パチンコ業界の今後~店長ですら不安ですよ・・・

スポンサーリンク
スポンサーリンク
不安 ビジネス

こんばんはリルムです。

パチンコ業界は売上や遊技人口が下降し、掛かる費用が上がっているため、閉店するお店が増えてきました。

全盛期で18000店舗ほどあったのが、今は9000店舗と15年あまりで半数に減りました。

各法人がなんとか乗り切ろうと、大手や中小問わず四苦八苦しています。

私も店長という身ですから、輪ゴム一個、紙一枚を費用と捉えてムダのない営業を心がけています。

ひと昔前は、パチンコ店の店長といったら高級車と金の腕時計みたいなイメージがあるんですが、あれは店長という名前でも実質はオーナー直属の役員候補とかですので、私のようなサラリーマン店長とは違います。

そういった方たちは年収も数千万あったと思うのですが、私はせいぜい数百万程度です。

▶具体的な数字を知りたい方はコチラ

今回はこうした業界の下降線を踏まえ、今後どのようにパチンコ業界で働くべきかを考えたいと思います。

パチンコ業界で働いている方、特に新卒入社して数年という方へ向けて書いています。

マジで死ぬまで今の会社にいるつもりですか?

パチンコ店長も不安です

不安

冒頭でも書きましたが、パチンコ店は次々と閉店していって生き残りをかけた戦いに突入しています。

大手の戦略は、弱った店の買収を行なって力を増幅させるパワー勝負になり。

中小の戦略は、出店や新台を抑え費用を削りながら力を蓄えるテクニック勝負になっています。

いずれにしても、かつてのような不景気に強い華やかな娯楽業界とは言えなくなってきました。

そこで、私自身も日々不安との戦いになっています。

・業績落ちたら給料下がっちゃうな・・・

・新規出店は難しそうだから会社の売上伸びなそうだな・・・

・風営法違反でいきなり逮捕されたらイヤだな・・・

・このまま今の人気機種がなくなったら会社潰れる可能性もあるな・・・・

ぶっちゃけ仕事中にこんなことを思ったりしています。

部下には悟られないようにしていますが、「パチンコ店の店長」なんていう職種は今のポジションがなくなったら終わりですので、このような突然の不安に襲われたりするのです。

新卒時代の考え

私の新卒時代は全くの世間知らずでした。

パチンコ業界のこともそうですが、流行のことや金を稼ぐといった取り入れるべき情報に無頓着だったのです。

日々、取りあえず出勤してホールを回り、トラブルなく終了すればそれでOK。

スタッフやお客さんからナニも言われなけばそれで仕事はおわりでした。

で、休みの日にはパチンコに行ったりゲオでDVDを大量に借りたりして、翌日の遅番まで寝るという生活でした。

今考えると時間が勿体なかったなーとは思うんですが、大学を卒業して社会人になった時「やっと勉強が終わって、これからは自由に遊べる」的な考えになっていたんですね。

怠ける

責任者になってからもその生活や考えは変わらず、固定された賃金を得るだけの仕事になんの生産性も見出していませんでした。

現金を数えて売上の誤差が出なければOK。

機械トラブルやクレームがなければそれで終わりという繰り返しです。

気付いたら私は結婚し、仕事は簡単に辞めれない状況になっていました。

なんとか頑張って店長になったので、生活に困窮しているわけではありませんが、周りの同級生は年収数千万の人がいたり、企業してフォーブスに載っていたりと、そこそこの格差がありました。

思い返せば大学時代から培っておくべきスキルや知識があったはずなのに、それをしないまま酒とパチンコに日々費やしてきたのです。

そして、パチンコの事ならそこそこ詳しいという理由で何となく就職した今の会社で何となく仕事をしていたという感じです。

同じ境遇の人にお伝えしたいのが、店長になったら給料は上がりますがその先はなかなか見えません。

何となくホールスタッフと同じような仕事をして、何となく現金を数えているだけの仕事を続けるのは楽しいでしょうか。

分かっていても何も行動しないというのが一番勿体ないので、仕事へのやりがいや生涯年収を上げるためにドンドン動くべきです。

パチンコ店の店長になっても、もしその会社が無くなったら資格もスキルもないただのオッサンです。

釘を叩くとか設定を変えるというモノが別の業種で生きることは100%ないです。

店長も新卒社員も身に着けておくべきこと

能力

というわけで、私は自分の不安を解消するためにインターネットで情報発信を始めました。

ブログがまさにそれです。

パチンコ店で働いているだけでは身に付かないようなスキルを習得できるので、釘を叩いている所を見つかって逮捕されても、次の仕事に活かすことが出来ます。

・ブログの執筆

・プログラミング

この二つをかじっているだけで、今後は個人でもビジネス展開できます。

今は習得中ですが、これによって月50万~100万の収入も得ることもできるので、まずはそこを目指していきたいと思います。

特にプログラミングについては、今後は小学生も必須のスキルになるということです。

私もHTML・CSS・PHPを勉強し始めましたが、ぶっちゃけこれって早めに身に着けておかないとヤバいんじゃないかと思ってます。

昔ファミコンをやっていた時、父親やじいちゃんばあちゃんよりも上手にできたと思います。

これと同じ現象で、プログラミングも小学生がすいすいやっているのを、我々がぽかんと眺めるような時代になるかもしれません。

スキルが備わらない仕事に多大な時間を費やすのは、今の時代生産性に欠けます。

であれば、給料は稼ぎつつも副業でブログやプログラミングを学んでいく方が圧倒的に価値があると思います。

エンジニアの需要と年収は上がり続けていますからね。

パチンコ業界とは逆を行ってます。(これが流行や世間を知るってことです)

私もブログでウェブマーケティングを駆使しながら、プログラミングで自己スキルを上げています。

本業プラスでこれらをこなすのは正直キツイですが、パチンコ店の新卒で給料が上がらないと嘆いているだけの人は、独学でできて金も掛からないこれらを習得することをおすすめします。

インドやアメリカの同世代はみんな努力して稼いでいます。

学歴は変えられないので、変えるなら仕事以外の時間の使い方です。

いろはに愛姫打ってる場合じゃないですよ。

コメント