「豹変アルバイト」とリルムの「面接センス」

dio 昔話

各業界で人材不足というニュースは良く目にしますし、どこの飲食店を見ても「アルバイト急募!!」の文字が見えることから、世間では人手が足りてないのは間違いないでしょう。

パチンコ業界でも最強の武器であった「時給の高さ」をもってしても、慢性的な人材不足の影響が出てきているため、世の中の一般ピーポーが一体全体ナニをしてやがるのかというナゾは尽きない。

当社でも人事部がインターネットや雑誌を通じて人員の募集をかけてはいるものの、どこの店舗でも欠員が出れば即終了!のような状況が続いている。

スポンサーリンク

アルバイト希望の電話

仕事中の電話は1日を通すと結構な数になる。

業者から台や景品の納品に関してだったり、本社からクソどうでも良い内容だったりと電話でのやりとりは多い。

その中でも一番テンションが上がるのが、

「あの・・・スイマセン。サイトを見て電話したんですが・・・」

という聞きなれない声で掛かってくる電話である。

新鮮なの入ってくるで!!!

さて、そこからというものはすべての仕事を放棄し、電話主の名前や年齢、免許証の有無などをさくっと確認し、面接の日取りを決めるのである。

早ければ翌日あたりに予定を入れ、アルバイト希望さんとの面接がスタートするわけなのだ。

面接のさじ加減

先に言っておくと、個人的に採否に関しての境界線は結構曖昧だったりする。

特にそれ専用の本などで知識を蓄えたわけではないので、採否に関してのミスジャッジは多いかもしれない。

私の採否の基本は

①電話の印象など会う前の段階(常識点)

②来た最初の印象(第一印象点)

③面接での話の内容(人間性点)

というように大体3部構成になっていると思います。

②はやはり重要視します。

この時点で「可愛い」となると面接はかなり有利に進むと思います。(マジで)

男性の場合は、爽やかでオタクっぽさやサイコパス感がなければクリアと言う感じでしょうか。

そして③は実際に話をしてみた印象などが入るのですが、私はここでいつも失敗します。

というか今まで採用したヤツで、ダメだったヤツの方が圧倒的に多いんです。

人員不足といえども人選にかけてはしっかりやっていたつもりですが、どうも「隠れサイコパス」を見抜くことができないようです。

意味不明なサイコバイト君

これは私が店長になりたての頃の話。

その店は稼働は良くないのだが、古い店なのでトラブルが多く、なおかつ人がいないといったことでとても忙しい店だった。

昔からあるパチンコ屋というのもあって、今更バイトの募集も来ないというのもあったかと思います。

たまに来た募集の人も45歳で近くのパチンコ屋をクビになったという、あからさまに問題がありそうな人であったり、とにかく1人を採用するまでの道のりが長く、妥協しても採用できないようなレベルの人ばかりが募集に来てました。


そんな中、32歳男性。というまあまあのスペックの人が募集に来ました。

当然店は人手が欲しいのでこれはよっぽど変なヤツでなければ採用で良いな。

ということを責任者同士で話していました。

面接はスムーズに終わり、「早く働きたい!」と熱意も感じられたため採用にすることにしました。

ただ、車の免許を持っていないという点と過去の職歴がやや多いという点が気になりました。


サイコバイト:小暮

そもそも職歴が多いというのは、それだけで問題児扱いされてしまうものだが、小暮については見たところ問題はなく、接客も良いし覚えも早く、1カ月足らずでほとんどの業務ができるようになっていた。

これは結構当たりなバイトだったかもしれない。

そう思い、社員になる気があるか確認したところー

「ぜひお願いします!!」

というモチベーションの高さもあり、さらに色んな業務を任せていくことにした。

小暮の異変

1カ月が経過しようとしていたころ、部下の役職者からこんな相談があった。

「小暮ヘンなヤツかもしれませんよ・・・」

どういうことか聞いてみると

タバコを1本分けてほしいと言ってきたので、まとめて3本やったら最初の休憩で吸ってしまって、再度要求してきた。」

とのことである。

また、「店で頼める弁当があるのだが、小暮だけ3つ頼んでいる。

どうやら持ち帰って家族で食べているようだ。」

という話も出てきた。

ちなみにここの弁当は月末にまとめて代金を払うので、一旦ツケがきくようなシステムになっている。

う~ん・・・・

ちょっとケチ臭い話かもしれないが、タバコの件については役職者の気持ちも分からなくもない。

先輩上司である人間にタバコをもらおうとする姿勢+3本もらっておいてまだ来るの?

1箱400円くらいするんですけど?(当時)

というグイグイくる厚かましさがムカついたのであろう。

しかし弁当の件はどういうことなのか。

家族構成は嫁と子どもというのは知っていたが、まさか話の通り夕飯のために持ち帰っていたということなのだろうか。

だとすると2つの話から分かったことは

小暮家は死ぬほど金がない

小暮キレる

一旦小暮の異常行動は、店長としてよく観察することとしてこの件で小暮に何かを言うことはなかった。

しかし実際働きぶりも接客も問題がないので、こういう良く分からない行動が逆に心配でもあった。

そんなある時、小暮が入社して3カ月目くらいの出来事だった。

夜7時頃、私は早番を終え帰宅していたのだが、店の女性責任者から電話がかかってきた。

「店長!小暮君がいきなり帰りました!」

「は?マジでなんで?」


「分かりません。POPの貼り方を注意したら突然キレて着替えて出ていきました。」

「うそでしょ。店は何とかなる?」

「まあ。。。頑張ります。」


取りあえずその日はなんとかしのいでもらい、今後のシフトや何やらもワケが分からない状況だったので、本人と話をすることにした。

女性責任者からも話を聞いたが、まあどう考えてもキレて出ていくようなレベルの話ではなかった。

再三の連絡の末、小暮を捕まえて話をすることができた。

すると小暮から衝撃のサイコ発言が出てきたのであった。

責任者Aさんに怒られました。

せっかく自分で考えてそこにPOPを貼ったのに。

「それおかしくない?」ってそんな言い方ありますか?

それにオレが頑張っているのを誰もみてくれないし。

店長もしっかり見てくれなかった。

何かを教えたらフィードバックしなきゃダメですよ?

それに、みんな本当にお客様を愛しているのか分かりません。

オレの社員への思いは消えました。

給料はいりません。

弁当代は今置いていきます。

こういうキチガイはもう退社確定だと思っていたので、議論する気もなかったのですが、POPの貼り方について注意を受けただけでこんなに突発的に行動ができるのは人と違う何かを持っているからなのだと思います。

それがプラスに働けば、「起業して成功」のようなビジョンが生まれるかもしれませんが、彼の場合はマイナスに働きすぎて定職に就けないということなのでしょう。

30を超えて集団生活を行うなかで、上司の言葉が気に入らないという一瞬の感情で周りに迷惑をかけるという人であれば、起業なんてリームーかと思います。。。

いかがだったでしょうか。

職歴の時点で怪しいと思うことと、車の免許がないという時点で犯罪歴でもあるのかというように少しは疑う姿勢も必要かと思いました。

しかし今回の件もそうですが、面接という段階でそいつがサイコパスかを判断するのは相当難しいと思います。

30歳を超えていて、今更パチンコ屋のアルバイトに来る男。

この時点で不採用!

くらいの構えじゃないと後々店で問題を起こすケースがあるので、全くもって割にあいません。

ちなみに小暮は数日後少し冷静になったのか、働いた分の給料がいつ振り込まれるのかという電話をしてきました。

公衆電話から

昔話
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ブチ切れ!リルムのぱちんこ24時

コメント