久々に新台を触ってみました

業界ネタ

今日は新台開放です。

パチンコが多めでしたかね。

「鉄拳」や「すしざんまい」といったバラエティ用の台ばかりでした。

今回はお盆明けっていうのもあって、自店以外の様子も気になったので近隣店舗に調査をしに行きました。

サイトセブン 差枚自動集計ツール<買い切り>

Pおばけらんど怪

西陣のおばけらんどシリーズです。

今回も319のミドルタイプなんですが、初当たりの50%でSTに入ってその継続率が92%くらいあるというのが特長です。

300~1000玉が92%でループするんで、最初の50%さえクリアすれば1撃の強さはそこそこ期待できそうです。

世間ではダンバインスペックなんて言われてますね。

夕方開放の台を打ってみた

割と大型店なので、新台はすぐ埋まってしまうんですが、1時間くらいしたら空台が出てきてました。

取りあえず見た感じ回りそうだったんで、打ってみることにしました。

(新台初日にクギ触ってるとかやるな・・・)

この店は5台並べて設置してあったんですが、他に座っている人は皆香ばしいオッサンばかりでした。

さっそく打ち始めると、1000円で21~22回くらい。

ボーダーとかも特に調べず打っていました。

図柄が特徴的でかわいらしいです。

3000円分くらい打ったでしょうか。

んんん・・・何ていうか・・

つまらないw

演出も何が良いのか分からないし、煽りのパターンも全く同じ演出の繰り返しです。

ハッキリ言って、海打ってた方が100倍マシに思えるくらい単調です。

日本昔ばなしに出てきそうなチープな妖怪のキャラは個人的には好みなのですが、どうも演出が絡むとムカついてきてしまう。

そんな作りでした。

そして、投資4000円目。

吐き気を催すつまらなさなので、これでやめようと思った途端アツそうな演出に発展しました。

叫子フラッシュ赤(相当シュールな表情ですよ)

いきなりホラー色全開・・・

「おまつ」という日本人形のキャラ

背景の図柄とのギャップ・・・

ネットで検索したら結構アツいリーチのようでした。

んで、見事投資4000円で大当りGET!

図柄は6だったので、50%は引けず100回転の時短に突入しました。

ほぼ同時に隣のオッサンも当たってたんですが、コチラは3の図柄でST突入。

昨日に引き続き、私らしいヒキ弱な展開でした。

(画像ナシです。すいません・・・)

イラつくポイント

時短を消化して即やめをしたんですが、多分もう2度と打つことはないでしょう。

というのも、のべ100回転ほどしか遊技していないにも関わらず、すでに二つのイラつきポイントを発見したからである。

まず、通常時は演出の気怠さに参ってしまいました。

かわいらしいお化けのキャラが出てくるのですが、今回当たりに結び付いた演出は実写に近いホラーそのものでした。

この手の演出は藤商事あたりに任せておけば良いので、個人的にはおばけのアニメーションで統一してほしかったです。

んで、もう一点が時短中。

図柄の変動が遅いです。

これはパチンコがCRからPに変わったあたりからの流れもあるんですが、確変・時短中のスタート(通称SA)が低くなっています。

牙狼タスクとかモロそんな感じだったんですが、スピード感がなくてイライラしてきます。

そして、絶対当たらないリーチで間延びされるとなおさらダルいです。

最近のパチンコはこれで仕方ないとは思うんですが、北斗無双や北斗転生、あるいはシンフォギアのようにスパッと終わる1種2種混合機などがあるうちは敬遠されるでしょうね。

先日の「マクロスΔ」や「あのはな」の方が寿命が長そうです。

Pドラム海沖縄桜バージョン

早々におばけ屋敷を離れたあと、ウロウロと打つ台を探していたら、バラエティに設置してあるドラム桜が空いていました。

前任者が即当ての13連チャンというデータでした。

コイツは初当たりと確変中の確率に設定差があるので、単純に初当たりが軽く、連チャンしている台に高設定の可能性があります。

今回の空き台は、60回転ほどで当たって13連してます。

良し!めんどくせーから⑥!

