スポンサーリンク

「5G」がパチンコ店に与える影響~ビジネスチャンスはあるのか

スポンサーリンク
5g 業界ネタ

こんばんはリルムです。

最近よく耳にする「5G」という言葉。

私自身あまり気にしていなかったのですが、2020年からこれがスタートします。

2020年といえば、日本は「東京オリンピック」という一大イベントを抱えています。

どうやら、それも重なってこの「5G」が活躍するらしいんです。

来年はパチンコ業界にとっては、完全分煙化。5号機の完全撤去の年です。

業界にとっても一大イベントを抱えていて、生き残りをかけた戦いが待ち受けています。

そこで、これらを踏まえた上で2020年はどんな年になるのか考えてみました。

まず5Gってなんぞ

5th Generation フィフスジェネレーション(甘噛み注意)

すなわち

5世代目という意味らしいです。

ざっくり説明すると、1~3Gがガラケーで、

1G→通話

2G→メール

3G→アプリケーション

といった機能が増えていった過程がそう呼ばれていたらしいのです。

こうした背景の中、携帯電話は進化を遂げていき・・・・

今が4G。

スマホの世代です。

スマホによって、動画の視聴やSNSの繋がりが拡大しました。

手元でYouTubeなどの動画が見れるようになり、手元でググって何でも調べられる時代になったのです。

そして、次が5Gです。

これも自分で調べるまでは、良く分かっていませんでした。

取りあえずスマホとかパソコンとかが、もっとスゴくなるんでしょ?

という曖昧な認識しかもっておらず、何がどうなるかがわかりませんでした。

調べた結果をざっくり説明すると、

高速

大容量

多接続

リアルタイム

によって、情報発信ができるというわけです。

(へえ~)

例えば、スマホでのスポーツ観戦は、あらゆる角度からリアルタイムに見ることが出来たりします。

遠隔操作による運転や機械の操作、リアルタイムYouTubeの拡散などなど・・・

具体例はたくさんあるみたいですが、取りあえず今よりも高度な内容を手元で操作できたり、情報拡散できたりするということらしいです。

ヘッドが痛え

5Gがパチンコ店にどう影響するか

さて、そんな高度な技術が日本で普及したらパチンコ業界はどうなってしまうのでしょうか。

こういうことって、一部のウェブメディアとか、ネットビジネスをしているホリエモンとかにしか関係がないかと思いきや、実はパチンコ業界にも多大な影響を及ぼします。

ツイートの通りです。

ここ数年で、若者のパチンコ離れとか遊技人口の減少といったワードが多く見られました。

この影響として挙げられたのがスマホの普及です。

スマホの普及によって、パチンコという日本独自のアミューズメントパークは需要が低下しているのです。

ゲームやマンガ・動画の視聴、SNSで世界中の人との情報交換の方が、人々にとっては楽しいアミューズメントになりつつあります。

加えてパチンコ・スロットの射幸性の低下によって、業界縮小が加速しています。

4Gでもこの状況なんです。

5Gになったら、一体全体どうなるのでしょうか。

考えられることとしては、

ユーザーがスマホ片手に遊技する可能性がもっと高くなるということです。

クオリティの高い動画を見始めるでしょうし、PSPやニンテンドーDSレベルのゲームができるようになります。

しかもオンラインで多数の人と繋がりながらやるわけですから、パチンコの片手間にスマホをいじるのではなく、スマホゲームのついでにパチンコで時間を潰すという光景が、より鮮明になってくると思います。

スマホ動画への規制

動画の撮影、配信のクオリティも上がってきます。

今はライター来店の際にカメラマンが実践を録画しているのが、スマホになってくるかもしれません。

ということは、一般人もスマホでリアルタイム実践をドンドン発信できる環境になってくるわけです。

実際、激熱リーチや特化ゾーンの動画を撮影してアップしている人もいますし、カメラを持ち込んで素人が店内で撮影しているといったものも配信されています。

5Gではこれがさらに拡大していって、誰でもできて視聴できちゃいます。

リゼロが打ちてえんだ

こうなると、困るのはホール側です。

良いことも悪いこともリアルタイムで拡散される可能性があり、スタッフやお客さんのプライバシーも気にしなければなりません。

Google側もこれを予想してか分かりませんが、パチンコ系動画の広告をドンドン消していっているらしいです。

いずれにしても、近い将来こういった文書がホールの入口に設置されるというのは間違いないでしょう。

5Gの普及で好機到来はあるか!?

