パチンコ店の年末年始は回収なのか【令和】

スポンサーリンク
shougatu 業界ネタ

こんにちはリルムです。

クリスマスが来ようとしていますが、それと同時に年末です。

そしてすぐに年始になります。

・・・・当たり前なんですが、皆さん切り替えが早いというか、感情が豊かというか。

大人になるとただ、多忙と出費が重なるだけの約10日間です。

特にわれわれのようなパチンコ業界は休みなしですし、通常の休日よりもさらにお客さんが来る繁忙期となります。

世間では年末年始のパチンコ店は「超絶回収期」と認知されていますが、実際の所はどうなのでしょうか。

年末年始のパチンコ店は「回収」です

実際の当店の計画から見ていきましょう。

世間の噂通り、

「徹底的に回収に走ります」

「多分最初の10日間くらいで月間利益の40%くらいは回収・・・・」

これがどの程度かピンとこない方もいるかと思いますが、

スロットでいうとオール①・②だと思ってください。

ジャグラー系が②、あと全部①です。

無双は千円スタート14~15回

海は千円スタート17~18回

とかでしょうか。

もう一度言います。

「徹底的に出しません」

年末年始はなぜ出さないのか

なぜ、この時期に回収するのかは簡単な理由があります。

「出さなくてもお客さんが来るからです。」

出さなくても客が来るなら取りあえず回収しておいて、繁忙期が終わったころに常連さんへ還元するのがセオリーです。

これだけ情報化社会が進んで「年末年始のパチ屋は出さない」というレッテルが貼られているにも関わらず、毎年この時期は確実に忙しくなります。

そもそもこの忙しさが何かというと、普段その地域にいない帰省客であったり、普段はあまり来店しないライトユーザーがまとまって来るからですね。

この人たちは残念ながら普段来るユーザーじゃないので、還元しても無意味だと考えられています。

そのため、繁忙期ほどパチンコ店は回収しておこうとするのです。

ただ、この理論はどこも同じです。

ホテルも繁忙期は値段が上がりますし、スーパーもおかずの寄せ集めを正月セットをとして高めで売っています。

単純に需要が高まるので、その分値段も上がるということも考えられますが、多少高くてもお客さんは雰囲気とテンションで金を払いますから、サービス業はどこもこういった収益チャンスを逃しません。

年末年始のオススメ機種

ここまで「出さない!」と言われると、逆に見に行きたくなるのがユーザーの心理。

そこで、パチンコ店の回収期に立ち回る方法をお教えしようと思います。

①1撃性の高い台を打つ

スロットに関していえば、ゴッド凱旋一択です。

実際設定①でもクソほど赤字になる機械なので、腹を据えて10万くらい持ってくれば勝率が一番高いかもしれません。

旧基準機がなくなっている今ですが、「ゴッド凱旋」「沖ドキ」「サラ番」などは残っています。

この中でも天井性能が強くて、確定役が引きすやくなおかつ夢がある機械は「ゴッド凱旋」しかありません。

②低設定でも甘い機械を打つ

もはや「ディスクアップ」以外候補はありませんが、実は6号機でも低設定で負けにくい機械は存在します。

高設定が入らないのは確実なので、見るべきポイントは設定①の機械割です。

これが98%前後とかの台であれば、正月といえどもまだ闘えます。

機械割の参考はコチラから

稼働が高ければハイエナも狙えますので、景気づけに打ち散らかすのもアリですが少しでも賢い立ち回りをした方が良いです。

③パチンコの勝負は3万まで

パチンコはどの台も回りません。

しかし、年末年始に来る人は「打ち納め」「初打ち」などの運試し要素で来ているわけですから、好きな台を打つべきだと思います。

回収期間といっても、大当り確率は変わりませんから当たるときは当たりますし、5万~10万勝てる人だっています。

ならば、多少回らなくたって好きな台を選んで打った方が良いです。

ただ、パチンコ以外でも使う金を残した上で・・・3万もあれば運試しは十分です。

年始はいつから出すか

先ほどのツイートの通り、11日~頃から徐々に戻ってくると思います。

もしくは6日から放出し始めて11~13日の連休は回収するかどちらかです。

なので、12/28~1/5までの9日間は概ね回収期間で間違いないでしょう。

さすがにこの期間ずーっとシメまくりのオール①はないと思いますが、負ける人の方が多いのは確実です。

上手く立ち回るか、運試しするか、雰囲気を楽しみに来るか

色んな方のご来店お待ちしております。

コメント