「バジ絆」終了のお知らせ~11月の放出機種はコチラ

kizuna 業界ネタ

こんばんはリルムです。

魔法少女まどか☆マギカのカウントダウンが近づいております。

もう撤去された所もあると思うのですが、旧基準機撤去がドンドン始まっていきます。

まあ、スロット業界でひとつの歴史が変わろうとしている瞬間に嬉しくもアリ、寂しくもアリ。

嬉しいはウソですね。

ガチで不安しかありません。

北斗・猪木・金太郎

そしてバジリスク絆2・・・・

先行き不透明すぎるわアホか

11月はついにバジリスク絆が撤去対象になってきます。

絆も型式によっては12月撤去のモノもありますが、取りあえず5号機の最優秀といって良かったであろう機械が今年で無くなってしまいます。

果たして業界人はこの状況をどう思っているのでしょうか。

店長の立場として説明したいと思います。

スポンサーリンク

結論、設定入れません

バジリスク絆は平日でも高稼働する、看板機種です。

人気が出始めたころにはすでに中古価格100万超えをしていて、泣く泣く導入できなかった店もあると思いますが、やはり中型店舗でも10台くらいの確保をして当然の機械だったと思います。

機械割119%の5号機でこれほど設定6が入った機械はないんじゃないでしょうか。

それほどまで稼働貢献してくれたということですね。

が、しかし

それはこれまでの話。

ココから先、各ホールはバジリスク絆を外す段取りをしていかなくてはいけません。

優秀機だろうと、クソ台であろうとも撤去することが決まった台を我々は大事にしません。

特に11月からは毎日オール②の店舗が増えてくると思います。

なぜならそれでも稼働するからですね。

これだけの優秀機を最後まで高設定でお客さんを喜ばせたい

という心理は分からなくもないですが、ハッキリ言ってムダです。

11~12月でなくなる機種を今から育成する意味もありませんし、さっさと次の看板機種を育成すべきです。

来年まで稼働できるゴッド凱旋・沖ドキ!なのか、もしくは無難にAタイプかリゼロ。

この辺にフォーカスして集客を試みた方が生産性が高いと言えます。

スポンサーリンク

甘くなるであろう機種

説明の通り11月からはバジリスク絆を撤去する準備に入ります。

もちろん設定⑥を使う店舗もあるでしょうが、どう考えても今まで通りのような甘い運用をする店は減ってきます。

それよりも、狙うべき機種はこれに決まりです。

①Aタイプ

これは当然っちゃ当然なんですが、今まで利益を取らなかったバジリスクから利益が取れるわけですからAタイプの平均設定は上がると予想されます。

しかも、絆で抜くとなると利益額は結構期待できます。

ホールはジャグラー、ハナハナ、アクロス機種に設定を使っても十分回収できますので、いっそのこと絆を捨ててAタイプに稼働を切り替えるのは王道の立ち回りになると言えるでしょう。

②リゼロ

6号機のヒット機種といえば、今の所これしかありません。

今後の6号機の見通しが立たない以上、ひとまず絆撤去からの離反を防止するためにリゼロに力を入れ始めるホールが増える可能性は高いです。

しかも、ほとんどのホールが8~9月で適正以上の増台をしてしまったため、扱いに困っているハズです。

あくまで個人的な予想ですが、絆撤去のあとにリゼロフィーバーがもう一度くると予想しています。(短命だとは思いますが)

11月~12月初旬くらいはリゼロの状態が良い店が出てくることは間違いありません。

ちなみにリゼロは設定⑥がややエクストラ気味になっていますが、④でも十分赤字になります。

オール④とかハッキリ言って大赤字です。

何気に私はこの辺に稼働向上のきっかけがあると踏んでいます。

⓺が分かりやすくて捨てられていくリゼロですが、④でも十分に勝てる要素があるわけです。

夕方から稼働するユーザーとか、早朝から並ぶガチ勢ではないユーザーはリゼロの④狙いは有効な立ち回りなんじゃないかと思います。

おそらく11月からはリゼロの設定配分も高めになると考えられるので、積極的に狙っていってはどうでしょうか。

⓷北斗とかの新台

これも当然ですね。

前評判は色いろありますが、結局はこの時期に入れなければいけない機種であり、同時に稼働をつけなくてはいけない機種です。

もしかしたら割り切って凱旋・沖ドキを回収機種にして、放出対象を完全に6号機に移行させる店も出てくるかもしれません。

旧基準機の方が利益が取りやすいので、台数によってはこの戦略の方が理にかなっています。

今の撤去対象がこういった状態で迫っていますので、リゼロを含め6号機のベース設定も高くなると予想されます。

スポンサーリンク

もはや6号機移行は止まれない

今年いっぱいでほとんどの旧基準機撤去は確定してますので、絆に期待できるのは今月くらいです。

11月からは徐々に6号機にシフトしてきます。

ホール側もユーザー目線で最善の出し方を考えると思いますが、どう考えても撤去対象の機械を放出対象にはしないと思いますので、ぜひこの記事で一考していただきホールでの機種選定をしてもらいたいと思います。

まだ見ていない演出や、フリーズ・真瞳術は趣味で狙ってください。

ホールはもはや次に動き出しています。

業界ネタ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ブチ切れ!リルムのぱちんこ24時

コメント