【自己啓発】仮想通貨を捨ててプログラミングを本格的に始めました

スポンサーリンク
トレンド

こんばんはリルムです。

ちょっと自己啓発を進めているので、近況の脳内を整理しておきます。

現在のワタシは本業としてパチンコ店の店長をやっております。

それがだいたい10~12時間拘束(移動含む)

で、そこからブログ、仮想通貨の情報収集、パチンコ打つ、「呪術廻戦」読む・・・・・・

これらを同時にやろうとすると、必然的に睡眠時間を削る意外なくなっちゃうのですよね。

そこで、今後のスキルアップというか、「生涯年収を上げるためにはどこにフォーカスすべきか?」みたいなことを考えたところ。

「仮想通貨を一旦停止してプログラミングに集中する」ということだったんです。

スポンサーリンク

仮想通貨は「超超超」甘い果実・・・がゆえに伴うリスク

まず、仮想通貨の市場は間違いなく令和を動かす一大市場です。

令和っつーか市場のデカさは世界レベルでして、日本はココに関して後進国と言われています。

なので、この市場を追いかけて専門知識を得ていくコトが、今後の人生が有利にする可能性は高いです。

すでに一定の知識と運を持ち合わせているヒトはめでたく億の金をGETしていることと思います。

1コインあたり0.00001円とかの仮想通貨が10000倍とかの値動きをしてですね、「一気に10億稼ぎました!」

なんていうヒトもちらほら目につきます。

でもですねー、実際に触ってみて分かったのですが、ここで勝ち組になるのは結構ムリゲーですよ。

仮想通貨売買、DeFi色いろ試したけど

個人的に、仮想通貨には未来があると思ってますんで、この先も情報収集とか変化を見るアンテナは張っていきます。

ただ、そこで大金を得るという可能性はなかなか厳しい世界です。

分かりやすくいうと、部活の大会で自分の弱さを知るというか。

その世界での自分の立ち位置に絶望するというか。

リルム
リルム

県大会でも全然手が出なかったのに、それが世界レベルなんて心折れるっしょ・・

仮想通貨は日本語で出てくる情報がすでに二番煎じという、普通の日本人が全員養分になってしまうムリゲーな市場です。

それをさらに日本人のインフルエンサーから情報収集とか、遅すぎて一生億り人とは無縁ですね。

と言う感じで、仮想通貨で一発逆転を目指してはいたんですが、秒速で変化する市場を追っていくのは兼業のビジネスマンにはちょいと厳しいのが現実

と思ったんで、一旦この市場から離脱する選択肢を選びました。

余談ですが

余談ですが、この仮想通貨市場は夢がある反面、胡散臭さMAXです。

ネットで出てくる情報を追っていくだけだと、100%資金をロストします。

今だと、ブログやYouTubeでメチャクチャ多くの情報が出てきてるんですが、これらは最終的に自分の儲けに繋がるよう巧みに設計されたケースがありますので注意が必要ですね。

フォロワー数とか、チャンネル登録者だけで判断すると、痛い目に合いますので独自でリアルな情報を仕入れる必要があります。←ここがメチャクチャ大変

仮想通貨を削ったら心的ストレスから解放された

こうして、毎日ツイッターとチャートと仮想通貨の情報を仕入れてた時は、無限に供給される情報に疲弊していました。

しかし、それを排除してみたらちょっと違う道が見えてきたのです。

プログラミングに時間を投資

もしかしたら、このまま仮想通貨の情報に集中して発信していった方が、将来的に有利になるのかもしれないのですが、この世界はストレスがすごいので辞めました。

で、この空いた時間をプログラミング学習に注いでいくことにしたのです。

激変する金融市場よりも、堅く手に職をつけておこうという作戦にシフトしたってわけです。

プログラミング市場は絶賛うなぎのぼり

というのも、小学生の必須科目に「プログラミング」が入るとか聞いたことが発端でして。

小池都知事、デジタル相にIT人材確保について要望
東京都の小池百合子知事は16日、IT人材確保について、平井卓也デジタル改革相と会談した。国の場合は官民交流法で、民間企業の人材を元の会社に籍を残したまま省庁で働かせることができる。人材交流を促すため、地方自治体にも同

仮想通貨に関しても、日本の中枢はあまり理解してないのか、どうも国発信の情報が遅いです。

逆に考えると、それゆえにこうしてITに特化した人材を募集しているわけです。

何だかんだ、先進国の中で日本がIT部門で遅れを取っていることに気づいてるんでしょうね。

なので、プログラミングに一定の知識があることで、将来的に情報弱者になりにくいと考えました。

ウチにも小学生の子どもがいますが、彼らに教えてあげられるメリットもありますし、自動化が進んだ未来では英語に次いでプログラミング言語も確実に必要になると思ったからです。

