「設定変更」いつ・誰が・どうやっているか

業界ネタ

こんにちはリルムです。

今回はスロットの設定変更について考えていきたいと思います。

何だかんだスロットの設定変更はいつ誰がどうやっているかってのは店によって色いろあって、

店長によっても変わってきたりするものです。

今期の営業でスロット(だけ見れば)の数値が前年超えを毎月達成しているので記事にしてみました。

良いか悪いかは別にして、ウチのやり方を暴露してってやろうと思います。

まあそんな大した話ではないんですが、珍妙な事案もありましたのでどうぞご覧ください。

さて、タイトルの設定変更は「いつ誰がどうやるか」についてですが、ご存知の通りです。

いつ → 開・閉店時

誰が → 主に店長

どうやって → 変更する台をカギと渾身のレバーオンで

まず設定変更をするのは、開・閉店時で間違いないでしょう。

営業中に変えれたら良いんですけど、そうすると色いろな面倒が付きまとった挙句、営業停止になってしまうことも考えられるのでここは全国一緒のはずです。

店長・副店長・マネージャーと権限はそれぞれ違うにしてもやるのは営業時間外というのは当然のことでここだけ見れば法人による大きな差異はないかと思います。

そりゃそうですね。

営業中に堂々と設定変更してる店なんて聞いたことありません。

って思うじゃないですか

がしかしこれに関して面白い見解がありました。

結構前に系列店で設定変更ミスがあり、朝一新台の「モンハン狂竜」が打てないという事案が発生しました。

スロットは設定変更の手順を完了させないと、エラー状態になりコインを受け付けなくなります。

たまに「オール2」を「オール1」にする過程で1台ミスるということは考えられます。

回収日のAタイプなら良いのですが、その時は新台の「モンハン狂竜」(今でこそですが当時はメーカーの策略によって各店大量導入してしまった)

なので、朝一のトラブル台は「えー打てないの?」という甘クレームに発展してしまい、少々面倒なことになってしまいました。

そこで登場したのが新人店長の「キバ」

なんとその場で設定変更をやり直し、「ハイどうぞ」とお客に台を開放してしまったのです。

これについて他で見ていた客が

「あの若造店長、今設定変えたじゃん」

ーと警察に言ってしまったのでした。

その後の展開は・・・・

設定変更のドタバタ

スロットの営業において一番シリアスな部分が設定の変更かと思います。

基本的に設定を知りうるのは変更をする人だけですから、当然人々が寝静まったのを見計らって「忍」の如く設定を変更していきます。

次に誰がやるかということですが、ここを「主に店長」としたのは、たまに違う人がやるからであります。

それが上司なのか部下なのかは様々あると思いますが、店長が連休を取ったりすれば違うだれかがやることになるわけです。

しかしスロットの設定は前述の通りシリアスに捉えなければいけないものなので、あまり多数の人が設定を知ることはデメリットが大きいことでもあります。

やはり一番の懸念はー

漏洩である

設定の漏洩に関しては、多分一番ローリスクハイリターンな副業かと思います。

4号機時代から、各法人でこれがなかったお店があるのか聞きたいくらいです。

当然ウチでもありましたので後の記事で晒してくれようと思います。

やはり設定に携わる人間が多いほど漏洩のリスクも高まってきます。

台数が多い店舗などは責任者も含めて設定変更をやると思うのですが、やはりこの辺りが不正に繋がる可能性が高いのかと思います。

(不正に関する記事は面白そうなので、後日リンクを貼らせていただきます。)

どうやって設定変更しているか

最後にどうやって設定変更しているかなんですが、これは設定キーを回してレバーを・・・

と言うことではなく、設定の上げ下げについてどういう基準でやっているかを説明したいと思います。

基本的にクソぼったゴミクズホールでない限り、台の運用の目線は変わらないと思います。

活かすべき機種とコ○スべき機種で設定状況は、結構メリハリ・・・

月間の進捗によってその日をどうするかを決めていくような感じですね。

例えば、ジャグラーが月に平均の利益率よりも高くなっているのであれば、そこから設定を上げると思いますし、バラエティにあるバーサスが利益取れていなければ、設定1のまましばらく放置になってしまうでしょう。

これを考えると、イベント日に絞ってある機種を狙ってくるのは死亡遊技の可能性があるということです。

イベント日=出る

というのはユーザー目線

イベント日=回収

というのも店側からしたらありうる話なのです。

だから、その日までに出ている機種は回収。

出ていない機種は放出、というのが大体の手法です。

10台以上の機種をオール1にしないとは思いますが、月間でその機種がマイナスだと怪しいです。

これはバジリスク絆であろうと例外ではなく、イベントだろうが取れてなけれなば出しません。

これまでの店の状況を良く観察している人は勝てそうですね。。。

大事なのは、アツい日にどれが放出対象なのか見分けられることだと思います。

「新台だから」「主要機だから」

といって安易に全ツッパすると

爆死することもあります。

キバ店長のその後

さて、営業中の設定変更がバレてしまったキバ店長。

まさかこのご時世に営業中の設定変更・・・・・

果たしてどうなったのでしょうか。

警察の見解はこうでした。

無承認変更でなければ射幸心を煽るものではない限り特段処罰の対象ではない

「えええええーーーー」

「えええええええーーーーーー」

営業中に注目を引く感じで設定変更して射幸心を仰がなかればセーフ

という結論でした。

その後こちらからはノーコメントでした

業界ネタ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ブチ切れ!リルムのぱちんこ24時

コメント