新台のパチンコ台で真っ先にやること

sindai irekae 業界ネタ

こんにちはリルムです。

パチンコの新台入替で、導入からの一連の流れを説明したいと思います。

最近はボックスでの導入もほぼ無くなってきていて、牙狼や北斗、エヴァなんかもネームバリューだけでは大量導入をしなくなってきました。

スペックダウンと共にパチンコ人口の減少もあり、新台=集客というのも成り立たなくなっています。

大量導入をすればそれだけ稼働が上がるわけではなく、店舗のレベルに応じた適切な台数の導入が求められてきます。

スポンサーリンク

新台入替の作業

パチンコ店において色んな意味でミスできない日が、新台入替です。

前日の閉店後に入替作業を行って、翌日の営業に備えます。

実はこの入替作業の時に様々なことが起こっています。

新台が故障する面倒くささ

新台というのは、開放日に警察の検査を受け、申請した内容と異なっていないかチェックされた上で開放することが許可されます。

そして、通常通りの遊技ができて初めて新台開放となるのです。

なので、前日の入替作業の段階で故障してしまうと、許可を受けることができなくなるのでクソほど面倒な事態になってしまいます。

例えば、牙狼10台を導入予定の新台入替で、作業時に台を倒すか何かで裏の基盤が故障してしまったとします。

そうすると電源を入れても画面が表示されなかったり、玉が発射されないなどのトラブルになってしまいます。

当然開放はできないわけですから、この台は承認を受けることができません。

そうすると、その台の申請を取り下げる書類を提出し、もう一回書類を出して承認を受け直す必要があります。

新台としてお客さんの前に早く出したいのに、手間がかかる上に1週間2週間と開放が遅れてしまうのです。

最近の台は余計なものがついているため、1台50キロくらいの台もあります。

貧弱なフリーター君ごときでは、持つことができず台をぶっ倒してしまうことも考えられますので、入替作業はケガと同時に台の故障も気を付けなければなりません。

新台の運用

パチンコの新台は遊技釘問題の影響で、釘チェックシートたるものがセットで納品されることとなりました。

これを使い、新台納品時に業者がチェックすることで、納品された台の釘の配置は問題なかったということになります。

逆にいうと

その後に釘チェックシートと遊技台の釘の位置が明らかにズレていたら、どっかの誰かが釘をうごかしたんじゃあねぇのか?

ということになります。

遊技釘問題はおよそ2年前くらいから本格的な取り組みになりました。

それまではパチンコ台の釘を叩くってこと自体が「違法だけどスルー」されていたことです。

警察は無承認変更にあまり関与ぜず、社会的に大きな問題になりそうな場合を除いてあまり取り締まってきませんでした。

だから最近の某大手法人の営業停止とかは、業界に大きな衝撃を与えたと思います。

ヤフーニュースになったくらいですから、全国のお店の店長はマジで気を付けようと思っているはずです。

新台の釘で真っ先にやること

と思っているはずなのですが、全国のお店はガンガン釘を叩いています。

会社の方針によってどういう建前でいくのかは色いろあると思いますが、叩いていることに変わりはありません。

現状は、警察が目を付けないように「ハデにやらない」ってことだけです。

新台についても、当然のように釘を叩きます。

しかし、警察の検査の当日だけは触らないってのがセオリーになるかと思います。

その時点で釘シートと合致しなかったら即死ですので、どんなアホでもその日に触るってことはしないでしょう。

基本的には翌日の開店前にデータを見ながら調整していくような感じです。

新台はメーカーや機械によって分かれますが、無調整の台だと「超甘いか・辛いか」のどっちかになりやすいです。

だからコイツを調整していかないと、店的にはどっちに転んでも良い影響はありません。

最近の新台は、一般入賞口に入りやすい代わりにヘソに入りにくいようなゲージになっています。

*一般入賞口とは盤面の左下とかに配置されているもので、玉が入ると3~4個ちょろっと玉が出てくるアレです。

そこで調整するわけですが、大体真っ先にやるパターンがこの一般入賞口をシメてヘソを開けます。

メーカーが正しいゲージで納品してきたことと真逆の事をやるわけです。

理由は簡単で、その方がお客さんが付きやすいからです。

玉持ちが良くても図柄が動かなかったら、つまらないですからね・・・

パチンコの新台は打つべきかどうか

パチンコの新台は私の経験上打つべきだと思います。

仮にどんなクソ台であっても早い段階で見せ場は作りますので、導入後1週間は様子を見ます。

ただ、連日何万発も赤字になるようであれば、1週間以内でも運用は見直しますし、その週の土日も回収に走ると思います。

もし打つのであれば、それまでのデータでそこまで出ていない台を狙った方が勝ちやすいかもしれません。

今はネットの情報でボーダーの回転数も見れますので、参考にしながら打つこともできます。

でもネットに出回っているボーダーってちょっと高めに設定されているような気がしなくもないです。

ボーダー22回とか書いてあったら、20回でも十分打てる範疇だったり。

しかし最近のパチンコは皆口をそろえて「つまらない」と言いますね・・・

当たらない。続かない。出ない。

これに回らないがプラスされればそりゃそうでしょう。

直近だと牙狼の新台が話題ですが、あの台もボーダーが甘いということなので多分回りません。

釘問題の真っ只中に回らない新台の話題機種と、店側はどう向き合えばよいのでしょうか。

取りあえず私の役目は、会社の利益と稼働の真ん中を維持するように釘をぶっ叩くだけですがね。

業界ネタ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ブチ切れ!リルムのぱちんこ24時

コメント