【業界騒然】大工の源さん超韋駄天ゴトの真相【店長が実践してみた】

スポンサーリンク
業界ネタ

こんばんはリルムです。

令和3年の4月に、パチンコの大工の源さん超韋駄天のゴト情報が出回りました。

コロナが話題になってからあまり出てこなかったゴトネタですが(「闘将覇伝」以来かな?)、今回は看板機種のお店もある台でのことだったので、詳細をつづっておきます。

内容はツイートのとおりなんですが、針金かなんかを突っ込んで、確変中にしか入らない右のスタートに玉を入れるアナログなゴトです。

ちなみに、韋駄天は全くもって勝ちやすい機種ではありません。

個人的に確変突入率は40%くらいな気がします。なのでゴト行為をしたくなる人の気持ちも分からなくはないです。

スポンサーリンク

大工の源さん超韋駄天ゴト試してみた結果

実際に店舗で試してみた結果なんですが、まとめるとこんな感じです。

・物理的な条件が整えばゴト行為は可能

・ただ、一人で目立たずに針金ブッコむのは多分ムリ

・演出はほぼフリーズ発生

リルム
リルム

ガラスが開いてさえいれば誰でもできますので、関係者の方は試してみてください。

*追加情報

業界時の方から単独でもできるとの情報がありました。

やはりやりにくさはありますが、人数は関係ナシでできてしまうようです。。。。

物理的条件が整えば強制的に大当りします

ツイートの動画のように、通常時では入らない電チューを無理やり開放させれば、そこに玉が入った時点で大当り確率1/2です。

うまく針金を電チューに固定できれば、「超源RUSH」に直行します。

単独犯は多分キツイ

続いて、ゴト行為の作業なんですが、一人でやるのはちょいとムリがあるように感じました。

動画の時はガラスが開いている状態でして、右のアタッカー周りにクリップを挿入しやすかったので簡単にできました。

しかし、台が閉まった状態で、なおかつ周りの目を盗んでやるにはちょっとハードル高いですよコレ・・

おそらく台の右か左から針金を突き刺して、上記の箇所を固定するんでしょうけど、それなりの長さも必要だし、そもそも台に穴開けるレベルじゃないと針金を突っ込むスキマがないです。

実際に被害にあったと思われるお店の情報を見てみます

キング観光のジェームスさんが提供してくれた画像です。

ちょっと肉眼ではパッと分かりませんが、やはりスキマを作って針金みたいなものを突っ込まれたみたいですね。

さらに、やはり単独犯ではない模様・・・・

これに関しては真偽不明のものなので、一概に画像の人物をゴト師と断定できませんが、「打ち子と交代」してる時点でゴト師濃厚です。

仮にツイートで晒されてる人たちが無実なら、肖像権とか名誉棄損で訴訟問題に発展するかもしれませんが、まあそん時は「ごめん、違ったわ」と言うしかないでしょうw

ゴト大当りの演出はほぼ「フリーズ」になる

お試しでゴト行為をやっていた結果、コツを掴んでしまったので何度もチャレンジしてしまったのですが、肝心の大当りに結び付く演出は全部フリーズ経由でした。

そう・・・プレミアであるハズのフリーズ。

しかし、今や全国のパチ屋は「フリーズ=ゴト師」として、発見次第ボコるため血眼になってます。

あなたがもしプレミアをだしちゃったら、両手をバンザイして、さながら満員電車の「ワタシは痴漢してません!」のような格好になってしまうでしょう。

ゴト師は全身全霊をもって粛清します

と、いうことで。

源さんは甘い機種ではないですが、好きな人は多い台です。

こんなくだらないゴト行為のせいで、いちいち犯罪者扱いされたらたまったもんじゃないですよね?

しかも、ゴト行為によって抜かれた出玉は、そこに来るお客さんから回収されることになります。

クソみたいなゴト師のせいで、スロットの平均設定が1段階下がるかもしれないし、遊タイムはもれなくラムクリ。

店側からしても、常連さんからしてもゴト行為によるメリットはひとつもありません。

今は幸いなことに、SNSでの情報共有が早いです。

普段はハラワタ煮えくり返して他店を潰そうとしているパチンコ業界でも、こういったゴト関連に関しては一定の連帯感が生まれますw

安心して遊技してもらえるように今後もパチンコ業界はゴト師に対して徹底的な排除の姿勢で臨んでいきますよ(^^)/

▶ゴト・不正系の記事

パチンコ店の天敵!「ゴト師」の闇を痛感した話
大勢の客に紛れてやってくるゴト師。 過去に来店し、甚大な被害を出していった不良集団の話です。 セキュリティの厳重なパチンコ店から不正に出玉を獲得していった鮮やかな手口を書いています。 ヤツらの犯行の一部始終をどうぞご覧ください。
パチンコ店の「不正」 ー序ー
私が当ブログが開設したきっかけといいますか、これを書きたくてブログを開設したと言っても過言ではない記事であります。「ブチ切れ!」というタイトルがついたのもコイツのせいではないかと思うほど、血…

コメント