リゼロの設定3をぶっ通しで使った結果

rezero 台データ

前回「リゼロのベスト設定」ということで、基本は設定3にすれば間違いないということを記事にしたんですが、その結果が出ましたのでアップしてきます。

データ量が多くてややこしいので、取りあえず同じ1台の動向をチェックしてみました。

とある1週間のリゼロオール3

設定アウト出玉率
318,00097%
318,00092%
36,000129%
37,000102%
318,000106%
325,00094%
320,000101%
平均16,000100%

機械割通りとなりました。

やはり即やめされるとキツイですね。

この辺を白鯨の初当たりでうまくカバーできればもうちょい打ってもらえたと思うんですが、この時期なら致し方ありません。

過去の同じ台のデータ

設定アウト出玉率
29,000100%
633,000103%
120,00099%
210,000119%
27,000128%
12,000145%
423,000109%
平均15,000107%

①②のデータが極端に悪いです。

前半はそうでもないのですが、後半はかなり早めに捨てられています。

実は前半のデータはお盆期間なので、それゆえ低設定でも高稼働になっていると思われます。

そして、①②がことごとく甘く推移してます。

朝一モードA天井の白鯨で勝ち、1撃出されて終了という最低パターンですね。

さらに過去のデータ

設定アウト出玉率
431,000107%
28,00092%
219,00081%
632,000106%
222,000105%
620,000108%
212,000100%
平均20,500112%

偶数のみで運用していた時期です。

これもお盆が絡んでますので、アウトは少々高めになっています。

④⑥のデータは稼働も高まり、出玉もほぼ確実に赤字傾向です。

設定別平均データ

設定アウト出玉率台数
111,000106.3%2
212,500105.6%7
316,000100.0%7
426,500108.3%2
628,500105.2%3

キレイに設定順にアウトが高くなりましたが、出玉率のブレは尋常ではありません。

設定の投入回数が違うんで、このバランスが変われば結果も当然変わってくると思いますが、取りあえず言えることは

リゼロがゲロ甘めぇぇぇぇーーー!!!

しかし結果は思った通り、設定3は割と安定しつつ低設定よりも出ないしアウトは高まるという傾向になりました。

④⑥を混ぜていた時はアウトは確かに上がるんですが、その分赤字にもなってしまいます。

そして低設定はアウトが低いが故に、出た時の出玉率がハネ上がっています。

ポイントは1回目の「白鯨攻略戦」「ゼロからっしゅ」消化後、継続して打ってくれるかどうかです。

①②はどちらかが終了したら即ヤメ傾向が強いのに対して、③からは2周目も継続して打ってくれていることが分かります。

(モードA天井の白鯨即ヤメでアウトは2500程度なので、設定③データの最低アウトが6000てことは少なくても2周目の白鯨までやった可能性が高い)

まとめ

結果を見る限り、「リゼロオール3作戦」は上手くいったような気がします。

ただ、利益がどうにもうまく回収できません。

今後は平日③の休日①②みたいにすべきなのでしょうか。

休日だと低設定でも動く傾向がありますので、1発目の白鯨を攻略されない限り利益は取れると思うんですが、ここら辺は運の要素も入ってきます・・・・

前にも書きましたが、リゼロが赤字で何とかなってるのは旧基準機の利益額が大きいからです。

凱旋、沖ドキがまだあるので、今年度中にあたふたすることはないと思うんですが、しばらくは「オール3作戦」は継続せざるを得ないような感じです。

まだ月間で赤字ですからね・・・

ただ、設定はこれだけ入れとけば間違いないってのは無いと思うんで、地道に試行錯誤を続けていきます。

面白い傾向があったら記事にしますんで、お楽しみに~

コメント