「カチカチ君」は必要かどうか

kachikachi 業界ネタ

4号機時代には使ってる人なんていなかったのですが、5号機になって小役での設定差というものに着目して利用者が急増していった「カチカチ君」です。

4号機時代は主にボーナス確率に設定差があり、今でいう456確定演出なんてなかったし小役カウント、特にベルを数えるなんていう七めんどくせー作業なんてやってるやつはいなかった。

しかし時は流れ時代は5号機へ完全移行しつつある中で、小役を数えることで設定を看破できるなんてことが騒がれてから、この「カチカチ君」の存在はスロッターの必須アイテムとなり、夕方からのリーマンもカチカチと見よう見まねで小役をカウントするという事態になっていった。

カチカチの価値

カチカチのヒットとなったのは多分こいつがきっかけ

各小役に設定差があり、カチカチ君を世に広めたインフルエンサーの5号機代表である。

初代より作りこまれていて、ビッグの獲得枚数が多い上に長く打てる機械でした。

2000枚くらいの出玉を出すのに結構な時間がかかりましたが、演出面ですべてカバーしており飽きないゲーム性が大ヒットを生んだのでした。

その後、Aタイプに関わらず何かと小役による設定差がはびこり、スロット知識ある=カチカチみたいな風潮があってコンビニでカチカチが売れまくる事態になったわけです。

そういえば、ある時年配のお客さんから、変な機械使ってスロットやってる客がいるっていうクレームが来ました。

小役を数えているセミプロがそこそこ出してるもんだから、こいつはゴト師だ!と思ったのでしょう。

小役確率なんて良くわからないおばちゃんからすれば、カチカチなんて知ってるはずもないワケなので怪しまれるのも当然かと思います。

しかし、こういったおばちゃんの方が短時間でBIGを連チャンさせていって、結果あっさり勝って帰るというパターンがあるのも事実であります。


では実際に「カチカチ君」は必要なのか。

結論から言うと

「多分使った方が良い」

なぜかというと、無職透明の透明ニートさんがこぞって使ってるから。

私個人的には、面倒くさいし短時間でのブレ幅についていけないという理由でいらない派なのだが、スロプーもライターもみんな使っているんだから効果はあるのでしょう。

私個人的には、設定6なんて皆無なのにカチカチやってるのは滑稽でしかないし、やった結果2~3万負けとかどうゆう言い訳にするのか分からないのでやらない派なのだが、やっている人にうまい人が多いので、「やった方が良い」んだと思います。

ただ、やはり数値はブレますし、ジャグラーのブドウとかあの確率差を分析するのに数千Gのサンプルではどうしようもありません。

5000G回して合算1/160の台がブドウ良いからって回さないでしょう。。。

だから「カチカチ君」の使用に関しては異議ありませんが、ど平日のAタイプを回してるただのニートは自己満でしかないのではないかと思ってしまいます。

何といっても結果の設定自体が分からないですからね。


だからカチカチを使うのであれば、分母大き目のものをカウントすると良いと思います。

例えば、ミリオンゴッド神々の凱旋のGOD確率をカチカチしてみたり、すると確率以上に引けているから勝てる!

みたいなビジョンも生まれてくると思います。

まあこれは冗談としても、せめてハナビの氷くらいが目安じゃないでしょうか。

あとのベルやブドウは数えるだけ無駄です。

特にジャグラーのブドウは、それよりもボーナスが降ってきてしまった場合、逆に信憑性が無くなってしまうこともあります。

何といっても答えはわからないのですから。

低設定でも6みたいな動きをすることがありますし、メーカー側もアホじゃありません。

それ相応に低設定も高設定と同じように動く時があるように作ってあります。


だから総合的に見て「カチカチ君」は使わなくてもあんま変わらないんじゃないか

というのが私の持論です。

ただここでが勝ち負けが分かれてくるポイントがあるのは事実かと思います。

そもそもうまい人で「カチカチ君」を使っている理由は、その日の勝ち負けよりもフィードバックがメインかと思います。

今日打った台は設定○○っぽかった。

出玉はこのくらい。

最高ハマりはこのくらい。

といった推測からなる結果によって自分の感性が磨かれていくのである。

そうすると、同じ傾向の台に当たった時に続行かやめるかの判断ができるので、これは勝率の方に響いてきそうな気はします。

この記事を書いていて、アンチ「カチカチ君」だったわけですが、よくよく考えてみると使っている人も多いわけだし、ニートだろうが何だろうがPDCAをうまく回せる人が勝てるんだなと思いました。

「カチカチ君」が必要かどうかはその人の使い方によるもの。

ただその日の小役をカチカチやって、勝った負けた、6じゃなかったという「点」での作業だけじゃその後の立ち回りも成長しないといったところですね。

業界ネタ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ブチ切れ!リルムのぱちんこ24時

コメント