ムカつく店員への仕返し

akushitu 昔話

こんばんはリルムです。

パチンコ業界は縮小しながらも日々利益を抽出しています。

年々、客数や台の性能が下がってきているため、新台の導入を含めた「やりくり」がシビアになってきたのは確かですが、極端に尖った営業をしなければ儲かるビジネスモデルであることは確かです。

なので、ネットやSNSでは日々いくら負けたという書き込みが絶えないわけです。

そこでうっぷんを晴らしてくれれば良いのですが、たまにそれでは気持ちが収まらず次のアクションを起こしてしまう人がいます。

スポンサーリンク

ムカつく店員への仕返し

負けた腹いせとして多いのが

駐車場へのゴミポイ捨て、トイレの破損や台周辺の汚損といった所かと思います。

これはこれで迷惑行為ではあるんですが、面倒なのが「対人」関係での腹いせ行為です。

以前ホールでの対応が気に食わなかったとか、態度がムカつくということであるスタッフがトラブルに巻き込まれたことがありました。

ベテランスタッフにありがちな例

そのスタッフはオープニングで働いているベテランスタッフでした。

店のことは大概知っているし、トラブルや新台入替もできる戦力スタッフです。

ベテランスタッフ「クロ」

ただ、こいつには欠点がありました。

何かというと

あいさつができないのです

お客さんが来ても頭は下げず、応対の節々にあるべき「失礼します。」などの一言を発することもなく、ただ淡々と業務をこなすタイプのスタッフだったのです。

要するに根本的に接客に向いていないのでした。

これに対し、お客さんからはしばしばクレームを貰うことがありました。

もちろん店側もこれは何とかしなければならないと思い、彼に指導を繰りかえしてはきたんですが、どうも長続きせず元の態度に戻ってしまうような感じです。

腹いせによる攻撃

そんな中、ある事件が起きました。

店に段ボールの荷物が届いたのです。

そこには送り元が無記名のまま、スタッフ「クロ様」とだけ書いてあります。

恐らく郵便としてではなく直接置いていったモノと思われます。

スタッフ「クロ」に確認を取るも、覚えはないということでした。

念のため中身を確認してみると

カカカカカモーン!!

そこには大量の生ゴミが入っていました。

店にとっても100%悪意のある、しかも名指しでの嫌がらせは初めてのことでしたので、対応に困ってしまいました。

さすがにこれはヤバいと思って警察へ通報し、カメラも確認したんですが深夜帯の映像は確認が難しく、状況は分からないままでした。

その後も公衆電話から「クロさんいますか?」

といった要件不明の電話が掛かってきたり、閉店後にクロの車がパンクさせられるという所まで発展しました。

スポンサーリンク

常連客のタイホ

徐々に犯罪レベルがアップしてきた今回の件ですが、あまりにも頻繁に嫌がらせが起きるので、地元の警察に本格的に捜査を依頼して深夜帯の巡回をしてもらうことにしました。

毎回の嫌がらせが、暗くてカメラに映りづらい時間帯でのことだったので、その時間に絞って捜査してもらったのです。

すると、張り込み1日目にして、あっさりと犯人が検挙されました。

警察とともに事務所に入ってきたその人は、年配の常連客でした。

その人は店に歩いて来れるくらいの距離に住んでいて、「クロ」が出勤しているのが分かると、嫌がらせをしてはそのまま帰っていくというような感じだったようです。

常連客、房州さん

こうして器物破損などの容疑で現行犯逮捕された房州さんですが、もともとクロに恨みを持った要因は以下の通りでした。

どうやら以前、房州さんが知り合いの常連が打っている隣で、空台に座って話し込んでいたら「クロ」に注意されたということでした。

しかし、房州さんはもともと「クロ」の接客が気に入らなかったため、「うるせーな」と言う感じでムシしていたら

頭上に空台札を刺されたということでした。

これによって房州さんは「クロ」に対してムカついてしまって、何かしらの嫌がらせをしてやろうという考えに至ったようです。

確かに嫌がらせはダメですが、さすがにこれは指導が必要として「クロ」は出勤日数の削減と個別指導というペナルティを受けました。

今回の問題としては、事の発端であった「クロ」の接客態度と、事前に一連の流れを把握できていなかった責任者にあります。

「クロ」のようなオープニングスタッフというだけで、自分は偉いと勘違いをしてしまい、接客が適当なヤツは山ほどいると思います。

こういったヤツに遠慮して、適切な指導ができていないと私怨を生んだりトラブルに発展してしまいます。

バクサイの書き込みでディスられまくっている従業員がたまにいますが、こういった所には実はリアルな情報とかお客さんの声も入っていると思います。

実際こういうことから、逆恨みに発展して殺人事件にも発展するケースがありうると思います。

特に勝ち負けという要素が存在するパチンコ業界の接客は注意が必要です。

もしかしたら、今回の件も「クロ」がさらなる事件に巻き込まれていた可能性もありますからね。

昔話
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ブチ切れ!リルムのぱちんこ24時

コメント