月末のパチンコ店長の憂鬱

スポンサーリンク
鏡 ビジネス

こんばんはリルムです。

令和2年の2月が終わろうとしています。

毎月の下旬、このくらいの時期になると憂鬱になることがあります。

それは・・・

利益に追われることです。

逃げる人

月間の計画利益が達成できるかできないかという状況は、パチンコ店に限らず業績を管理する立場の人からしたら誰しも経験することかと思います。

物販サービスのように売上と客数の増加に伴って利益が上がってくれれば良いのですが、パチンコというのはシステム上そううまくいきません。

確率がモノを言う世界なので、甘い方に偏ると信じがたいほどに赤字になります。

パチンコ店はボッタクリとか、絶対勝てないと言われがちですが、実はそうでもなかったりするんですね。

これに関してはコチラの記事で詳しく解説してますので、ぜひご覧ください。

月末のパチンコ店長の憂鬱

落ち込む男性

月末というのはパチンコ店長にとって憂鬱になりやすい時期です。

私は25日を過ぎたあたりから徐々にテンションが下がってくるのですが、原因はこれらにあると分析しています。

・月間の業績の着地が見えてくる

・単純にやる仕事が増えてくる

詳しく説明していきます。

月間の業績の着地が見えてくる

月間の業績は、20日くらい経過するとある程度達成できるかどうか見えてきます。

残りの休日日数や、年金支給や給料日、新台入替なんかを加味すると逆算することができるのです。

なので、遅くとも25日を過ぎたあたりには厳密な数字は分からないにしても「行くか行かないか」の予想はつくってわけです。

悩む男性

この逆算で「あー計画達成は無理っぽいな」と感じた瞬間、心が折れ始めます。

その中でも、売上より粗利の未達が大きな心労になりえます。

粗利の未達は営業利益に直結しますから、まず経営者が良い顔をしません。

彼らは年間の営業利益を想定して動いてるため、会社に残るキャッシュが予定より少なくなることにリスクを感じるようなんです。

なので、未達の額や頻度が高くなってくると「降格処分」という宣告がなされる場合もあります。

それだけ粗利の確保というのは重要な要素なのです。

で、これが月末に近づくに連れて未達濃厚になってくると徐々に店に行きたくなくなる病が発動してしまいます。

憂鬱な男性

特に粗利のノルマに余裕がない日の土日なんかは、ゴッド、沖ドキ、番長3を文字通り神頼みで回収できるよう祈るしかありません。

ホントに設定不問のこいつらにどれだけ精神を削られたか分かりません。

凱旋の天井間際なんかは、0か100どっちに転ぶかモニターのLIVE配信を見ながら手を合わせている日もあります。

カイジの漫画

GODに神頼みしてるのはユーザーだけではないんですよねw

ちなみに

「店長なんだから最後まであきらめずに数字の責任を負え」とか

「そうならないように毎日試行錯誤して努力しろ」

といった話は今回ナシでお願いします。

単純にやる仕事が増えてくる

業績不振に追い打ちをかけてくるのが、月末にまとまってくる業務です。

  • シフト作成
  • 月間報告~次月計画
  • 経費管理
  • WEB・会員登録数チェック

などなど、まとめ系や報告系の仕事がわんさかあるんです。

「がむしゃらに仕事をして業績不振を忘れてやる!」

という強化系のバカなら良かったのですが、私はプライドベジータのエリート戦士なのでズルズルと引きずってしまいます。

ベジータ

よって、まとめや報告といった詰まらない仕事なんか手に付かなくなってしまうのです。

憂鬱な気分の解消法

手を広げる女性

ここまで、完全なダメ店長という感じになってしまいましたが、スキルやマインドの差は置いといて全国のパチンコ店の店長も同じ境遇の人は多々いると思います。

ウチよりも激戦区で戦っている店長もいれば、ノルマがキツイ店長もいるでしょう。

同じ人間である以上、そんな人達が普通の精神を保てるわけがありません。

「私はこの仕事が合っているんだ!」

「仕事してないと落ち着かないんだ!」

「この仕事と会社がすきなんだ!」

という江田島平八のような人もいるかもしれませんが、

挑発的な男性

ホントにそうですか・・・?

仕事に対するヤル気や情熱は大事だと思います。

でも、会社は誰かのガンバリよりも会社そのものの存続を優先しますから、変なテンションでヤル気出しちゃうと、実績が伴わないある日プツっと何かが切れてしまうと思います。

私は多分「ガンガン行こうぜ」だけをやっていると、突然ウツになったり不満しか吐き出さないモンスター社員になってしまいます。

なので、それを防ぐために日々ブログを更新し、日常を吐き出している感じです。

ツイッターもそうですが、そこに誰かが同調してくれることが気持ちをラクにしてくれているんだと思います。

まあ、こういった主張系の話は批判や意見の違いもあるとは思うんですが、それよりも会社から課せられたノルマにひいひい言ってるだけよりは精神衛生上良いです。

部下には言えないですし、系列の店長もどこにスパイがいるか分かりませんからね。

全国9000人の店長さんで同じ境遇の人はぜひツイッターやブログで交流しましょう。

コメント

  1. カミーユ★ミカン(笑) より:

    お疲れ様です。リルム店長に一つ質問があります。5スロに高設定を入れる理由ってありますか?もし、入れるとしたら、どんな時でしょうか?俺なんかは取材イベとか旧イベ日なんかはハイスペノーマル(クラセレ等)に朝一座ってしまうタイプなのですが、5スロなんかは朝から並んでまで朝から打つ理由なんてないからベタピン放置みたいなイメージあるのですが(笑)上手い人が5スロで出してると、もしかして5スロにも高設定あるの?みたいな気持ちにはなりますが。実際はどうなんでしょう?物凄く興味あります。良ければ教えて下さい!

    • rireme rireme より:

      ミカンさんお久しぶりです。

      5スロも打たれるんですね。
      結論、5スロに高設定があるかどうかというとほぼありません。

      後日詳しく記事に書こうと思いますが、直近では新台入替で20スロから移動した台に⓸を入れた程度です。
      低設定でもどこかで誤爆しますから、ミカンさんが見ているのはその尖った時の状態かもしれないですね。