10月以降は5スロから順番に死んでいく

5suro 業界ネタ

こんにちはリルムです。

勝手な予想なのですが、こういったパチンコ関連のブログや攻略サイトを見ている方って、あまり1パチや5スロをメインに立ち回る低玉専門のユーザーって少ないんじゃないでしょうか。

射幸性という言葉を使うなら、4パチ20スロの方が当然高いわけですし、娯楽というよりもギャンブルの要素が強くなります。

なので、こういうネットみたいな所から細かく情報を受け取る人って、若い人やヘビーユーザーが多いイメージです。

どっちかというと低玉専門の人は、気に入った店にある台を遊技するのがメインで、あまりガツガツと情報収集に励んでいないような気がします。

5スロの設定状況

そんなわけなので、この記事が5スロユーザーに届くかというとビミョーな気もするんですが、私の考えもかねて5スロというものの状況を解説したいと思います。

まず、5スロは低玉専門店じゃない限り計画の利益率は高めになっています。

なぜかというと、それでも稼働が落ちないからです。

普通スロットの設定を決める時って、稼働が高くて利益が取れている機種から設定を上げていって調整していくんですが、5スロの場合は基本的にフラットな設定であまり乱高下させません。

オール2とか1・2半々の感じで、稼働が高いからといって4~6を使うことは稀です。

やはりこの背景には、20スロと5スロの客層の違いがあります。

20スロは単価も高いですし、「勝ち負け重視」のユーザーが多いです。

これにはアツい勝負がしたいヘビーユーザーが集まってきますので、コチラも設定の上げ下げを繰り替えしながらユーザーと駆け引きをして営業していかなくてはなりません。

対して5スロは、毎日遊びたい「来店頻度重視」のユーザーが多くいますので、機種構成から設定まで、あまり偏らないようにだけ気を付けて運用しています。

それでも1ボックスしかないスロットだと、かなり利益が不安定になります。

設定がオール1でも赤字になりますし、出したい、出したくないっていうコチラの心理と逆をいくことが結構あります。

ここら辺は台数の多い20スロよりも運用が難しかったりするのです。

5スロの機械状況

直近の規制で、スロット業界に影響を及ぼすであろう「旧基準機の撤去」が控えています。

今の段階で5スロに旧基準機を多数抱えている「優良店」はなかなかないと思うんですが、今後これらが無くなっていくうえで、5スロの機械事情はさらに悪化していくはずです。

今オーソドックスなスロットの入替って、新台を20スロに入れて、稼働が落ちた機械やライバル店の5スロで動いている台を5スロに移動させる方法だと思います。

しかし、今後は20スロだけの運用で精いっぱいになりますので、5スロに少しでも良い台が行く可能性がなくなってきます

旧基準機と入れ替えるだけの新台候補がないことと、それに伴って発生する機械代の捻出も厳しくなっていることが理由です。

この状況に耐える手段としては「減台する」しかありません。

20スロで外れた機械が5スロに回ることなく撤去されていくわけですから、5スロの機械はどんどん鮮度を失っていきます。

その分、設定を上げて出していければ良いのですが、「分煙化」「増税」による設備投資も控えてますので、果たして今までも放出対象にならなかった5スロに「出す」という選択肢が与えられるかどうか。

5スロで立ち回る方法

5スロの設定はほぼ低設定とお話しましたが、今後はもっとキツくなる可能性があります。

平日はオール②週末はオール①の店がほとんどになると思いますし、良い台も減ってきます。

それでも、このご時世5スロを無くすという営業方針は取らないと思いますので、各店試行錯誤して何かを行ってくるとは思います。

台数がポイント

打てる店の台数は少なくても40台以上だと思います。

たまに半島だけ5スロという店もありますが、あれはもう運用する気がないと思います。

もしだったら機種構成や過去のデータを見てもらえば分かると思います。

40台以上あれば、ある程度機種数も多いので立ち回る楽しみができると思いますし、そこそこ設定を入れることもできます。

スロットが変則的な島配置(通称R島)の場合も、20スロの台数の1/5くらいの台数は抱えていると良いと思います。

入替頻度と出玉に注目

台数もそうですが、やはり5スロを打つ店でオススメできるのは、低玉専門店です。

そして、チェーン店が多いほど有利になります。

同一県内の同一法人であれば、「認定機」を自由に動かすことが出来ますので、去年の1月に「認定機」を多く作った法人であれば、機械代ゼロで入替を行うことが出来ます。

旧基準機を撤去していく中で、この「認定機」の移動は大きな武器になります。

新台で良い台がなければ入替を行わなければ良いだけですので、他店が入替費用に悪戦苦闘している中で、その分を出玉に回すことが出来ます。

もし、近隣店舗で12月までに5スロの入替頻度が落ちてるのに、出玉が全くついてきてない店があったら、そこはすでに「瀕死」の状態かもしれません。

5スロの営業を見ていれば、経営の内部状況が分かるかもしれません。

月1台も入替がないとか、リセットすらかけなくなったら、アウトでしょうね。

ウチもオール2とかじゃなくて、細目に中間も使っていかなきゃです・・・

コメント