パチンコ店の「不正」 ー序ー

昔話

私が当ブログが開設したきっかけといいますか、これを書きたくてブログを開設したと言っても過言ではない記事であります。

「ブチ切れ!」というタイトルがついたのもコイツのせいではないかと思うほど、血沸く内容になっております。

それではどうぞ。

不正事案

私が経験した、パチンコ店における不正の案件は数多く存在します。

系列店で不正が起こっていて、いきなり「懲戒解雇」として知ってるやつがクビになったというFAXが流れてきたり、同じ店で働いていたヤツが手を染めていたりと事の大小はあれど様々なケースを見てきました。

落とし物の現金カードをパクッて勝手に清算し、小銭を稼いでいた責任者とかもいましたね。

関連記事↓

また、友達に会員カードを作らせて、そこに落ちメダルや落ち玉をちょっとづつ貯玉して小遣い稼ぎしていた奴もいました。

こうしたケチな不正は下っ端のヤツらが悪知恵を働かせて実行するパターンが多いのですが、店長クラスで不正をやるってなると一番多いのが

設定漏洩に他ならない

今回のケースでは店長より上の人間が打ち子を雇い、設定漏洩に携わっていた話である。

ケフカとのやりとり

まず、犯人についてですが以前記事にもした元ゴミ上司

ケフカ

関連記事↓

コイツはとっくにクビになって瓦礫の塔に幽閉されていることと思いますが、コイツに疑惑がかかった経緯について説明したいと思います。

あるイベント日のこと。

私は当日の朝ケフカと電話で話していて、設定配分などを相談していました。

主要機はどのくらいの設定にするか、バラエティはどうするかなど結構細かく調整したような気がします。

そこで、バラエティの全く予想外の機種に設定を入れたら面白いんじゃないかみたいな話になりました。

色いろな台に設定を入れたのですが、記憶にあるのがコイツ

「魁!男塾」

一撃性能がめっちゃ強いAT機ですね。

万枚も狙える超問題児でした。

で、後はテキトーにジャグラーなどのAタイプにも設定をいれつつ開店を迎えました。

その日は結構反応があって、客数も多く出玉感もあってイベントとしては成功かと思いました。

当の男塾も3000枚くらい+になっていて、まあ誤爆もなく設定通りに出たし、6だって伝われば良かったなという感じで終了しました。

イベント再臨

そこから月末に入り、再びイベント日がやってきました。

当日の朝、ケフカと再びやり取りをしておったのですが、今回は月末の信頼度高めのイベントということで「ミリオンゴッド神々の凱旋」に設定を入れようということになりました。

ベース設定高め+6も投入となれば、余裕の赤字が見えてきます。

ただ、今回はそういうイベントなのだと思いそれに従うことにしました。

いざ開店・・・

わらわらと入店したお客さんはゴッドには見向きもせず、まずはバジリスク絆狙い。

あとは固くバーサスや新台のバラエティを狙ってくる感じでした。

まーいくらイベント日でもゴッドの設定狙いってあんまないよなー

と思っていると1人の男性客が着席。

その人は、みんなが狙っているバジリスクとかをスルーして、10台あったゴッドに一発ツモで6に座っていました。

フル稼働の中から6がじわじわ出てくるのは良いんですが、このように稼働が無い所で一発ツモされるのは、店長としたらちょっと悔しい気持ちになります。

ま、まあしょうがない。

あとは結果に任せるしか・・・・・・・・・ん・・・・?

その時一発ツモした客をモニター越しに良く見てみると

「この間男塾の6打ってたヤツじゃん」

前回の時からそのお客については、「見たことないけどイベント日だからなぁ」

くらいにしか思っていませんでしたが、不思議と記憶に残っていました。

ソイツの名前は分かりやすく「桃太郎」

男塾の件についても「6」って気づいてくれて、常連になってくれればなぁという感覚でした。

しかし、今回のゴッドの一発ツモ。

ここでちょっとした不安がよぎるようになりました。

そして確信へ

イベント日で連続2回の6ツモ。

偶然ももちろんありうるのですが、こういったことって目立つし何よりも違和感があります。

私も当時確証はなかったのですが、存分に違和感はありました。

見たことない奴がイベント日だけ来て2連続6ツモ・・・・

そして、そんなモヤモヤを抱えたまま何日か過ぎたころ、平日に思わぬ出来事がおきました。

チンピラからクレームが来たのです。

to be continued……

昔話
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ブチ切れ!リルムのぱちんこ24時

コメント