今のパチンコ店の従業員は市場価値が低い

さらに、「パチンコ店の店員ってバイトも店長もそれほど差がないな」と思ったこともきっかけです。

バイトは1時間1200円とかの時給で働いてますが、店長だって結局勤務時間をこなして月給をももらってるだけなんで、月給を月間の勤務時間で割れば時給で働いてるようなもんです。

リルム
リルム

要するに、社員もアルバイトも立場とか「月給」「年俸」という言い方の違いがあるだけで、労働者としての本質に大差はないということです。

だって、パチンコ店で働いてる人は社員だろうがバイトだろうが、パチンコ店から出てしまったらあまり価値がないんだもの。

【驚愕の事実】パチンコ店の社員に金持ちいない説
パチンコ店の社員って実は全然金持ちがいないんです。その理由分かりますか。パチンコ店に入社して「金がない」とか言ってる人全員論破します。

パチンコ店の店員は一歩外に出たら無価値

ちょっと辛口の語弊がありそうな言い回しになりましたが、割と事実かなと思います。

店長である自分が言うのもなんですが、パチンコ店の店員はパチンコ店から出たら無価値です。

・人と話すのが好き

・体力には自信がある

・明るい性格

これは在宅ワークの時代に逆行してますよね。

今の時代、IT分野とそれに関連する資源の産業以外は伸びにくいです。

図録▽世界の大企業ランキング(2007年度) (sakura.ne.jp)

IT関連、ネットビジネスが主流の現代では、「接客」とか「体力」とか「コミュニケーション能力」みたいな項目は長所にならなくなってきます。

(明るい性格は大事だけども)

その他にパチンコの知識をいくらつけたところで、他業種での再現性はありません・・・

パチンコ店をディスってるワケじゃなくて、「ナニも考えないまま縮小する業界に居座って、ナニもスキルを磨かないのは危険じゃないの」ということを言いたいのです。

縮小している市場の中で時間給を追いかけても徐々に単価は安くなっていくわけで。

例えば給料は変わらなくても「作業量とか拘束時間が伸びた」「良く計算したら自分の時給って下がってる」なんてことありませんかね。

リルム
リルム

所属している会社でそんな動きはないですかね?これをスルーしちゃダメですよ。人件費削減のイエローカードですので。

結論:コスパが良さそうなプログラミングを始めたった

だから生き残るために勉強しなくちゃいけない!

→ナニを・・・?

この答えが今なら「プログラミング」なのかな・・・と言う感じです。

言ってしまえば、良く見る「プログラミングを始めましょう」見たいな話はタダのトレンドであって、不安を煽った広告に過ぎないです。

今、エンジニアをやってる人も15年前はプログラミングの需要なんか分からなかっただろうし、むしろパチンコ業界の方が追い風でした。

しかし、規制とかコロナとか様々な要因によって、じょじょにダメージを受けたパチンコ業界の劣勢は否めません。

じゃあどうするのか?

もちろんパチンコ業界の盛り上げに専念!

と言いたいところですが、賢くいくならもう一足のわらじを履いておくべきかと・・・・

パチンコ店員に必要なもう一つのわらじ

これはもう、今の時代「副業一択」です。

ワタシのようにブログを始めても良いし、ツイッターやYouTubeでいくらでも収益化できます。

もちろん簡単ではありませんが、今の時代は世界の人=個人事業主

みたいな流れになりつつあるわけで。アメリカなんかは人口の半分くらいがフリーランスです。

でもそんな簡単に自分のウェブメディアがヒットすれば苦労しません。

そうなると、時代の流れにそって大人しくプログラミングやってみようかな。

というのが結論です。

【まとめ】仮想通貨を捨ててプログラミングを本格的に始めました

はい。

そんなわけで今回は以上です。

別にプログラミングをおすすめするワケでもないですし、仮想通貨が危険だからやめとけ!的な話じゃないです。

今の立場が経済的にキツくなってきてるのであれば、ナニか自分に付加価値をプラスしていくしかないのという一種のトレンドをお話しています。

パチ屋にいても社会的にはノースキルなので・・・

ていうか、パチ屋の店員キツくなってきてないですか?

店長の私がこの状況なので、ほぼ間違いないとは思うんですが。

しかし、プログラミングできれば向こう50年くいっぱぐれがないんですって。

2ちゃんねるの創始者が言ってました。

ギャンブルや仮想通貨での人生逆転のチャンスはーーー残念ながらなかなか来ないです・・・・

奇跡を待ちながらも自分のスキルは高めておきましょう。私はコツコツとやっていきます。

コメント