【40代】パチンコ店員の悩み「この会社終ってるわ」

スポンサーリンク
上司業界ネタ

こんばんはリルムです。

今回はちょっとパチンコ店員のマジな悩みについてです。

「ダメだこの会社」

「社長がそれじゃダメだわ」

「やれと言うなら何でもやりますよ」

こんな感じで激烈にやさぐれている「キャリアの長い社員~役職」について。

ちょっと身近に具体例があったので、こんな問題について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

パチンコ店員の悩み【金銭的&将来的に】

手

ここからはワタシの部下でありながら年上の先輩であった役職者の話です。

40代パチンコ店役職者の悩み

・業界歴20年

・40代

・役職歴は長いけど店長ではない

・各店を異動しているが昇格する気はない

・というか会社の待遇に超絶な不満を抱いている

ワタシの部下にこんな人がいるのですが、一つの大きな悩みを持っています。

それは

会社がとてつもなくキライであるということ

待遇への不満・経営陣への不満

毎日の仕事は難なくこなし、クレームや部下指導も当たり前のようにできるのですが、何と言ってもやる気がありません。

・ホールは出ないでネットサーフィン

・細かい作業はすべて下の人間にパス

・トラブルが重なるとあからさまに機嫌が悪くなる

・口を開けば「この会社終わってる」

などなど。かなり重症です。

彼がここまでの不満をためていたのは理由があります。

それが会社の待遇に関してです。

・半年~1年ペースで右からひだりと異動をさせられまくっていた。

・単身赴任の手当が少なかった。

・20年働いてるのに手取が全然上がってこない。

・経営者はムリばかりを言ってきて、社員を大事にしていない。

このように、会社に所属はしているもののナニかある度に不満を口にしておりました。

大きくは給与面の不満

不満の理由の大きなポイントとしては、「金が少ない」というダイレクトな部分かと思います。

入社した当初はモチベーションも高く、店長を目指していたこともあったけど、次第に会社に対する不満が大きくなって昇格する気がなくなった。

取りあえず続けてはいるけど、辞める勇気も資格も能力もない。

だから、「何とかしてくれ」と会社にSOSを出しているが、給料が上がる気配はない。

ざっとこんな感じです。

不満は意味がないので自分の実力不足を反省すべき

こういうパターンで会社に不満を持っている人は良くいます。

・会社は社員を大事にしない

・本社のやつらはクソだ

・給料が低すぎる

・待遇が悪い

しかし、ここで

リルム
リルム

そんなにイヤなら辞めれば良いじゃん

というと、不思議と言葉が詰まってしまうのですよね。

良くわかりますよ。

ホンネは「オレだって辞めたい」だけど、転職の経験もないし、資格だってナシ。

副業も起業も良くわからないから、そのまま解決策が出ないうちに時間が過ぎていく感じですよね。

子どものように不満を口にしてても現状は変わらない

会社への不満は誰でもあります。

8時に来て17時に帰って、年収2000万くらいよこせよ。

なんて、みなさん同じこと思ってるハズなんで。

ただ、今のアナタの状態は「税金上げるな!」と言って国に不満をぶつけるだけの人とあんま変わりません。

要するに、自分ごときではナニも変えられない所にむかって吠えてるだけの可哀そうな人なんです。

いくら国民が吠えても国は増税したし、我われは、もはやそれが普通になって生活しちゃってますね。

言ってもムダな所には、「言えるだけの実績を持つか、ガマンするか」しかないのです。

なので

・給料が低い → 金稼ぐ方法は無限にあります

・会社の待遇が悪い → そこに入ったアナタが悪いです

・社長がダメだわ → じゃあアナタが起業すれば良いです

まずは、今の状況に陥っている原因が自分にあることを自覚しなければ何も進みません。

会社が何とかしくれると思って依存してた結果が今なので仕方ないです。

大手企業でもリストラがある時代に、パチンコ店に終身雇用なんてあるワケがねーですよ。

早いうちにそこに気づいて再復帰したいが

30代・40代というと、「副業解禁」「終身雇用崩壊」「働き方改革」など、どこかの会社に就職して、その給料で人生設計をしていくかどうかの瀬戸際にいた世代かもしれません。

そうすると

もしかしたら、チャレンジの数が減ってるのかもしれません。

会社の中で頑張る→昇格する

ここ以外でチャレンジする思考がないorそれも辞めてしまっている。

 

令和3年・・・行動が全て。個人で考えて動いて人生設計をする時代ですよ。

自分の会社がダメなんじゃなくて、会社に依存しているのがダメなんです。

ダメだと思ったら行動してほしいんですが、99%くらいの人はやりません。

休日はパチンコ、ゲーム、寝る、買い物、飲み会・・・・

イヤな仕事で無駄な時間を過ごして、その反動で休み時間に余暇を過ごして。

そんな人に年収をあげる価値があるワケがないナリよ。

・仮想通貨

・ブログ

・YouTube

・資格取得

・転職

・ツイッター発信

何でも良いけど、パッと思いついたコレ。全部やればどこかでちょっとずつ人生変わってきますよ。

ワタシも転職はしてませんが、ブログは月間10万PVで副収入を得て、仮想通貨で資産を日増しに増やしています。

リルム
リルム

店長もこうやって努力してるんだから、オマエらもモンクばっか言ってないでやれよー

というのが正直な意見であります。

副業がバレる?

税金はどうする?

やり方が分からない?

安心してください、失敗するんで。

ただ、この辺に今の状態から抜け出して、給料以上に稼げるチャンスがあるんであれば、やってみる価値はあるんじゃないでしょうか。

どうせ、今のパチ屋に勤めててもそのまま死ぬか会社が潰れるかのどっちかの未来じゃないですか。

今の会社でヤル気がなくなったら、そのままでできることを探していかないと、会社と共に沈んで試合終了ですよ。

副業

ブログや副業に関して

早めに気づきましょう。

会社が終わってるんじゃなくて自分が終わってるんだと・・・

コメント