パチンコ・スロット【勝ち逃げ】の重要性

スポンサーリンク
スポンサーリンク
nigeru 業界ネタ

こんばんはリルムです。

先日ひっさしぶりにスロットを打ってきました。

パチンコ・スロットって金も使いますけど、同時に時間も使いますので一通りまとまったそれらを確保するのが大変だったりします。

大半は金がないって理由かと思いますが、私の場合は最近ブログやネットビジネスの方にウェイトを置いていて、自店以外のパチンコ店に入っていませんでした。

(金あるし、忙しいアピール)

で、4月からの分煙化に向かって近所の店が喫煙ブースを作り始めているというので様子を見に行くついでに打ってきました。

パチンコ・スロットの基本は勝ち逃げ

今回実践した機種は「ツインドラゴンハナハナ」でした。

今設置されているハナハナの中では一番好きかもしれません。

ボーナス中の音とかもそうなんですけど、筐体や演出バランスが一番良いからですね。

あとは単純に設置台数が多いのでハナハナの中で一番設定が優遇されてる傾向があるからです。

余談ですが、そんなハナハナの設定を使っている側としていつも思っていたことあります。

「みんな見切りが早い!」

設定4~6を入れても300回転くらいで捨てられてしまうことはザラにあります。

みんなカチカチ使ってるくせに、よゆーで高設定で捨ててんじゃん!

こんな状況が良くあります。

しかし、ウラを返せばハナハナの設定推測ってそれほど難しいことなんだと思います。

実践内容

今回私が打ち始めたのはBB:1 RB:2、300回転で捨てられている台でした。

総回転数は500ほどです。

なぜこれを打ち始めたかというと、

角台だからです。

あと、その日は旧イベント日でそこそこ設定に期待できたものですから台を選ぶ余裕もなく、500回転くらいじゃ分からんだろう。

何ならこういう台が意外と高設定なんだぜ!

っていう全く根拠のない立ち回りでした。

台選び適当すぎw

そんな中打ち始めると、6回転ほどでBIGを引き連チャンしていきます。

ハナ連4回引き、BB2(スイカ4) RB:2(赤赤)という内容で④は固いんじゃないかという感じでした。

私の中でハナハナの設定④は十分に闘える設定で、2000枚くらいのプラスなら存分に狙える範囲です。

実際オール④のハナハナの出玉感はお客さんに十分伝わります。

(オール④っぽいってのも伝わりますが)

さらに、そうこうしているうちに200回転ほどで引いたRBでサイドレインボーが出たのです。

思わず解析を調べてみると

「高設定濃厚」とのこと

ビッグ中のスイカが取れていて、RBのサイドランプが「赤赤虹」

となればもはやカチカチと小役のカウントなぞしてる場合ではありません。

ブンマワス!!!!!

その後も調子が良く

6G:RB(黄)

2G:BB(スイカ1)

1G:BB(スイカ1)

と沖ドキになりかけていたところで、獲得枚数も2000枚に達しました。

ここまでの所要時間が概ね1時間程度。

AT機にも負けない爆発力にもはや高設定を確信していた矢先に事件がおきました。

800ハマり(BB)スイカ無し

400ハマり(BB)スイカ無し

スランプグラフは急降下を始め、およそ1500枚程度のコインを吸収してしまいました。

これまで一桁で当たっていた事実がウソのようにハマりはじめ、見事に逆噴射をくらうことになったのです。

先ほど描いていた虹はどこへやら、データランプのスランプグラフとして表示されていました。

こうなった時のユーザーの心理はきまってこうなります。

コレ、さすがに遠隔やろ・・・・

合算確率は1/150ほどで推移しているものの、中身が破天荒すぎて「遠隔信者」が出てきてもおかしくない状況です。

店長の私ですらそう思うのですから、日常的にパチンコ・スロットを打っている人であればなおさらこのような「確率の戯れ」に翻弄されているのでしょう。

設定示唆は無意味です

ということで、結論からいって「設定示唆」は無意味です。

「確定」なら別ですが「高設定示唆」ほど簡単に裏切るものはありません。

今回でいうと設定④以上、なんなら⑥だった可能性も全然ありますが、結局それらを妄信してしまうと「辞め時」を見誤ることになるので、デメリットが大きいと思うのです。

大切なのは、勝つこと=手元に多くのメダルを残すこと

ですので、スイカがどれほど取れていようが、レインボーが2,3回出てようが、ある程度「勝ち」が確定している時点でヤメる選択肢を考えておくべきだと思います。

確信がないまま打ち続けた結果、出ていたメダルが全飲まれプラス追加投資で負けるとか悲惨すぎです。

そんで、「いや⑤⑥っぽかったんだけど」とかいう言い訳をしているのはヌルいですね。

本当に高設定であればその後に復活する可能性もありますけど、高設定濃厚というだけの台への投資は一定のラインを超えたらやめてOKです。

ということで、今回はみなさん見切りが早いですが、勝っているならそれもアリっていう話です。

ハナハナに限ったことでいうと、途中でバケフラやサイドレインボーが出ただけでぶん回しを決め込むと

勝どきを逃がす可能性があるので、設定示唆に踊らされず常に最大値でのやめ時を考えることが重要です。

そんなことは分かっている!

という人もいると思いますが、実際ホールでサイドレインボーを1回目にしただけで思考停止しますからマジで要注意です。

目的は高設定示唆を見ることでも、高設定っぽい台を打つことでもなく勝つことです。

⑥でも負ければ意味ないです。

ぜひ今の台の高設定示唆に騙されず、うまく立ち回ってください。

コメント