ガルパンがよく見たら甘すぎたの巻

業界ネタ

こんばんはリルムです。

以前、ディスクアップが取れなさ過ぎてブチ切れていましたが、ここ最近はどうでも良くなってきました。

やれリセットがおいしいだとか、ハマり台を狙えだとか言っていた様な気がしますが、お察しの通り完全なオカルト。

悪く言えばガセネタであります。

ただ、こういったことって全国レベルで見ると似たような案件があったりして、一概にガセとは言えない場合もあります。

ジャグラー100G以内のジャグ連とか、海の魚群が外れてから100回転以内など。

(地方によってローカルルールがあります)

まあこれらを総じて「オカルト」と呼ぶのですが、確定要素、科学的根拠のないものを追い求めるユーザーにとっては、この「オカルト」を立ち回りの糧にしたりしなかったりがご遊技の醍醐味になっているのではないでしょうか。

ちょっとナニ言ってるか分からなくなってきたので、さっそくタイトルの内容に迫っていきたいと思います。

スポンサーリンク

ガルパン実データ晒す

導入から3週間くらいたったでしょうか、初日だか2日目あたりに「6」をぶち込んでみた結果、安定して出てくれたんで「これはようやく扱いやすい6号機の誕生か」

と、胸をなでおろしていたんですが、2週目くらいからどうもウマいこと月間の赤字が改善されないので、設定1を使い始めたんです。

ご存知の通り「設定1」というのは愛するお客様をしこたま負けさせようという「悪意」のある設定であり、出玉でのサービスを微塵にも提供する気のない仕様であります。

とりあえず赤字が回復するまで、心を鬼にしてこの「悪意」の設定を投入し続けていました。

2週目の中盤くらいから「設定1」投げっぱなし。

そして3週目の今日改めてデータを細かく見てみると

1週間のウチ5日間が赤字

なんでやー!

ざっくりデータだとこんな感じです。

設定出玉率差玉
1106%-1600
182%2000
1112%-2100
198%300
1113%-1500
1124%-2000
1103%-200

*差玉がマイナスということは、お客さん側がプラスということです

データを見ていて一つ気になったことがあります。

この週より過去のデータを見ても、低設定の差玉が-1500~2000の範囲が多いということ。

大体持ち玉で2500枚くらいがピークになる出方をしています。

これってもしかして・・・・

こいつの再来なんじゃあねーのか・・・・?

6号機あるある → 低設定のATが強い

星矢の低設定はきれいなV字を描くので、スランプグラフはガルパンの方が緩やかな感じです。

ただ、この赤字のデータを見てると低設定の方が夢がある6号機の仕様とマッチングしてしまいました。

まさか、6は安定してるけど低設定はなんだかんだ赤字になるっていうアレか・・・

うーん良い台なんですが、低設定で取れないっていうのは店的にはキツいですね。

来週からは試しに2~4ベースでデータを取っていきます。

まあ理論的に設定上げて利益が取れるってことはないんですけど、ここまできたら「設定1」を使わないで見たいと思います。

というワケで、ガルパンはボッタ店ほど利益が取れていないというデータでした。

平日にバラエティのガルパンが空いていたら2000枚出るまで打て

明日からやること決まりましたね。

ウチは来週から設定上げますんで、ボッタ店のレッテルは回避します!

ところで、各店リゼロの挙動はいかがでしょうか。

まだ人気はありますけど、お盆明けには稼働が落ちてきそうですね。

「⑥」がそこそこ分かりやすいのと、詰まらないっていう噂が出てきました。

気合入れてリゼロ大量導入した店は、それ頼みになりすぎないようにしなきゃですね。

うちも例外じゃありませんが・・・

業界ネタ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ブチ切れ!リルムのぱちんこ24時

コメント