「八村塁選手」を見て思ったスポーツ業界

mendhi ジャンク

こんにちはリルムです。

今ニュースで話題になっている「八村 塁」選手ですが、正直昨日まで全く知らなかったというヒトは多いのではないでしょうか。

私も最初はプロ野球の「オコエ瑠偉」さんが名前変えたのかと思ったくらい、聞いたことが無い名前でした。

私はスポーツの中でも試合展開の早いバスケは結構好きで、NBAなんかも良く観ていました。

今回のニュースは、そんな世界のNBAから指名をもらったということで、日本人では初の快挙!

ということがニュースになっております。

黒人とスポーツ

話題になっている「八村選手」のインタビューとかを見る限り、メチャクチャ良い青年だということが分かります。

加えて恵まれた体格と運動神経なので、世界で通づると判断されたのでしょう。

というのも彼はベナン人の父親と日本人の母親から生まれたハーフ青年なのです。

ベナンはナイジェリアの隣

人口は東京都くらい

ベナン人は陽気

っていうか黒人って基本強くね!?

大坂なおみ

テニスの世界ランキング1位のこの方も、かつて日本に激震を与えました。

ハイチ系アメリカ人とのハーフ

「大坂なおみ」選手です。

ハイチっていう国は南北アメリカ大陸のつなぎ目あたりにあって、住民のほとんどが黒人で形成されている国です。

そこと日本とのハーフが大坂選手なのですが、やはり黒人の血統があるからなのか若くして世界のトップに君臨することが出来ました。

去年の全米オープンで決勝戦の相手だったセリーナ・ウィリアムズ選手も黒人選手であります。

テニス以外でも勝てる気がしない

オコエ瑠偉

最初に名前が出てきた「オコエ瑠偉」選手もハーフの選手であります。

この人はナイジェリア人と日本人のハーフですが、高校野球で名声を上げて今は楽天でプロ選手として活躍しています。

ナイジェリアといえば、世界で人口の多い国トップ10に入る(7位くらい)国であり、有名人だと

ボビー・オロゴンがいますね。

彼はタレントのクセに格闘技に出てシリル・アビディをボコったりと、その身体能力の高さは相当なものでした。

ケンブリッジ飛鳥

陸上の短距離で、桐生選手とバチバチやっているハーフ選手です。

父親がジャマイカの方ということで、血統は申し分ないハーフです。

ジャマイカといえばウサイン・ボルトのイメージで陸上競技は全般的に強い印象ですが、ケンブリッジ選手も同じ能力を持って生まれてきたようです。

「走る」といった能力に関しては、黒人選手は全体的に高めに設定されている様な気がします。

この方たちは短距離ですが、マラソンでも有名な黒人選手がいました。

エリックワイナイナ

この人はケニアの出身ですが、良い人柄が溢れ出る素晴らしい選手でした。

芸能人のクソみたいなクイズ番組で良く走ってましたね。

関口メンディー

黒人の身体能力の高さ

上で例に挙げた選手たちですが、日本の国籍を持っていながら黒人の力を秘めているいわばチーっぽい所があります。

多分少年・少女時代は「外人!外人!」と言われた経験があるのではないでしょうか。

こっちとしても小学校の野球やバスケで、国籍が日本とはいっても同年代に黒人がいたら勝てる気がしません。

外人使いやがって卑怯だぞー!

となるのですが、日本人にとって黒人への感情は「一種のあこがれ」もあります。

小学生なのに余裕でダンクを決めていたりとか、上級生を差し置いてレギュラーになれるのは、外国人の血が混じった方が有利になるケースが多いからです。

特に子どものころから人気のスポーツは、大概黒人が強いものが多いです。

野球・サッカー・バスケ・バレー・格闘技など・・・

これは一説によると、黒人の遺伝子にある筋肉の性質にヒミツがあるようです。

大まかに言うと、スピードとパワーの部分で他の人種より優れているということで、筋肉の密度が高いということが理由に挙げられています。

だから、見た目はシュッとしていても筋肉の量はエグイほど我々と差があるようですね。

同じ身長でも黒人はダンクできるのに、日本人ではリングに触るのがやっと・・というのが良い例です。

ハーフの選手たち

では、果たして日本国籍のハーフの人たちはどうなんでしょうか。

私個人としては、「チート感」を否めません。

何と言うか、純国産では超えられない壁なのか。。

と思ってしまうワケです。

スポーツには人種によって向き不向きもあります。

黒人最強説を唱えていたようですが、卓球や体操、水泳などは黒人選手が目立つような大会はありません。

特に卓球や体操に関しては、中国か日本のどちらかがメダルを取ってきています。

フィギアスケートに関しても、黒人選手は見かけません。

彼らの住処にスケートの文化がないのもそうですし、彼らの得意なスピードとパワーでは勝てないジャンルだからってのもあると思います。

私はどちらかというと黒人に憧れていた方なので、全く持って差別する気はないのですが、日本でハーフ選手が超絶活躍しているって状況に、どうしても違和感を持ってしまうんです。

まあ、「国籍が日本だ」っつってんだから日本人として活躍を共に喜ぶことは結構だし、1人の選手としては結果を出しているので十分なんですが、難しい。

逆に彼らの活躍をジャマイカとかベナンの人たちがどう思っているか知りたい。

こっちで喜んで良いって言ってくれんならそうします。

統計的に黒人・白人・黄色と得意なスポーツとそうでないのがあって、それを番狂わせするのがスポーツの面白い所なんですけどねー。

次回のラグビーもそうですが、前回のような展開になるとスポーツって面白い!ってのが分かりますよね。

例え人種によって有利不利があったとしても、そこにあるスポーツマンシップとドラマを我々は求めているってことです。

コメント