スロットの設定変更はいつ誰がどうやっているか

スポンサーリンク
スポンサーリンク
shiroshatu 業界ネタ

こんばんはリルムです。

今回はスロットの設定変更について書いていきたいと思います。

設定変更中に様子をツイートしたものです。

光る告知ランプをボーッと眺めてしまう店長は私以外にもいるはず

スロットの設定変更はいつやるか

ということで、私の経験に基づいて設定変更について詳細を語っていきたいと思います。

まず、スロットの設定変更をいつやるかということなんですが、基本的には朝の7時~8時くらいです。

私の地域は9時に開店しますので、それまでには終わらせてあります。

出勤から開店までの流れを説明すると、6時半に出勤して前日のデータと月間のデータをチェックします。

そして、月間の売上、粗利の進捗と共に「出す機種・出さない機種」の選定をしていきます。

例えば北斗天昇が月間で利益が取れていて、なおかつ設定も②とか③とかばかりで高設定を使っていないのであれば、当日か近日中には④以上を入れて出そうとするわけです。

台数や稼働にもよりますので、どの台もこの方法で設定の上げ下げの基準を決めているかというと、そうではないのですが、設定配分の考え方は基本的には同じです。

設定変更は誰がやるのか

店の規模や方針によって変わってくるハズですが、大半は店長が対応していると思います。

大型店であれば、店長以下の役職者も含めて2,3人で変更して回るということが考えれられますが、これにはリスクが伴います。

はい、設定漏洩ですね。

当然設定を知る者が多いほどこの懸念は増すばかりですから、効率重視だと良くないことも起きます。

実際に不正に手を染める役職が出てきたりとか、客と繋がっているというウワサが流れるだとか、風評被害も含めると結構ハイリスクな営業方針です。

ただ、設定漏洩に関してはウチの法人でもありますし、全国ではヤフーニュースになったりしていますので、人間が設定を触っている以上、起こることと思われます。

本人と情報を貰った側が否定すれば証拠はないですから、内部不正の中ではやりやすいですね。

ヤフーニュースの方はLINEも同時に漏洩してしまったせいで、言い逃れが出来なくなりましたが・・・

メーカーさんには早い段階で、設定履歴の残るシステムを導入してもらいたいと思います。

設定変更はどうやってやるか

さて、そんな設定変更ですが、やり方はとっても簡単です。

台を開けて設定キーと呼ばれるカギを基盤付近の鍵穴に差こみ、電源をオンオフすると①~⑥まで設定が選べると言う感じです。

電源が入っている状態で設定キーを回しても意味がなく、一度電源オンオフを挟まないといけないのがポイントです。

なので、営業中の設定変更は難しいということです。

余談ですが、営業中の設定変更は厳密に風営法でダメとされているわけではないらしいです。

だからスロットが出始めたら空台をオール1にすることも、やろうと思えばできます。

やったら信頼は地に落ちて閉店ガラガラでしょうけどね。

設定変更は面倒クサイ

ちょっと面倒クサイといえば、設定キーはメーカーごとに形が違うので、それを記憶するのが大変な所です。

慣れるまでバラエティの設定変更は時間が掛かります。

カギの型が似ているけど微妙に勝手が違う物も多く、該当台の設定キーを探すのが大変です。

これについては、メーカーのカギを記憶してしまうしかありません。

これができないと朝の時間が足りなくなってしまいます。

面倒くささが勝ってバラエティは放置という店も、もしかしたらあるかもしれません。

設定変更の駆け引き

設定変更においては、単純に設定の上げ下げ以外にリセットというモノがあります。

設定を触ること自体をリセットと呼ぶこともあるのですが、基本的には同一設定の打ち直し(②→②など)の事を指します。

これによって、内部のモードが朝一仕様になるので、恩恵があることが多いのです。

また、早い段階でリセットされていることが分かれば、設定が上がっているかもという期待が生まれますのでユーザーにとってはうれしい事が多いと思います。

朝一の挙動とか1ゲーム目のリールガックンなど、機種によってリセットが判別できますので、これを使ってユーザーとの駆け引きを行います。

前日出ている台を放置したり、ガックンする台を一部だけ触ったりなど、うまく活用すればリセットによってパチンコとは違った営業を行うことが出来ます。

これがうまくできると、スロットユーザーが徐々に増えていくと言う感じです。

パチンコよりも台のゲーム性とユーザー心理を理解していくべきもので、ただ設定⑥を入れているだけではウマい営業とはいえないのです。

設定変更はキツイ

先日のツイートなんですが、設定変更は肉体的な負担が伴います。

毎日100台とか200台のスロットをカチカチやっていくわけですが、上半身をかがんだ状態でやるので

腰に負担が掛かるのです。

日々、運動をしている人なら何のことはないと思うんですが、店長というのは慢性的な運動不足の人が多いですから、こうして日常業務でも肉体へのダメージが大きいのです。

実際、設定キーを探すプラス腰痛から、5スロやバラエティをないがしろにしている日は結構ありました。

もし、5スロのサミー系の台が毎日ガックンしなかったら、その店の店長は腰痛持ちです。

腹が出ている小太りの人なら確定です。

多分その店はバラエティも設定変更テキトーだと思いますので、主要機だけ打ちましょう。

そんなわけで、完全な設定変更に関する主観でしたが、同じような環境の店長さんもいるのではないでしょうか。

私は心を入替えて、スクワットによってこの問題を解決しましたので、5スロのZガンダムもしっかりとリセットしていこうと思います。

コメント