このように5Gがユーザーに浸透してまう一番の懸念は、その便利さや楽しさにパチンコが負けるのではないかということです。

単純にパチンコよりもスマホに意識が向いてしまうこともそうですし、現状、動画・SNSの波に乗れていない法人は一層低迷すると思うので、大手と弱小の格差がさらに広がると思われます。

それはラインやツイッターで新台入替の情報を流しているだけでは意味がなく、店長や公式アカウントを管理する「発信者」そのものの人物像や情報の面白さが大事になってきます。

大手はこの辺を理解していて、すでに情報発信を店長個人のキャラクターを押し出して発信しています。

しかし、企業をブランディングするという意味では、まだ中小店舗にもチャンスはあります。

閉店後のパチンコ店で、ユーザーの知りたい情報を発信しつづけた「ウラッキープラザ」は時代の波に乗って、優位性を保っています。

業界人ユーチューバーの先駆け的な存在ですね。

これらを踏まえた上で、パチンコ店の情報も多様化してくると思います。

なので、これらの情報発信やお客さんへの動画配信も今後は必要になってくるでしょう。

テレビでCMが流せない分、動画コンテンツでのプロモーションはどの法人も参入してくるはずです。

YouTube以外にもQUIBIを使って企業イメージのショートムービーを作るとことかも出てきそうです。

この辺も格差が広がる要因になりそうですね・・・

遊技台のクオリティ

別の角度からの懸念事項で、遊技台のクオリティと価格がムダに上がる可能性もあります。

5Gをビジネスチャンスと捉えるのはメーカーも同じでしょうから、もしかしたらとんでもない機能をつけて高額で台を販売してくるかもしれません。

例えば、「Wi-Fi導入店舗のみ設置可~Pあしたのジョー5G」とか

特徴

生放送で、ボクシングの試合を見ることが出来る。(試合時間外は録画映像)

日本、アメリカ、メキシコ、タイのボクシング試合が生で観戦可能!

ユーザーをスマホから離し、台に集中させる画期的な機能搭載!!

希望販売価格60万円

どうです?

これメッチャありそうじゃないですか??

しかも、最後の「ユーザーをスマホから離し、台に集中させる画期的な機能」

この辺の根本的にはき違えてる内容を自慢げに言ってくる営業マンいそうじゃないですかねw

ユーザーをスマホから離した所で、パチンコじゃないコンテンツにムリやり意識向けても無意味ですよね。

5G時代、パチンコ店の生き残り方

ということで、5Gが到来すると業界に何が起きるかをまとめてみます。

①客がスマホを楽しんでしまって、パチンコ店に来なくなる。

②客がスマホを楽しんでしまって、スマホのついでにパチンコをし始める。

③動画、SNSがクオリティを上げてくる。店、行政レベルで対策しないと良くも悪くも晒される。

④テレビや折り込みチラシではなく、ネット上での広告が盛んになる。

⑤メーカーがムダな機能を搭載し、高額な台を押し売りしてくる。

大体予想としてはこんな感じでしょうかね。

ただ、私はこの時代の波を乗り切る最も単純な方法を思いつきました。それは・・・

玉を出さんかぁぁああああ!!!!

業界は多分5Gに踊らされて、混乱することでしょう。

「YouTubeがこれだけ流行ったんだから、ウチも会社を上げて参入しよう!」

とか

「これからは、まだ規制の緩いネットでガンガン広告していこう!!」

とか色いろやり始めると思います。

それは多分間違いではないし、良いと思うんですが、同時に玉を出し続けなければいけないと思います。

今回の件で一番問題なのは、パチンコがアミューズメントとして片手間のモバイルフォンに負けていることです。

なので、原点であるパチンコの面白さにそろそろ戻らないと、ユーザーの心がドンドン離れて行ってしまう気がします。

時代の変わり目で迷走してしまって余計な費用をかけると、今後はもっと死活問題になるはずです。

5Gの影響で何を始めるにしても、玉を出していればユーザーの信頼を裏切る事はありません。

これだけ偉そうな能書きを垂れておきながら、ウチは5Gに乗れる自信がありませんので、とりあえず認定機の撤去までは「玉を出す」という所だけはやっていきたいと思います。

コメント