パチンコ店でのパワハラとその対処法【実例アリ】

スポンサーリンク
悩み系

こんばんはリルムです。

パチンコ店で働いて15年が経過しております。

リルム
リルム

パチンコ店はパワハラが多い・・・

上司からオレに。

部下からオレに。

オレはどうすれば良い・・・

今回はその中で経験したパワハラの実例とその対処方について書いていきたいと思います。

パチ屋で働いている人でもそうでない人でも、パワハラで悩んでいるという人はちょっと読んでみてください。

パチンコ店でのパワハラとその対処法

まずはワタシが経験したパワハラの実例から見ていきたいと思います。

んで、パワハラというと「上司からの圧力」というイメージをお持ちかもしれないのですが、「部下からのパワハラ」というのも存在します。

ざっくりとリストアップしてみますね。

パチンコ店で起こるパワハラの実態【一覧】

■上司からのパワハラ

・暴言系(バカ・死ね・無能)

・強要系(脱げ・ボケろ・研修出ろ)

・イヤミ系(もう帰るの?・ラクそうで良いね)

■部下からのパワハラ

・行動系(指示に従わない)

・いじめ系(集団での無視・カゲ口)

・脅迫系(父親が弁護士で・ヤ○ザで)

だいたいこんな感じですかね。すべてワタシの実体験ですw

まあ、どこの会社でも大差ないです(たぶん)

これによって自殺を考えるまで苦しんだワケではなかったのですが、胸の奥がズシンと響くような感覚はなかなか忘れられませんね。

パワハラを回避するコツと対処法は3つ

そもそもパワハラというのは、自分の方に非があったとしても許されるものではないです。

上司に恥をかかせてしまったとか、関係ない部下を誤って叱ってしまった。などの原因があったとしても、精神的苦痛になるほどの言動を浴びせられる関係性はすぐに回避しなくてはいけません。

パワハラを回避するコツと対処法その①味方を作る

パワハラを受けている時の心の「ズシン」はそのままストレスとなって心身に影響を与えます。

なので、最も効率の良い方法は「味方に全力でグチる」ことです。

「オマエよりバカがいるのか?」
「常識もセンスもないからバイトが困ってるよ」
「仕事がない人は早く帰れてうらやましいね」

「オイ、名前だけの役職者」
「指示がないんで帰りますね」

こんな感じでイヤな思いをしたら、すぐに話ができる味方が必要です。

今だったらブラジリアン柔術で相手のクビをへし折りますが、当時は気にしてないフリをしながら意気消沈してましたね。。。

パワーハラスメント | プライマリー・アシスト
primary assistより

個人的な中傷については、パワハラというか「職場いじめ」です。

データで見ても年々上がってますね。パワハラの解釈が過大になったというのもあると思いますが、いつ自分に降りかかってくるか分かりませんので、回避する術は身につけておく必要がありそうです。

【補足】場合によってはにSNSでの発信も良いかもです

あまり会社のグチをツイートするのはNGかもしれませんが、「実際に起きたあり得ないパワハラ」という事案であれば共感を得やすいと思うので拡散される可能性が高いです。

不特定多数からの意見が来るので、少々コワいかもしれませんが、心のよりどころや解決に繋がるヒントをもらえるかもしれません。なにげに世間にも味方はいるのですよ。

パワハラを回避するコツと対処法その②副業をする

続いての方法は「副業」です。

本業で苦しんでいる=仕事なので辞められない

という事かと思います。

なので、イヤなものはイヤだと言えるように収入の柱をつくる作戦です。

・ブログ

・YouTube

・転売

・クラウドソーシング

今の時代は無料で上記のような個人ビジネスを始めることが出来ます。

まとまった収入になるには時間と努力と運も絡んできますが、副業のメリットはお金だけではないです。

副業で得られるたくさんのスキル

先ほども書いた通り、副業は無料で始められる個人ビジネスです。

仮に失敗しても損することはほとんどありません。投資した時間も経験も、スキルとして残るからです。

例えばワタシがやっているブログにしても、広告費を稼ぐ以外に色んなスキルが身につきます。

・WEBマーケティング
・WEBライティング
・ネットリテラシー(情報力)
・人脈の拡大

こんな感じです。

今の時代ネットを使って仕事をすることが当たり前ですので、お金を稼ぎながらこれらの知識を得られるブログは副業としての付加価値は大きいのかなと。

マーケティングとライティングが上達し、情報収集力がアップ。

正しい情報集めとその吸収と応用に慣れてくる。

で、世の中のブログやってる人とドンドン繋がっていく。

(始めたばかりの頃は相互リンクなんかで、クロロさんや楽太郎さんとやりとりをしてました。)

ブログの始め方はこちらにまとめてあります。

副業をやって月10万も稼いでいれば、パワハラをしてくる相手に対し「オレはそれすらネタにして稼いでいるんだぜ」という優越感を持つことが出来ます。

重要なのはこの感情でして、相手と同じ土俵に上がる必要がなくなるので必然的にストレスがなくなりますよ。

パワハラを回避するコツと対処法その③転職する

で、最後は転職です。

ここで言う転職は「イヤだから逃げる」という転職ではなく副業で身につけたチカラによって飛躍するという意味です。もちろん稼げるなら独立もアリです。

今のワタシのフェーズが正にココでして、転職or独立のためにせっせと記事を書いています。

ちなみにワタシの場合は現在パワハラなど受けてないのですが、「生涯年収を上げる」という目標のもとで動いてますので、パチンコ店の店長で停滞しないという選択肢を取ろうとしてます。

WEBのスキルがあれば資格なんていらないです

例えばコチラのサイトで今流行りの「リモートワーク」について調べてみたところ、求人数は1600件余り。

おそらくパチンコ店から転職したい人の多くは、「接客がイヤ」「対人関係がイヤ」という感じもあると思うんで、WEBマーケティング・ライティングのスキルを高めてリモートワーク系に転職というのは極めて理にかなった行動なんです。

【資格・学歴ナシ】パチンコ店員でも使える転職エージェント比較
パチンコ店から転職をしたいと1ミリでも思ったらコチラの記事を読んでみてください。 すぐに転職はしなくても、市場や「転職」そのものの情報を集めておくことは大事な社会人の仕事です。

こういった前向きな転職であれば、自分のスキルを明確に活かせるので成功する可能性が高いです。

スキルが自信になる感じです。

たとえばこんな感じでオファーが来ます

ワタシの場合は「月間で8万PVのブログを運営してます。」という実績とスキルがありますので、今後も伸びていくであろうWEB・IT業界からオファーが来ます。

転職サイトは登録しているだけでマッチングした案件が流れてくるので、PRに書けるスキルが多いほど良いです。

【まとめ】パチンコ店でのパワハラとその対処法

はい、というワケで今回は以上です。

ワタシ自身のパワハラの経験から解決方法を書きました。

バイト・社員・店長。それぞれの立場で人間関係の悩みがあると思いますが、毎日イヤな思いをして帰ってくるだけでは、ホントに鬱とか自殺みたいな話になってしまいます。

味方を作って相談したり、できなければ副業にチャレンジしてみると道は開けるかな。。。と思います。

会社に属さなくても、誰もが稼げる時代になってますので、挑戦する価値はあります。

しかも、ほとんどは無料できるんでぜひ行動してみてください。