パチンコについていくつか質問があります

業界ネタ

こんばんはリルムです。

パチンコ店については、まだまだユーザー目線でのナゾというのがあるかと思います。

インターネットが普及し、このように業界人が発している情報があるので、昔ほど業界に対して不透明なことってなくなってきていると思います。

確かに、新台だけが出ているように見えたり、大当り確率1/99の台が500も600もハマったとなれば、何か黒い力が動いたのか?

と疑ってしまう気持ちも分かります。

店長の私ですら思うことがありますので・・・・

そこで今回は、とある質問コーナーにあったユーザーさんと思しき方からの質問に勝手に答えていきたいと思います。

パチンコの「強さ」とは台を見極める力?運?

パチンコ・スロットに関しては、「うまい」とか「強い」って表現が使われると思うんですが、この本質って何なのか。

単純に運じゃないの?

という質問がありました。

なるほど、確かに全員同じ確率を挑戦している以上、運の要素が大きいです。

しかし、すべてを「運」としてしまうのは答えとしてちょっと違います。

まず、パチンコにおいては打ち込んだ玉数に応じてデジタルが回る頻度があると思います。

例えば、千円分の玉を使って、15回だった~20回だった。

と様々な台があります。

ここで、その台が千円でどのくらい回れば理論上負けないか。

というのを計算で出すことができます。

(この計算は機種によって違い、かなり複雑なものなので省略。今はネットで検索可)

基本的に「うまい」「強い」人はこれを把握して打っていて、その理論値を下回る台を打ちません。

パチンコ店の1日の営業時間は決まっておりますので、そこから打つ時間を逆算して勝率があるかとか考えなければいけないのですが、うまい人はこの辺も考慮して立ち回っています。

だから1000回転ハマっても平然と打ち込んでいるわけです。

理論上勝てる台なので、打ってさえいれプラスで終われるという確信のもと打っているということです。

ただ、いくら理論的に勝てる台だったとしても、相手は機械であり確率の世界です。

当然先ほどハマった1000が2000~3000になることもあります。

つまり理論的に勝てる台をいくら回しても、当たらない以上勝てないこともあるわけです。

厳密に言えば、営業時間中に当たらないと勝てないだけで、1週間ぶっ通しで遊技すれば通算で勝てる可能性は高くなります。

理論上打って入ればプラスになるので、遊技時間が長いほど勝てる確率が高くなるからです。

しかし、ここら辺はうまい人も人間なので、今日はダメかも・・・とか、これ以上回して当たっても閉店で強制終了になっちゃう・・・。

と思えばサクッと辞めていきます。

そしてその時思うのでしょう・・・

今日は運が無かった・・・・・

勝つために必要な要素とは

パチンコで勝つってことは、上記の通り2つの要素が関係しています。

①理論上負けないという台を打ち続けること。

②天運によって当てること。

①については、勝つためというよりは「負けにくくする」戦略です。

千円でたくさんデジタルが回るのですから、投資金額を抑えることができます。

理論上勝てるといっても大当り確率を変えられるわけではないので、この戦略はどちらかというと守りの方になるのだと思います。

②については、質問者さんの言っている通り「運」によるものです。

いくら回そうが、当たらなければ意味がありません。

なるべく早く当てる「運」があれば勝率も高くなるでしょうが、そこは普通の人間には変えられません。

しかし、この「運」については少し①とリンクしているところがあります。

全員が同じ確率で打っているのは間違いないのですが、同じ投資金額を使った時に当たる可能性はどうなのか?

そう考えると、より多く回る台を打っている方が当たりやすくなることが分かると思います。

踏んだり蹴ったり

負けている人っていうのは、運が無くて負けているか、運と理論値が無くて負けているかのどちらかになります。

バラエティのクソ台を打って、「5万も使って当たらない!」

と言っているおばちゃんは大体2つともなかったパターンです。

こういった人は逆に勝つパターンの時も運だけなので、メンドクサイことを考えないで遊技して、好きな台で勝てた!

っていう楽しさがあるわけだから、それは一つの楽しみ方として大いにアリかと思います。

ある専業の人との話では、

「趣味で打っていた時は楽しかったけど、ガチガチで本業になってパチンコと向き合うと苦痛しか感じなくなってしまう」

ということを言っていました。

これって極めるが故のジレンマというか、矛盾なのかと思います。

少しでも回る台を見つけてられて、打った結果勝てた!

という様に、パチンコはあくまでもアミューズメントの域を超えない範疇でやるのが一番楽しいのかと思います。

ディズニーランドで、ダンボが何週すると終わるのかとか、カリブの海賊でどこに何が配置されているかを記憶してしまうことって、結局楽しむことから逸脱しているように思えます。

大分遠まわしな回答になりましたが、「うまい」「強い」人は勝ちやすく・負けにくい台を打っていて、そこに運の要素が加算されているということ。

負けている人はハナから運でスタートしていること。

以上です。

業界ネタ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ブチ切れ!リルムのぱちんこ24時

コメント