「マイフラワー」をどう咲かせようか

業界ネタ

スロットもパチンコも出るたびに色んな名前が付けられる。

もともとアニメや漫画のタイトルで長い機種名のもヤツもあれば、オリジナルコンテンツで出される「押忍!番長」のような機械もある。

こういったたくさんの台が業界に溢れている中で、大体の台が「略称」で呼ばれているんじゃあなかろうか。

バジリスク絆 → キズナ、バジ

グレートキングハナハナ → グレキン、グレート

ちなみに既存台を良く考えていたら略称がないのはアクロス系が多かった。

今回の「マイフラワー」はどうなるだろうか。

マイフラ、私花(ワタハナ)

そもそも認知がないという可能性もなくはないが、ここ最近記事にしていて個人的に愛着がわいてきてしまったので、このワタハナを育成していくにはどうしたら良いだろうか考えてみた。


大人の事情での導入が決まってしまった「マイフラワー30」ですが、さんざん抱き合わせは悪だとディスリまくってきて難だが何とかしてひと花咲かせたいと思う。

設定   合算確率   出玉率

1    1/220     98.1%

2    1/200     99.3%

3    1/190     100.7%

4    1/180     102.6%

5    1/170     104.8%

6    1/160     108.0%

まあこの出で立ちと機械割を見る限り「沖ドキ」を連想しますわね。

ただ、マイフラワーは「モード管理」ではなく「シナリオ管理」ということです。

このシナリオが複数あるとのことなので、沖ドキよりも内部は複雑になっているのかもしれません。


さあ、ここで誰しもが思うコケるであろう機械をどう扱うべきか。

台数と売り方を見る限りメーカーも多分どうでも良いと思ってるので、逆に遊び心がウズウズしている状況なのである。

設定1の出玉率を見ると沖ドキよりは甘いようなので、コイン持ちも良いし遊べる機械かなと個人的には思います。

まあ前回の記事通りに行くと、初日設定2で翌日以降は1か3。

翌週にはベタピンでぶっ殺されるはずの台なのですが、逆に6で放置というのもアリなんじゃないかと思う。

ただ、北電子の30パイはこれまで実績が乏しく、マハロもマタドールも全く稼働してなかった。

いきなり今回のマイフラワーがフィーバーするとはとても思えないのだが、試しに高設定を使いまくって沖ドキを超えてやろうと思っている。

今回業界誌を見ながらこの記事を書いているわけだが、まあさすがプロのライターが書いているだけあってプロモーションがうまい。

「誰でも・どこからでも打てる!」「シナリオ推測が面白さの一つ」

的なことを書いてあるのだが、なかなかそうはいかないだろう。

シナリオ推測も何も32Gで捨てられて終わりなのが目に見えている。

だからあえて高設定を連続で使って、設定推測からシナリオ推測まで回してもらえる環境を作るのが第一段階だと思う。

やはりスロットの稼働向上は

6あるやんけわれ~

を含む一定の出玉感が織りなすものなので、せっかく入る台はムダにしたくないと思います。

ただこいつがもし、こっちの優しい態度に甘んじて5000枚オーバーの連発や極度の稼働放棄を成し遂げた場合は、クソ台と再認定しもう一度切れ直すことになりますのでその時は宜しくお願いします。

業界ネタ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ブチ切れ!リルムのぱちんこ24時

コメント