【ガクブル案件】アドセンスのアカウント停止で焦っているアナタへ

スポンサーリンク
ビジネス

こんばんはリルム@rireme33です。

ブログ運営に関する記事を書いていきます。

個人ブログを始めた方は、ほぼ確実に申請を出すであろう「Googleアドセンス」

コイツは審査やルールが厳しい反面、クリック単価が高く、ブログの上級者になるまでの収益源になるものです。

で、今回はこの「厳しい審査」に通ったは良いけど、「厳しいルール」によって広告配信を抹消されてしまった哀れなブロガーのために記事を書いていきたいと思います。

・ゴメン!もうしないから何とか復活する方法はないの!?

・これはアカン( ゚Д゚)。。。他の収益源になる広告はないの!?

・いや、そんなビビらせて1カ月くらい経てば実は使えたりしないの!?

安心してください。ブログ3年目のワタシは全て経験済みですので、これらの疑問に立石に水の如く回答できます。

それではどうぞ。

スポンサーリンク

アドセンスのアカウント停止で焦っているアナタへ

結論。

理由はどうあれ、アドセンスが使えなくなった人は無言で諦めるしかないです。

が!

それでも続けて10万PV&月間数万円の収益を出しているワタシがいますので、ブログ運営はアドセンスが全てではないということはハッキリ言えます。(ブログそのものはあきらめないで。)

てことで、まずはワタシの例を書いておきますね。

・ブログ開始1カ月でアドセンス合格

・しかし、その半年後に1カ月のアカウント停止の通達が来る

・さらにその1カ月後にめでたくアカウント抹消の通達が来る

・ブログジンオワ

アカウントの停止は突然来る

Googleアドセンスは運営者に課せられるルールが厳しいです。(いわゆるポリシー違反)

コレです。

そして、これに何かしらの違反があると以下のようなメールにて通達が来ます。

今となっては過去の話ですが、当時このメールが来たときは「停止・オブザ・心肺」になりましたね。

そしてこのメールの内容から察するに、原因は「無効な操作(自己クリック)の疑い」

要するに自分で自分の広告をクリックしたという不正です。

自己クリックはNG!オウンゴールです

これについて。

ワタシの場合は危機感足りなかったんだと思います。

ブログの広告は、自分で見直している時に間違ってクリックしてしまったり、スマホの画面が濡れていて広告の箇所を連続でクリックしてしまうということが起こりえます。

リルム
リルム

自分のパソコンで自分のブログから広告をクリックするほどアホではないので、単に収益を上げようとしたわけではなかったのですが。

しかし、「AdSence Team(チーム」と呼ばれる広告管理の警備隊にはアウトサイダーとして弾かれてしまいました。

一応、ポリシー違反が意図的ではない旨を伝えることはできるのですが、判決は有罪でした(^^♪

なので、ポリシー違反には十分に注意して広告運用をすることをおすすめします。

これに引っ掛かると、YouTubeの収益化も一生できなくなります。

「一生」です。

アドセンスがダメなら、代わりに他の広告を配信できないものか

クソが―!じゃあどうすりゃ良い・・・・

アドセンスがムリなら、他の広告で代替品はあるんかいな・・・

リルム
リルム

朗報だがね。

いっぱいあるだよ。

しかし、残念ながらアドセンスに勝てる広告はほぼないです( ゚Д゚)

これはアウトサイダーの運命ですね。。。

アドセンスに代わる広告4選「実際に試してみた」

クリック型広告:【nend】

「nend」はアドセンスの代用品として幅広く使われている有名なツールです。

しかし、クリック単価は1円~8円ほどと低め。

ワタシのブログが8万PVの時で月間の収益は500円くらいでした。

ちなみにスマホ特化型の広告なので、パソコンには広告が反映されないという特徴があります。

ワタシの収益に関しては、広告の数や内容によって左右しますので単なる一例です。

ただ、アドセンスが消えてヒーハー言ってるくらいのPVであれば、理想の収益とは遠いかもしれません。

最低支払金額は5000円なのですが、それを達成するまでに@1年2カ月かかってますね”(-“”-)”

クリック型広告:【忍者AdMax】

続きまして、「忍者AdMax」ですが。

これについては、nend以上にキツイです。

あまりにも収益化の可能性が低いので、最低支払金額を超えた時点で広告を消しました。

ぶっちゃけこの単価でユーザーのジャマをする広告を配信するならやらない方が良いと思います。

クリック型広告:【fam-8】【G’sAD】

次に「fam-8」と「G’sAD」についてなのですが、これらはアクセスが集まり始めてから向こうから配信の依頼が来ました。

「nend」「忍者AdMax」についてはだれでも登録できる広告サービスなのですが、このようにクローズドで依頼される広告のパターンもあります。

これはアドセンスほど高い報酬は望めないものの、フリーで登録できる広告サービスに比べて高いクリック単価を出してくれます。

【結論】アドセンスがなくなったらアクセスアップに集中

というワケで今回は以上です。

アドセンスが貼れないのはショックですが、ここで稼げないと諦めているレベルの人は、そもそもアクセスが低すぎる問題もあると思います。

有名なブロガーとか稼いでいるサイトを見ると、彼らはアドセンスを全て外しています。

つまり、サイトが成長してくるとクリック型の広告というのはジャマになってくるのです。

将来的にはそういうブログになるように積み上げていくことが重要であって、アドセンスが貼れない=終わりではないと思います。

アマゾンを含めたアフィリエイトや、純広告とか独自のビジネスに繋がる可能性があるのがブログです。

副業としてのプラットフォームとしてはコスパは良いと思いますけどね。

アドセンスがなくなった所でブログを続けている人はたくさんいますので、クリック型みたいな嫌われる広告に頼らなくても勝てるビジネスを構築していきましょう。

コメント