これもボーダーなど気にせずテキトーに打ち始めていました。

そもそも論

新台だということで、取りあえず座ったは良いですが、実は肝心なことを忘れていました。

ドラムの成功例って無くなぁい?

私の記憶のジャッジメントによると、最近のドラムシリーズで稼働貢献したのって「フィーバークィーンⅡ(甘)」くらいじゃね?

と思ってしまったわけです。

ニューギンや三共が色んなドラムを出していましたが、どれも短命で終わっています。

ゲーム性がダメなのか、ライトミドルというスペックがダメなのか、どうもドラム系の台でうまくマッチングするものがありません。

もしかしたら、液晶がない分1/100以内の機械じゃないと当たる気がしないのかもしれません。

私だったらそう思います。

ドラムの台って、当たりはずれの判定が見た目でパッとわかりずらいんですよね。

煽って煽って煽って

ズーゥゥゥン・・・・

ん?

あれ?

当たらないの?

再始動?

いや次の回転いってたんかい!

さらに今回は設定付

ドラムの設定とかマジで興味ねーわー

液晶ナシの台で設定付は厳しいですね。

見た目もそうなんですが、どうしてもゴチャゴチャしている印象になってしまって、敬遠されがちです。

過去のドラム海シリーズを見てわかる通り、とてもコアなファン以外は定着が難しいと思います。

と言いつつも取りあえず打つ

座った台は、70回転のST抜けて即やめでしたのでここから稼働していきます。

千円Sはブレまくりで、17~22回でした。

高設定を信じ切っていますので、スタートは気にせず回していきます。

すると、208回転。投資が6500円の段階で初当たりをGETしました。

そこからSTに入り、ちょっとずつ出玉を増やしていきます。

派手な筐体と裏腹に、幾分か寂しさがただよう3つのリール。

結果

10R:2

7R:3

5R:4

で、9連して3000発くらいになりました。

イラつきポイント

おばけランドよりはマシですが、演出に問題があります。

通常時は「まあ、こんなもんか」で良いんですが、問題はST中です。

ST70回転のうち、20回は千本桜ゾーンで残り50回は普通にSTを消化していくんですが、とにかく

千本桜ゾーンが長い

打ってると、この演出が当たるか外れるかって大体分かるじゃないですか。

やはり外れるって分かってるリーチを見させられて、ボタンまで押させようとする演出は残酷です。

今回は同じ長いリーチが同じパターンで外れることが多く、イラつきポイントになりました。

あとは、海シリーズのようにそもそも演出が少ないシンプルなゲーム性のものを、あえてドラム化させる必要はないのかと思います。

ドラムの海は初めて打ちましたけど、やはり違和感はありました。

海って熱くなれるポイントが短いし少ないのが魅力だと思うんですが、ドラムはリールが変則的に動いたり、赤や黄色に背景が変わったり、必要以上にボタンを要求してきたりと、あまり海好きな年配客が好みそうな仕様ではありません。

中年層の私でもムリでした。

ここは割り切ってドラムの海はウケないとして、開発しない方針で良いのではないでしょうか。

ユーザー目線で新台を打った感想

もはや数年前から新台の魅力はなくなってきました。

前評判が良くても開けてみたらダメなことが多いですからね。

今回私が打った2機種も、話題になってませんでしたのであまり期待はしていませんでした。

それでも、新台だからという理由でユーザー目線で打ってみたわけです。

そしたら案の定、勝っても負けても「クソ台」だと思ってしまう悲しい結果になりました。

これらの台が打ちたくて、2万も3万も突っ込めるかといったら

やはりメーカーさんにはその台を金出して打ってられるかと聞きたいですし、我々もユーザーが長く打てるように上手に調整しなければいけないと思います。

これら1台買うだけでも40万かかるわけですからね。

今回新台を打ってみてわかったことは

海のドラム化だけはよせ

サイトセブン 差枚自動集計ツール

コメント