さんがいる。

面談で発覚した新卒女子の悩みを解決する方法について解説しました。

まあ、あれこれと書いてきましたが、「結局のところ仕事は続けるか辞めるかの二択」です。

今回は「続ける」側の意見を中心にしましたが、辞めるのも選択肢のウチです。

(辞める側の話はコチラ)▶仕事がつまらない人は資格GETをオススメする話

いずれにしても「悩んでいる」という時間はとても勿体ないです。

どうせ悩んでも解決しませんので。

だったら行動してみるというのがてっとり早いですね。

転職活動をする行動 →ちくしょう!転職だ!

悩みを相談する行動

仕事を早く覚えるための行動

こういう時間を「がんばってる」と表現するのだと思いますね。

コメント