全国のパチンコ店で8月の営業を盛り上げよう!

natu 業界ネタ

こんばんはリルムです。

7月が終わりました。

豪雨があったと思ったら、クッソ暑い日が続いていて、車内放置のベイビーを調べる前にコッチがくたばる可能性の方が高くなってまいりました。

それはさておき夏本番ですな・・・

ついにやってきました。

上がりまくる季節が来た。

8月だぜー!!!!

さて、業界事情は色いろと不安要素がありますが、パチンコ店はこの夏ワンチャン盛り上がっても良いんではないでしょうか。

だって、もうどうしようもないじゃないですか。

旧基準機の撤去?

増税?

んなもん知んね

取りあえず先のことは置いといて、8月を一旦盛り上げていこうじゃないですか。

なんてったって「8(パチ)ンコ」月間ですからね。

どうせなら規則が厳しくなる前に、ユーザーにひと夏の楽しさを提供していければと思います。

暑い夏にキンキンに冷えた店で、ドル箱を積む。

ビバ!日本の夏!!

8月の営業

とはいえ、具体的に何をどうするか。

そもそも店長の一存で、長期休暇のある特異月間を「出しまくる」なんてことはできません。

通常よりも多くの利益を取ることになるのは事実です。

理由としては、長期休暇は帰省客が多いので、あんまり出してしまうと一般の常連さんが損をしてしまうことになる。

=休み明けからの稼働が下がる。

これを避けるためですね。

やっぱりこれだけ「年末年始」「GW」「お盆」は出さない!

って言われていても、この時期の稼働が高くなるのは、それだけパチンコを楽しみにしている人がいるってことなんだと思います。

でも残念ながら、その楽しみは多額の現金と引き換えにパチンコ店に消えてしまいます。

なんてもったいない!!

せっかく楽しみにしているユーザーから容赦なくむしり取る期間。

それが大型連休です。

これじゃあやっぱり、みんなパチンコ嫌いになっちゃいますよね・・・・・

8月13日がワースト

盆の中でもこの日が最強最悪に出さない日で間違いありません。

年配客を中心に一気に稼働が無くなる日です。

「墓参り」

がありますからね。

この日予定がないからといって朝一から来店するパチンカスは、予定のほかに多額の現金もなくなってしまいます。

家で泣きながらチューハイをすするのが嫌なら大人しく身元不明の墓でも良いから拝んどいてください。

当然こんな日はパチンコ店も「出す」ということはしないでしょう。

感覚としてはオール1・2ってとこでしょうか。

優良店へ行きましょう

世の中のパチンコ店はまだ10000店舗くらいあるでしょうか。

おそらくそのほとんどが「ボッタクリ店」です。

まあ営業していく中でこれはしょうがないんですが、「ボッタクリ」の悪質度でその店の価値は分かれてきます。

スロットでいえば「天井間際」を確実に消してくる。

Aタイプに容赦なく「設定1」を入れてくる。

パチンコはクギをへし折って出玉や確変ベースを削ってくる。

などなど、客をバカにしているとしか思えない営業の仕方をしているのが垣間見えます。

こういった店は「悪質なボッタクリ店」です。

お盆はさらに悲惨な営業をする可能性がありますので、近寄らないようにしましょう。

優良店の見分け方

セオリーですが、人が多い店は割とまともな営業をしていると思います。

中にはプロとかニートもいると思うので、そういった人が「勝ちやすい」ということは、薄利多売の方針である可能性が高いわけです。

過疎店には相応の理由があります。

どこかで「悪質」をやらかして、お客さんの信用を失っているんですね・・・・

ということでエリアに多くのパチンコ店が存在する場合、稼働が1位か2位の店舗に行くことをオススメします。

お盆でもライバル同士バチバチにやり合っているでしょうから、間違っても「悪質なボッタクリ」営業はしないと思います。

稼働下位の店舗はここぞとばかりに利益を取りにきますので、避暑地巡りをしている方や過疎店の方がスキという方以外は行かない方が良いです。

今年の8月が大事な理由

冒頭に書いた通り「旧基準機の撤去」など、今年の終わりころから業界へのシワ寄せがドンドン来ます。

来年、再来年も今のところ設備投資に見合う回復の兆しは見えません。

小型の店や内部留保の少ない店は、この機会に次々と撤退する見通しです。

ですが、営業を続ける気があるのであれば、この夏パチンコ店は少し頑張らなくてはいけません。

理由は単純で、多くのファンが来店する時期に回収することは多くの負け客を作ることになるからです。

結果、パチンコ業界に多くの不満を作り出してしまいます。

お盆が終わってから、どちらにしても稼働や売上が落ちることが予想されますから、少なくても8月からファンを定着させていかなくてはなりません。

恐らくこれに気づいているお店は、リゼロはもちろん番長3当たりも増台や放出対象にしてきています。

絆とかが無くなった時のユーザーの受け皿を作り始めているわけです。

よく考えないまま例年通りの回収をしてくる店は、今後死んでいく可能性が高いです。

これからを乗り切る8月の営業はコレ

テーマは信頼獲得=「やってくれる店」です。

今はSNSとかが発達してますので、設定⑥を入れるメリットは以前にも増して大きいと言えます。

まどマギ、ハーデス、絆などにしっかり設定を入れれば、ユーザーは反応してきます。

これは、需要のあるAT機に最後まで⑥を使い続けることによって、「信頼獲得」することが目的です。

あーこの店はやってくれるんだ

こう思ってもらえれば、これらの機械がなくなった後でもお客さんはついてきてくれます。

よって、8月は業界縮小の前にやるべき信頼獲得合戦にならなきゃいけないというわけです。

各店どのようにウリを作っていくか。

設備投資のことばかり考えて、本来やるべきユーザーの獲得をムシするようではダメです。

お盆に回収しまくって今後の予算に回そうと考えている店は、10月からジワジワ死んでいくと思われます。

打ちに行くかたは店選びを慎重にお願いします。

また、各店長さんはちょいと会社の指示をムシして、8月を盛り上げていきましょう。

マジで今月の営業で業界のイメージは変わってくると思いますよ。

コメント