スロット出る機種・甘い機種~2019年

2019 業界ネタ

今年も半年が経過しようとしていますので、まとめシリーズに行ってみたいと思います。

この夏が終われば、まどマギを筆頭に優秀機が次々と撤去されていきます。

そんな中、割と甘く推移する機種とかがあれば立ち回りの参考になるかと思いますので、公表していきたいと思います。

半年間で利益が取れていない機種

設定の使い方は機種によって様々ですし、もちろん半年間設定1で投げっぱなしにしていた台はありません。

ですが、当店の現状設置している機種の中で、結果的に利益が取れていない。

すなわち甘く運用したか、あるいは推移してしまった機種を公開したいと思います。

打つ台が無い時は、こういった機種を立ち回ると意外な勝ちが拾えるかもしれませんよ!

それでは行ってみましょう!

①ディスクアップ

利益率0.6%

ほとんどチャラです。

台粗を見てみると1日平均およそ

「200円」チーン

コンビニで買い物のついでに

「ビッグフランクとから揚げ棒」頼んでいるアナタ!

ディスクアップ打つより負けてますよ

まあ、この台に関してはあえて甘い理由を説明することもないでしょう。

ただ、ベタピンでもこれほど取れない機械ってあんまないですよね。

(サクラ大戦とかありましたっけ)

しかも、各店増台を重ねてきているわけで、ライトユーザーも触る機会が増えているわけですよ。

この結果を見て思ったのは、「確実にユーザーの目押しレベルが上がっている」ってことかと思います。

ディスクアップの出玉の伸びって、ビッグのヒキが一番かと思うんですが、重要なのが最初のビッグからのARTで次に繋げることなんですよね。

だから初当たりのARTがどこまで伸ばせるかがカギになっているので、最初のビッグでミスが多いとどうしても勝ちにくくなってしまいます。

自店も他店もホールでお客さんの打ち方を見てると、やっぱりミスが少ないですからね。

フル攻略103%はまずムリだとしても、101%くらいは維持されているような気がします。

聖闘士星矢海皇覚醒SP

利益率0.3%

ディスクよりさらに甘いですが、これは期間内に6を多用したことも要因にあります。

この機械は運用が難しいです。

設定6が分かりやすい上に、低設定でもATが伸びるため利益が取れないジャジャ馬野郎です。

以前6を使いまくってアピールしていた時期もあったのですが、これはこれでやっぱり赤字になってしまうので今はあまり使っていません。

6使いまくった挙句「出ねー」とかいって調子に乗っていましたが、しっかり赤字にはなりますんで

まあ、結論は問題児ってことになります。

ちなみに設定1でもATにさえ入れてしまえば、2000枚くらい一撃で出るケースが多いので、結果的に投資分を捲れるということもあります。

低設定はきれいなV字のグラフを描きますね~

マイフラワー

利益率1.9%

意外と甘い!

導入から2カ月余りが経過しましたが、いまだに平均よりも動いてくれているので良い意味で裏切られました。

これも中間や高設定を投入しましたが、高設定ほど辛く推移した機種でもあります。

星矢SPやリゼロもそうなんですが、低設定ほど1撃に夢があります。

マイフラワーもほとんど最近は1で放置だったのですが、気づくと1000~2000枚の赤字になっているケースが多く、結果的に利益は取れていません。

マイフラワーに関しては色いろと記事を書いたので、ちょっとした思い入れもあり利益は取れてないんですが、設定6を使っていきたいと思います。

リベンジオブ設定6

後日記事にしますね。

アレックス・バーサス・ハナビ

アレックス

利益率ー0.8%

バーサス

利益率1.8%

ハナビ

利益率3.3%

みんな大好きアクロス系です。

ことごとく利益が取れません(ブチ怒)

まあ、イベント日に設定が使いやすいってことで全6とかもやってきた結果なので当然ではあります。

アクロスの甘さというか胡散臭い連チャンのしかたって何なんでしょうねw

設定1でも取れない日は取れません。

たまに5000枚や7000枚オーバー(1で)もあるので、Aタイプおそるべしですよ全く。

そんでアドリブで入れた設定5なんかは全く出ません。

台に翻弄されているのは、ユーザーより店長ですよ・・・

A-SLOT偽物語

利益1.7%

全く取れてませんね。

というかAタイプが甘すぎる。

これも1で5000枚出たり、色いろと迷惑をかけられました。

高設定だと差枚も勝率も当然の如く高くなる傾向があるので、ほぼ1です。

ただ、1の出方がディスクアップに似ていて

ビッグ確率:1/180

レグ確率:1/500

合算確率:1/160

みたいな感じで、ビッグを引き倒して勝つみたいな所があります。

個人的には演出も多いし嫌いではないんですけどね。

ただ半年というスパンでこれだけ甘いんだから、面白くなきゃおかしいですよね。

まとめ

というわけで、2019年の中では甘く推移している機種たちでした。

他の稼働が良い主要機たちは、大体利益率10%前後のなっています。

それらよりも少ない台数のやつって利益もブレてくるもんなんですが、低設定でも甘くなりやすい機械ってのはあるようですので、立ち回りの参考にしてみてください。

逆にこれらの機械が月間を通して全く出ていないってお店は、稼働が無いんだと思います。

まあAタイプが出ていない店で流行っている店を見たことがありませんので、ここら辺は間違いなさそうですけどね。

コメント